« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

保身に走ると損をする

サイトやメールでのチケット予約当日引き換えは手軽な分すっぽかされることもありえるから客にもちゃんとリスクを背負ってもらうために「キャンセル不可」ってのは理解できるんだけど、どこもかしこもキャンセルポリシーを書いてないのはなんで??
行けなくなった場合はどうすればいいのかがサッパリわからない。当日会場になんか当然行けるわけがないから、こちらから連絡しないで向こうからの連絡を待ってればいいの??
でもフリーメールアドレスと偽名でも予約できるわけで、そうなるとすっぽかしたところでどうしようもないじゃんねえ?当日引き換えのキャンセル不可こそ不可じゃないかと。
こうなると「決まり文句」のように書いてる気がしてならない。キャンセル不可とキャンセルポリシーはちゃんとセットで書かなきゃだめだよ。

「キャンセル不可」とひとこと書いておけば諸々のトラブルの予防になるだろうけど、諸刃の剣だと思う。
ノルマやチケットが売れることによるプラスがあるのならば応援してる人から買いたい気持ちはあるんだけど、「キャンセル不可」と書かれていると、選択肢から消えちゃうんだよね。とくにギリギリまで行けるかどうかわからないと。結局、ちゃんと「予約は前日○時までです」と明示してるライブハウスのサイトか、ギリギリまで買えるコンビニのプレイガイドか、別に当日券でいいやってことになってしまう。
そりゃメンバーと懇意になればそこらへんは融通利かせてくれるようにもなるだろうけど。ライブハウスの入り口で開場しても営業電話してる人よく見るし。でもそんな人はもうきちんと手順踏んでの予約なんてしないか。

待ちの姿勢で売るならば、実際に見た例だと、
・キャンセル時はちゃんと連絡させる
・キャンセルが続くようであればチケットの予約を受け付けない
このやり方が一番いいんじゃないかな。

とまあ色々考えてはみたけれど、「キャンセル不可」とだけしか書かない人はめんどくさがりなんだろうね。そもそも予約手順や注意事項をこと細かに書ける人は「キャンセル不可」なんて書かないもん。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2010.10.27(Wed) 22:18

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード