« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

娘。化はカンベン

楽しみにしていた正規軍対九龍の全面対抗戦は夢と散りました。

ken45°が九龍を脱けて正規軍に!
いやー。まさかまさかですよ。完成してしまったらあとは壊れるだけ。必ずやってくる展開だとはわかっていたけれど…こんなに早く…そしてイチ抜けがまさかkenとは。
ベビーターンしそうな選手としそうにもない選手がいるとしたらkenは絶対に後者だもん。ベビー的な声援を受けてはいたけれど、ファイトスタイルもルックスも完全にヒールのそれだし。ファイトスタイルでいえば南野やまぐ狼の方がよっぽとクリーンだよ。kenはちゃんとファイトスタイルでブーイングを浴びれる選手なのになああああ。正規軍として戦うkenの姿なんて全く想像できない。
それと選手の切り替えの早さについていけない。脱けた途端に「モヒカン」呼ばわり、kenもkenで「正規軍として九龍を倒していく」だなんて…。九龍は「絆の強さ」が売りじゃないのかよ?!
こう、佐藤兄弟がなんとしてもkenを九龍に引き戻す!的な展開にはならんのだろうか。アッサリとハイサヨナラあんたは今から敵!なのか。
もうね、kenが佐藤兄弟に攻撃してる姿なんか見たくないんですよ!正規軍に入ったということはこれからもそういうのを見なきゃなんないんですよ!どんなに激しくやり合っても試合が終わればノーサイドな九龍対決とは違うんですよ。ホントに憎しみあって戦うわけですよ…。

でもなあ。kenの九龍内での立場って微妙だったのかなあ。他団体でもバラモン兄弟と行動することが多いけど、どうしても一歩下がった印象だもんなあ。私はその参謀的なポジションもかっこいいと思ってたんだけど、それだって言い換えれば、非難覚悟で書くけど、バラモン兄弟ありきのような…。
みちプロでも、シングルプレイヤーとしてベルト戦線に絡むわけでもなし、タッグパートナーがいるわけでもなし。野橋が九龍に入って「kenちゃんとのタッグは楽しい」とか書いたてたから、いい関係になっていくのかな?とか思ったりもしたけど、結局はそういうこともとくになく。
kenは人気者だけど、その人気はプレイヤーとしてというよりも人柄の良さに触れて、みたいなところの占める割合が大きいような気もする。
あのまま九龍にいてどうなったの?ずっと一歩下がったポジションのまま?そう考えると正規軍への転向も単に「負けたから、潔く」っていう話でもないのかなあ?

後楽園まではサスケバンドのストーリーが続くとして、その後は?で、頭に浮かんだのが、今年のはじめにケガでおじゃんになったDRAGON GATE参戦。もう終わった話かと思ってたんだけど…実際終わった話かもしれないけど。いやね、ちょっと増えすぎなんじゃないかと。選手が。新人のデビューも控えてることを考えると、これは全くもって勝手な憶測なんだけど、入れ替わりで…とか…。まあ、大地の武者修行も考えられるけど。
こういうときにkenはあくまでフリーだということをイヤでも思い知らされます。

九龍はkenが抜けた穴を埋めようとしているみたいだけど、そんなことしたら「6ヵ年計画で龍の遺伝子が集結した」っていうスバラシイ設定はなんだったのかと。九龍はあのメンバーじゃなきゃ意味無いよ。

しかしこんなにショックなことだとは…。九龍の崩壊は見ものだな!とか思ってたんだけどなー。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2010.10.26(Tue) 23:01

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード