« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2010/10/24(日)プロレスリングWAVE「秋田大学祭2010最強女子伝説」@秋田市秋田大学体育館大ホール

秋田大学の学園祭に女子プロレスがやってくる!しかも第一試合にはみちプロの提供試合が!しかもしかもメイン級の6人タッグマッチ!ということで行ってきました。

会場に行く途中で清水義泰選手とすれ違いました。そしてもぎりも清水選手でした。
体育館に入るとすぐにモックン似のハンサムがにこやかに近づいてきたモンですから、ななななんですか?ラ○センの絵なら買いませんよ?と思ったら座席の案内係でした。
これがまたエライ年季の入った体育館。公共施設の体育館とはまた違う趣です。日々使い倒されているだけありますね。壁には植松選手と栗原選手の横断幕が張ってありました。
基本椅子席ですか、学生ためのワンコインゾーンとして東側だけブルーシートになっていました。椅子席にも学生の姿がチラホラ。

0.みちのくプロレス提供試合 20分1本勝負
○日向寺塁、拳王、気仙沼二郎(11:37体固め) フジタ"Jr"ハヤト、野橋太郎、大間まぐ狼×※ムーンサルトプレス

ハードロックハレルヤが流れて、野橋を筆頭に九龍勢が入場。野橋の入場用マスクが新しくなってる!コスチュームと同じような生地の青と黒のハーフマスク。盗まれたのは災難だったけどこっちの方がかっこいいじゃん!野橋のインパクトのある風貌にお客さんドヨドヨ。野橋が軽やかにトップロープを飛び越えるとそれだけで大歓声が!「それだけで」なんてさらっと書いたものの、このパフォーマンスは見るたびにすげーなーと感心してるので初めてみる人はさぞ驚きでしょう。
続いて正規軍はみちのくプロレスのテーマで入場。塁はサードロープとマットの間からスルリとリングイン。これまた沸きます。
本日のレフェリーは清水義泰選手!清水選手のレフェリングを見るのは初めてです。
試合はいつもの流れのコンパクト版といったところでしょうか。正規軍は沼先生が捕まって九龍側が捕まるシーンはナシ。
場外乱闘も派手にやらかしてくれました。はじめはどうすればいいのかわからずにボーゼンと突っ立っていた学生さんたちもそのうちに乱闘を追っかけたりと楽しまれた模様。ハヤトが客席めがけて拳王ブン投げて更に椅子でブッ叩いたときの音があまりにもすごくて拳王死んだんじゃないかと思いましたよ。それなのにケロッとしてるんだからプロレスラーってほんとにすごい。
リングに戻ると野橋と沼先生が頭突き合戦。野橋の方がいい音してたってことは、沼先生の方がカタイってことです。
まぐ狼のコーナー串刺しのアタックは打点が高くてスバラシイですね!
拳王の二人同時蹴りをハヤトが受けたのは初めて見たかも。そしてこないだも見たけど拳王の旋回式ブレーンバスター。ホントに拳王は使える大技がドンドコ増えますね。
沼ちゃんの銀鱗→プロレスラブポーズは鉄板ですね。お客さんもウケてました。
そんな正規軍のお膳立てを受けて、本日もまぐ狼にムーンサルトをガッチリ決めて塁の勝ち。ノッてるね?。
ここで県営の宣伝も兼ねたマイクのひとつでもあるかな?と思ったけど、とくに何もなく終了。
インパクトは残せたかしら?!

さてここからWAVEの試合です。
まずは全選手入場。挨拶は桜花由美選手。華やかですなー。

1.AKITA・ヤングパワーWAVE 15分1本勝負
○松本浩代(11:01体固め)下野佐和子×※東海道落とし

話には聞いてましたが、紙テープの量がすごい!タイトルマッチ並み!これって一人で何本も投げるんですね?あんなにテンポ良く投げれるお客さんのテクニックがすごいです。
若い先輩に若い後輩がぶつかっていくといったような試合でした。
松本選手の表情いいです。すごい笑顔なんだけど、全然さわやかじゃない。
必死で食らいつく下野選手にも心が打たれます。やっぱり知らない選手同士の試合だと負けてる方を応援したくなりますね。

2.AKITA・ヤングWAVE 15分1本勝負
○勇気彩(9:09体固め)小林華子×※コーナー・ダイビングエルボー

わあー小林選手の衣装がヒラヒラだあー。やっぱりワンピースタイプよりこっちの方がいいなあ。
どうしても男子との違いが目に付いてしまいますが、軽量級ならではの見せ方があるんですね。たとえばラリアットはただ腕を当てるんじゃなくて体重そのまま乗っけて押し倒したり、相手に飛びついてよじ登って卍固め決めたり。
体格差があると腕ひしぎ決めてもそのまま持ち上げられちゃうけどこれはこれで見せ場になるし。頭掴んでブン投げるムーブすごすぎる…。

そういえば試合を終えた拳王が売店の横でずーっと観戦してました。九龍勢もどっかで見てたのかな?

3.TOHOKUディーバWAVE 30分1本勝負
○桜花由美、バンビ(20:55タイガー・スープレックス・ホールド)佐藤綾子、大畠美咲×

バンビ様!バンビ様!バンビ様の女王様なコスチュームに男子学生のテンションも上がります!バンビ様でっかいなあ!タッグパートナーの桜花選手も高身長なので迫力があります。
対する佐藤選手と大畠選手はかわいらしい感じ。このふたりがバンビ様のムチでビシビシやられちゃうのかしらかわいそう!と思ったけどムチの出番は最後までありませんでした。あれは対男子用?
バンビ様、攻撃が大味。試合中あまり声出さないのはイメージ通りだなあ。
桜花選手はすごくかっこいいけど悪くて面白い。ちょこちょこちょっかい出してはお客さんの笑いを引き出します。かわいい女の子にブタ鼻攻撃はひどいとおもいます!
佐藤選手と大畠選手は連係プレーで桜花選手を足蹴にすると「宮城出身でーす」「山形出身でーす」「東北タッグでーす!」とアピール。当然会場は沸きます。
終盤に、あら大畠選手のコスチュームの上が…と思ってたらセコンド陣がざわつきだして、突然場外乱闘が発生。大畠選手がリングに戻ったときにはジャージを着てました。女子プロだとこんなアクシデントがあるのねん。
アクシデントがあったとはいえ20分は長すぎ!
試合後、勝利者花道(?)脇に男子学生が大勢すっとんできて跪いてバンビ様をお出迎えしてたのには笑いました。

ここで15分間の休憩。
WAVEのパンフレットでも買うかと思ったけど、バックナンバーしか無い?やはりポートレートが立派ですね。そしてサイン色紙を「売ってた」のにはビックリしました。
みちプロの売店には赤九龍Tシャツを着た九龍勢が登場。似合わん。こちらもサインに写真にとサービス中。
大地と練習生A君は「九龍Tシャツ残り6枚になりました!」とTシャツとタオルを手に会場中を押し売りに回ってました。

4.AKITA・アイドルWAVE 20分1本勝負
○華名(10:30ジャーマン・スープレックス・ホールド)春日萌花×
マニュフェストの人だー。私華名選手のコスチュームって下品で大嫌いなんですけど、白赤基調の見たことないコスチュームでした。デザイン的には同じ系統なのにカラーリング変わると随分印象が違いますね。全然下品じゃないしかっこいい。
春日選手はアイドルみたいですなあ?。こちらのコスチュームはアニメの制服みたい。ミニスカートの下が野暮ったい白いパンツにしか見えないのはイマイチ。
いかにも女の子女の子したアイドルタイプの春日選手をガツガツと攻める華名選手、なんだか殺伐としてました。
華名選手は色々言われてて私も斜に構えてたけど華名選手の雰囲気は好きだなあ。

5.AKITA・プレミアムWAVE 60分1本勝負
○GAMI、宮崎有妃、栗原あゆみ(19:24体固め)輝優優、中川ともか、植松寿絵×※アディオスアミーガ

いやはや楽しい試合でした。GAMI選手いいですね?。握手拒否されてエアー握手したり、リングに入るとメガホンでポコポコ叩いたり、そういう役回りかと思ったらあの体格で雪崩式フランケンシュタイナーやっちゃったり。
てっきりGAMI選手チームがベビーで植松選手チームがヒールかと思ったら、GAMI選手もたいがい悪いので、どっちを応援していいのやら。ていうか、どっちのチームもリーダー格だけ悪くて、破天荒なお母さんに困ってる娘たちのようにも見えました。
植松選手と輝選手のコスチュームがお揃いということに試合も終盤になってから気付きました。
最後の方でGAM選手がみちのく地で拝み渡りを敢行!拝んでなかったけど。超フラつきながらも2本渡り切ってさあ3本目!というところであえなくつぼ原人と同じ目に…。でも!女だから大丈夫!試合もガッチリとキメましたとさ。

試合後のマイクも面白かったです
GAMIさん「まいど」
一部のお客さん「まいどー!」
GAMIさん「えー私が」
チビッコ「がみー」
GAMIさん「はいよ」(手を上げて)
GAMIさん「えー私が」
チビッコ「がみーがみー」
GAMIさん「ちょっと待っとれ!」
あっはっは。
GAMIさんにレクチャーされてあらためてお客さん全員で「まいどー!」
「おもしろかったですか?」という問いかけには、ワンコインゾーンからとっても元気なお返事が。
「頭の良い大学ときいていたもんですからおりこうさんばかりかと思ってたんですけど…」と客席を見回して言葉を濁すGAMIさん。
「また見たいですか?」これにもよい反応があったので「プロモーターさんまたお願いします」とペコリ。
「最後に、WAVE専属カメラマンがいるので記念撮影をしたいと思います。写りたい人は後ろの方に」椅子席で観戦していた学生さんたちもぞろぞろとワンコインゾーンへ。「後ろの方に」を「選手の後ろに」と聞き間違えたのか、リングに上ろうとする学生さんが!すかさず「受身の取れる人だけリングに上がってください」とGAMIさん。すばらしい返し!
「みちのくプロレスさんも是非ご一緒に。チャンピオンも是非」うださんにうながされてみちのく勢もリングへ。若くてかわいい女子レスラーに囲まれた沼ちゃんのまあーうれしそうなこと。
撮影も滞りなく終り、GAMIさんが締めて大団円!

いやー。楽しかったです!近くにいた常連さんらしき人が思わず漏らした風に「おもしろかったー」と言ったのが印象的でした。常連さんが言うのだからまちがいなく「アタリ」だったのでしょう!

初めての女子プロレス観戦ということでオドロキの連続でした。
月並みですが、なんであんな一見普通の、むしろ華奢に見える人までも脳天マットに突き刺さって平気なの?ってのが…。

レフェリー(トミーさんってプロレスラーですよね?)のカウントの間がすごく独特。とくにスリーの溜めは、初めて見るとビックリします。菊タローさんが怒りそう。団体には専属レフェリーがいる理由がわかりました。
あと返すのがバッと勢い良くじゃなくてぐぐーっと上げる感じだから、あれ?3つ入った?と何度も思いました。

プロレス選手名鑑とか見て、女性リングアナウンサーってどんなんだろう?って思ってました。で、女性リングアナウンサーだったわけですが、PRIDEみたいな感じですごくかっこいい!んだけど、いかんせん選手の名前が聞き取れず、応援しようにも名前がわからない。対戦カードはお手元のパンフレットをご覧くださいなのはわかってるけど今回みたいに一見さんが多いことがわかっているなら対戦カードの貼り出しがあってもよかったんじゃないかなと思いました。

全選手に試合前の花束贈呈があったんですけど、「○○(個人名)様より」って、いわゆる「お客さん」ですよね?
花束贈呈なんていったら、スポンサー様やおねーちゃんのいるお店から宣伝もかねて…というのが普通だと思っていたのでこれには驚きました。女子プロ特有ですかね?他団体?男子団体?でお客さんがいきなり「リングで花束渡したいんですけど」なんて言っても断られそう。

学園祭のライブとか見ても思うことですけど、「とりあえず盛り上がっとけ」ノリっていいですよね。
リアクションが素直通り越して大袈裟。大一番でしか聞けないようなカウントの大合唱もフルスロットル。
「会場が盛り上がってる」というのはファンにとってもありがたいし、いつもとは良い方向で違った会場の雰囲気はやる側もハマるでしょうね?。
ただ、最近もパンチさんがブログで立て続けに書いてましたけど、完全無料興行でなくとも「ちょっと行ってみるか」と思って行けるようなお祭り的な興行に来た人のうちのどのくらいが今後一度でも身銭切って会場に足を運んでくれるんでしょうね。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2010.10.24(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード