« 2020 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

音楽編

いしがきミュージックフェスティバル、みちのくプロレス以外にもちょこちょこ見ました。

花団。
これを楽しみにしていたというのにどういうわけかすでに始まっていた。ぎゃふん。
ある曲でレゲエ用語でいうところのヘリコプターを要求したもののタオルを持っている人が少ないということで軍手が支給されました。軍手の親指持ってみんなでヘリコプター。
弁髪ベースがボーカルをとる歌謡曲調のハゲをテーマにした歌で途中から小太りメガネボーカルがラップをかぶせてきて大爆笑。
傷心ベースをなぐさめるハンサムギター。傷心ベースの「俺の歌でサークルモッシュやってほしかった」という願いを叶えるべく、二人で尾崎豊の「十五の夜」をアカペラで熱唱。あ、ハンサムギター白無地Tシャツ&ジーンズって尾崎豊ルックか。それに合わせてサークルモッシュを試みる優しいお客さん。サビのシンガロングでみんなの心がひとつに…!そのまま二番に突入したところでボーカルの「カバー曲で一番盛り上がるな!」という悲しいツッコミで中断。
最後はオリジナル曲で盛り上がってフィナーレ。
いやー!去年も最高に面白かったけど今年も最高に面白かった!
このステージは客席との段差がないっていうかむしろ客席の方に段差があったりするんですけど、ボーカルが殆どステージにいないこのバンドにはピッタリのステージですね。

松本哲也。
休憩がてらに入った教育会館ステージでたまたまやってたので。
松本氏のラジオ番組を聴く機会がちょこちょこあるので、半分くらい知ってる曲だった。
このステージは座席があって(いわゆるホールってやつです)お客さんも着席して聴いている人がほとんどなんですが、最後の方でわりとノリのいい曲をやったんですけどね、ステージと客席の間をノリノリで右往左往するおじいちゃんが出現。松本氏も気をよくしたのか、おじいちゃんのそばに寄って笑顔で煽ったり。と、ここまではほのぼのな光景だったのですが。
調子にのったおじいちゃん、なんとステージに上がってしまった!ステージの端で踊っているくらいでメンバーにちょっかい出すようなことはしなかったけれど、間もなくスタッフ登場(遅いよ!)、ステージから降ろされました。その後もステージ袖でメガネを光らせるスタッフの姿が。
後日、松本氏のラジオ番組でこの件に触れて「みんなから「松本さんのおじいさんですか?」ときかれたけど違います。知らない人です」と。

ザ・キャプテンズ。
ひっさしぶりに見た。一時期は熱心に見てたんだけど、最近はとんとだったので。
ヒザシの頭がとんでもないことになってた。傷様は相変わらずだった。
つくづくキャプテンズはイベントというか、一見さんに強いなあと思う。ひかれようとも印象には残るでしょう。
フツーのおにいちゃんとかもけっこーノリノリで振りとかやってくれてた。
風の噂によると、傷彦の調子がよくなかったようで???定番セットかと思ったらテッドがボーカルとる曲やったり、その流れでテッドにビール一気飲みさせたりそんなことやってるヒマあったら曲やれよと思ったり、その上サーフロック(?)の大名曲「Misirlou」のカバーをやったりと、今思えば「?」と思うことが多かったのも納得。

あんな降り方じゃなかったら他にも色々と見てまわりたかったんですけどね。雨に負けて見たいのだけ見て帰りました。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2010.09.11(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード