« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2010/09/12(日)FREEDOMS「んだ!一関さ行くベ!」@一関総合体育館ユードーム・サブアリーナ

諸事情によりメモ書きで。古くならないうちに…。

・もぎりが李日韓レフェリーだった!写真で見て想像してたより小柄でした。
・けっこーな客入り!500人はカタいと思う。殿の努力のほどが伺えます。
・横断幕がいくつか垂れてた。
・ご自由にお持ちくださいの対戦カードは楽しいマンガ入り。
・売店では殿が自らグッズ販売とサイン会。
・フリー参戦選手のブースもあり。
・レフェリーは青MIKATA。
・試合開始に先立って殿から挨拶。
・一関市市長さんからの挨拶。
・後援会長である議員先生の挨拶。

1.タッグマッチ20分1本勝負
○梅沢菊次郎、藤原秀旺(11:39片エビ固め)日向寺塁、佐々木大地×※ジャックハマー

・対戦相手は初めて見る選手です。
・藤原選手と梅沢選手は普段から組んでるのかな?入場の羽織りがお揃いっぽくて雰囲気あってカッコイイ。どちらもヘビー級な体格。
・塁に紙テープが飛んだあーと思ったら相手チームの、とくに藤原秀旺選手の方が多い。
・でも声援はみちプロチームにしか飛んでなかったような?
・序盤に塁がちょっこっと出てからは大地が相当長く捕まってしまった。
・塁は梅沢選手を持ち上げられなかった…。
・みちプロチームが勝つかな?とも思ってたんですけどねえ。大地君がやられてしまいました。

2.タッグマッチ30分1本勝負
○忍、HIROKI(14:41片エビ固め)怨霊、ken45°×※S.E.X
・忍、真っ黒!コスチュームが変わってた。かっこいい。
・HIROKI選手初見。
・HIROKI選手のモヒカン白刃取りには笑った。
・怨霊選手の這いずりの滑らかさはキモチワルイです。
・kenと…忍選手かな?場外に出て、確かkenが忍選手に追いかけ回されてたと思うんですけどね、気付いたらkenが本気でチビッコを追いかけ回してた。
・セッks…セッks…セッksって何回やったことやら。
・最後の方でやったHIROKI選手の蹴り技がかっこよかった。あれがトランスレイブ?
・忍選手の飛び技はほんっとにキレイですねえ?。ラ・ケブラーダとかホレボレしちゃう。フィニッシュのシューティングスタープレスも美しい!

3.タッグマッチ30分1本勝負
○菅原拓也、宮本裕向(16:10リングアウト)ジ・ウインガー、リッキーフジ×

・リッキー選手以外初見。がっちゃんは…ごく最近見たような気がするけど気のせいです。
・がっちゃんベルトしてたけど何のベルト?
・がっちゃんと宮本選手にはガールズバーナントカ様より花束贈呈。ウインガー&リッキー「俺達には?!」客「飲みに行ったらもらえるよ!」
・選手のバックグラウンドがよくわからないから、一応それぞれの所属団体・主戦場くらいはわかるけれど、それでもどういう経緯で戦ってるのかよくわからなくて気持ちが入り込めなかった。ってそんなこといったら第二試合だってそうなんだけど。
・オチ(っていっていいのか)はいい意味でヒドかったなあー。あんなギリギリのところで止められるなんてすごい技術!しかもあの格好で必要以上にウロウロするし。

4.シングルマッチ30分1本勝負
○円華(14:26飛び付き腕ひしぎ逆十字固め)神威×

・いじめっこ円華選手といじめられっこ神威選手という構図が面白かった。
・入場時の神威選手のオーバーマスクをコーナーポストから奪い取って客席に投げようとして「そんなに大事なら持ってくるなよ!」
・オーバーマスクはたまたまセコンドにいた大地君に預けて「被ってて。ちゃんと応援しろよ!そっち(ニュートラルコーナー)じゃなくてこっち(赤コーナー)!」大地君は真面目に被ったままセコンド業務してましたよ。
・円華選手はルックスの良さも含めてプロレスラーというよりは格闘家な雰囲気。
・円華選手見るの3回目なんだけど、前の2回が全然印象なくて、こんなに面白い選手だったんだ。イケメンでスタイルもいいのに飄々としててなんかずっと喋ってるし。面白い。
・円華選手が神威選手に向かってドリードリー言ってて、何のことかと思って画像検索したら…ああ…そういうことなのね。

休憩
・試合を終えた選手が売店に立ってサイン会。
・私もミーハー根性丸出してパンフレットにサインを貰い歩きました。
・試合の前に一関市出身の女性歌手がリング上で1曲披露。おひねりがとんでましたよ。

5.タッグマッチ45分1本勝負
○石川修司、マンモス佐々木(16:23エビ固め)関本大介、星野勘九郎×※スプラッシュマウンテン

・全選手初見!
・関本でけええええ!石川でけえええええええええ!
・ちょっと動くだけでリングが揺れる揺れる!
・華麗な技なんて何一つないのに、ゴツゴツぶつかり合うだけであんなに沸くなんて!
・石川選手がヘルムと同系の技やったけど、迫力が…段違い。コーナーに追い詰めてのジャンピングダブルニーもすんげえー!
・この試合だけ完全に会場の空気が違ってた。
・おおきいことはいいことだ!

メインイベント.6人タッグマッチ60分1本勝負
○佐々木貴、葛西純、ザグレートサスケ(21:14エビ固め)GENTARO、バラモン・シュウ、バラモン・ケイ×

・殿と葛西選手が初見。
・バラモンのうたでGEN&バカ兄弟から入場。
・当然知らない人が多いので次々と餌食に。
・赤コーナーの入場コーナーに人だかり。「佐々木貴」ののぼりも!
・赤コーナーは葛西選手から入場。葛西コール!すごい人気!
・入場曲の「DEVIL」はCOOCBATバージョンでいいのかな?
・続いてサスケ。サスケも人気者!
・そして最後は殿!いちばんの大歓声!
・対戦カードで予習したとおりにバキューン!ブンッ
・FREEDOMS軍には花束贈呈が。
・「なんで俺達にはないんだよ!」と青MIKATAリングアナに詰め寄る小鹿軍団。
・シュウからは「俺は花が大好きなんだよ!」と衝撃の告白。
・それぞれがリングコールされていき、殿がリングコールされると同時にとんでもない量の紙テープが!※引退興行ではありません
・紙テープ舞う中の奇襲からスタート。あっという間に場外へ。
・紙テープでぐるぐる巻きになっている(されたとは言い切れない)サスケ。
・花を凶器に攻撃するバカ兄弟。「花が好きなんじゃなかったのかよ」とお客さんからツッコミが。
・ああサスケが会場の外に…ああなんか持ってきたー。スリッパを収納するキャリア?
・バカ兄弟のどっちかはスリッパ山盛りのカゴを頭からザバッと被ってる。こういうことをするのはきっとシュウ。
・殿もお客さんのスリッパを武器に応戦。
・やっとリングに戻ったと思ったら、なんでサスケは花を口にくわえているんだ。
・佐渡レフェリー「シュウかケイのどっちか下がれ」。これはおそらく「シュウかケイのどっちか(わからないけど)下がれ」という意味です。
・殿「シュウかケイ?!」客「シュウだよ」「シュウ!」殿「シュウ?!」
・ケイ「右脚ーーー!」そっちは左足だ。
・ケイ「今度こそ右脚ーーー!」だから左足。
・殿「俺のは右脚ーーー!」右足!
・誤爆アイテム・パイプ椅子登場。もちろん誤爆。
・葛西選手がシェー!でお膳立てして殿がシュウかケイをピン!
・GEN、葛西選手のゴーグルに八つ当たり。
・兄弟は市長さんに散々絡んで他の選手に止められて退場。
・「勝ったぞー!FREEDOMSとみちのくプロレスと力をあわせてこのみちのくの地で勝ったぞー!」
・「無事開催できたのもたくさんの人の協力のおかげです!ありがとう!」
・「みんなに紹介したい人が二人います!父ちゃん!母ちゃん!」
・メイン前に「これ貴のときに投げて頂戴」と紙テープを配ってたご婦人はお母さまでした。
・お父さまが見当たらないので「じゃあじいちゃん!」おじいさま、93歳だそうです!お元気で。
・お母さまとおじいさまをリングに上げて、殿がおじいさまとの思い出を語り始めたタイミングで遅れてお父さまも登場。「タイミング悪いよ!」
・「四大まで出してくれたのに、プロレスラーなんかになって…でも丈夫に生んでくれてありがとう!」
・お母さまはしきりに目元をハンカチで拭われておりました。
・最後はご家族とともに記念撮影。

殿の意気込みが感じられた、最高に面白くてあたたかい大会でした!
是非とも毎年恒例の大会になることを願います!

その他
・リングコールでは東北出身の選手は出身地の紹介付きでした。
・FREEDOMSは全大会DVD化されているのでこの大会もDVD化されると思います。
・そういえば「DDT!」と言ってからDDTをかける人が二人くらいいたけど、何で?
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2010.09.12(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード