« 2019 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2010/08/22(日) みちのくプロレス「滝沢村大釜活性化イベントOOGAMANIA14」@滝沢村大釜幼稚園体育館

2日目!開始時間を30分勘違いしてたので着いたときには開場してました。昨日よりは…うーんどうだろう?
そうそう、出店でスーパーボールすくいの番してたのは野橋のお父様…だと思います。
開始時刻にはお客さんもいい感じに埋まってきました。

5分過ぎた辺りで沼ちゃん登場。今回は主に告知のみ。「DEAD BALLの人が来ていない!」とご立腹。「仕方ないのでローソンで買ってください」やはり何を言っても反応の薄いお客さん。「うちわで扇ぐのが精一杯ですよね」そ、そうですね…昨日より時間も早いし。沼ちゃんが喋っている間に入場してくるお客さんに「どうぞどうぞ、まだ何も始まってませんので」ゆるいなあ。
歌が終わったタイミングでDEAD BALLの人がやってきました!剣舞じゃなくて券売コーナーから平謝りの担当者。みなさんチケット買ってくださーい。

続いて選手入場。
大地「今日は勝ちに行きます!」マイトさんは笑いが起きてたけど聞こえませんでした。残念。沼先生「昨日のイベント来てくださった方ありがとうございました」拳王「応援よろしくお願いします」(ボソッと)最後に塁「昨日言ったとおり強力な助っ人を呼んでいます!必ずリベンジします!それと熱中症にならないようにこまめに水分をとってください」体育館は冷房が一切ないのでとっても暑いのです!
恒例のサインボール投げ。みんなちゃっちゃと投げるのに沼ちゃんだけもったいぶるのでいつも最後まで投げています。ちなみに塁は遠投担当です。今回も無事チビッコが当たりボールをゲットして記念撮影。

オープニングVTR、対戦カードの発表。第一試合、佐々木大地対気仙沼二郎。第二試合、野橋太郎、大間まぐ狼、ken45°対拳王、日向寺塁、X。X!誰だろ??!

1.○気仙沼二郎(10:44コブラクラッチ)佐々木大地×

今回の沼先生はエグかった!これまでに感じてた懐の深さとかそんなの全然無かった!予備動作のない頭突きにはびっくり!その後も豊富なバリエーションでガッツンガッツン頭突きしまくって、大地ふらっふら。リング下に落とされると暫く上がれなくなったりと、こりゃもう早いうちに本気で動けなくなるんじゃないかとすら…。
そんなやられっぱなしの大地でしたが、プロレスラブポーズからの銀鱗を返すと丸め込み3連発、ボディスラムにラリアットにドロップキック2連発と、怒涛の反撃。しかしこれがもうとにかく勢い任せで間も何もないので続くわけがありません。再度沼ちゃんの銀鱗を喰らい、ギロチンドロップはよけきれずに余計に変な当たり方をしてしまい、なすすべ無く、コブラクラッチにタップ。勝ち名乗りをあげる沼ちゃんの表情もこころなし厳しく見えました。沼ちゃんかっこいい!キャリアの差を見せ付けられた試合でした。
しかしあれだけやられておいて、勢い任せでも何でも反撃に出れた大地はすごい。

15分の休憩。この頃にはお客さんも大分入っていて「つめて座ってください」のアナウンスが。これが超満員の指標ですね。

2.○日向寺塁、拳王、ザ・グレート・サスケ(18:01ジャーマンスープレックスホールド)野橋太郎、大間まぐ狼、ken45°×
※Xはザグレートサスケ、OOGAMANIA初登場

九龍から入場。野橋は一斗缶とパイプ椅子を持参。そういえば野橋のOOGAMANIATシャツも黒地に青プリントで九龍バージョンですね。(拳王は黒地に黄プリント)
正規軍はまずは塁がセコンドの沼先生を引き連れて入場、続いて拳王、そして流れたのはみちのくプロレスのテーマ。お客さんの視線は入場口に集中!現れたのは、ザ・グレート・サスケだああああああ!大歓声!これは強力な助っ人!しかし曲でわかりそうなもんだけど、もはやあの曲はサスケの曲であってサスケの曲じゃないので、出てくるまでわからなかったんですよ!
会場のボルテージが一気に上がる!
試合開始すらゴングからだったものの、ひたすら場外乱闘。誰かしら場外にいた時間の方が長い。
kenはカラーコーンを活用して両手に被せて突進したり、拳王の頭に被せてボコボコ叩いたり。野橋はプラスチックチェーンで塁にチョーク攻撃。注目のまぐ狼とサスケは…ああっ、サスケがトラックのコンテナに打ち付けられている。
そのうちそれぞれ会場を飛び出してしまい、なんと会場内に選手が誰ひとりいなくなるという事態に。
最初に戻ってきたのはken。あれ?今日モヒカン立ててたっけ?と思うくらいにモヒカンがまるっきり寝てました。ていうかずぶぬれでした。それに続いて戻ってきたサスケの手に握られていたのは…鉄製の小さな鍋?それを肌に直接押し当てられたであろうken「うあっちい!!!」どうやら隣のオール電化展示会場から拝借したようで、その上アツアツだったようで、しかも運の悪いことに、あまりの暑さにkenはめっずらしく上を脱いでましたからね!こんなときに限って。
kenを痛めつけたサスケ、踵を返したその足元にはどういうわけかバナナの皮が!しかし残念なことに気付かずに素通りして目の前にいるまぐ狼(おそらくバナナの皮の落とし主)に攻撃を開始。サスケのことですから、気付いたら絶対につるっと滑ってくれたことでしょう!重ね重ね残念です!
やっとリングに戻った選手たち。やはり塁が捕まってしまいます。九龍の多勢に無勢な一方的で汚い攻撃にはブーイングと声援が交錯。それを受けたken、客席に向かってツバを吐きかけると、チビッコたちが「ぎゃああああ!」と悲鳴を上げて蜘蛛の子を散らすように逃げ惑うという素晴らしい反応を見せてくれました。その反応が嬉しかったのがなんなのか、kenは再度ツバ吐きをサービス。2回目も相変わらずな反応のチビッコたち。いやーヒールのしがいがあるってもんですな。よかったね!
汚い攻撃はいつものことなんだけど、汚い攻撃よりも許せなかったのが、海援隊ピラミッド!東郷さんのポーズしなかったら微妙だけど、あれはやっちゃダメよ!
とまあ汚かったり許せなかったりする攻撃を耐え抜いた塁が拳王にタッチすると拳王がいい攻撃を見せます。いつものふたり相手のキックに、野橋をコーナーに追い詰めてのジャンピングダブルニー、続けざまに野橋を持ち上げてコーナーのトップロープとセカンドロープの間に横向きに無理矢理絡ませると、胴体めがけての強烈なジャンピングダブルニーが炸裂!エグいなあ!
拳王の活躍から優勢に転じた正規軍。しかし塁がロープに走ったところに待ち構えていたのはパイプ椅子!リング下からまぐ狼に叩かれ倒れた塁をkenが羽交い絞めにすると、まぐ狼が塁の脳天めがけてパイプ椅子を振り下ろす!はい誤爆!これでkenを捕らえた正規軍。拳王がkenにファルコンアローを決めると「よっしゃいきますかー!」お膳立てはバッチリ!コーナーに昇りアピールするサスケ。早くしてくれ!無事間に合ってラムジャムがヒット!
サスケは場外の九龍勢を排除すべく逆トペを敢行!最後を任された塁はkenをジャーマンでガッチリととらえて、スリーカウントの合唱でピン!見事リベンジを果たしました!

九龍勢は無言で退場、横一列に手を繋いで掲げあう正規軍にはお客さんから惜しみない拍手が送られます。
マイクは塁。「サスケさんのおかけでリベンジすることができました!」いやいやいやサスケの力だけじゃないよ!「勢いでは九龍に押されていますが…」などと気弱な発言も。しかしこれからも正規軍一丸となって戦っていくことを誓い、サイケも一緒に「不滅だー!」でシメました。
大ハッピーエンド!

昨日以上の場外乱闘だったのいうのにものすごく満足感があったのは単純に場外乱闘が面白かったからでしょうね。
リングでやってることを場外でやられても「リングでやれよ」とか思ってしまいまして、もちろん場外乱闘は戦いを間近で見れるというファンサービスだとはわかっているけれど、そればっかりでもねえ。
その点、サスケだと「どこ行くんだよ?!」とか「どっからそんなモン持ってきたんだよ?!」とか、とにかく何をしでかすかわからない、そして必ず驚かされる。
沼ちゃんがどうこうってわけじゃないけど、ひとり入れ替わるだけでこんなにも違うんだなあと。サスケのすごさをあらためて思い知らされました。

恒例の記念撮影はサスケもいっしょに。昨日とうってかわって盛況でしたね。「岩手町焼きうどんを食べよー」と、スポンサーへの心配りも忘れないサスケでした。

いい大会でした!二日間でちゃんとストーリーが続いていたのがよかった!ストーリーのまとまりも素晴らしかった!二日間とも行って本当に良かった!
今年のOOGAMANIAはこれで最後だそうで、ちょっと、いや、かなり早いけれど、最後にこんなにいい大会を見れて本当に良かったです!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2010.08.22(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード