« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2010/06/12(土)みちのくプロレス「第3回ノスタルジックカーミーティングin八幡平」@八幡平市岩手山焼走り国際交流村特設会場

初屋外!考えてみたらプロレスメインじゃない無料のイベントプロレスも初めて。
晴れてたけど、初夏なのと山なのとでそれほど暑くもなく、試合開始頃は芝生の上で昼寝したくなるような陽気でした。まあーのどかですこと。

試合開始時刻、入場式の後に流れる曲が流れて対戦カードの発表。
第一試合、佐々木大地対気仙沼二郎
第ニ試合、佐々木大地、日向寺塁対拳王、カラスコムーチョ
おお、カラスコムーチョ初めて見る。大地君二試合連続大丈夫かな?
って拳王対塁!拳王復帰後にこの二人が対戦するのって初じゃん?!まさかここで見れるとは!

1.15分1本勝負
○気仙沼二郎(10:34フカヒレ折り)佐々木大地×

沼ちゃん「海の魂」でリングイン。そのまま本日二回目のミニ歌謡ショーへ突入。
午前中にもミニ歌謡ショーがあったのです。
音響があまり良くないようで、ちゃんと聞こえてるかしきりに気にしていました。
本日も「踊る大走査線」の宣伝を。前に「スシ王子」というドラマにも出演したことがあるんですって。DVDボックスが出てるので見てくださいだそうです。
今後のスケジュールの宣伝も。「踊る大走査線」の宣伝の後のせいか、7月の矢巾大会のポスターにはチラホラと笑い声が。8月のOOGAMANIAはなんと21日と22日の2days!新しいOOGAMANIAの画像の「祭」が気になってたんですけど、こういうことだったんですね。
忘れちゃいけないグッズ紹介。昨日の後楽園大会から新しくなったパンフレットを販売。あとはみちプロTシャツとタオル。参戦がない九龍グッズはナシ。
最後に、今回はCDを3枚持ってきてあと1枚しか残っていないという「俺の海」を熱唱。音響が悪い分、いつもよりも地声で勝負していました。
第一試合としてリングインしたということを忘れていました、引き続き青コーナーから佐々木大地が入場。
大地君のコスチュームは青地に横と裾に黄ラインの吊りパン。昨日後楽園ホールにてデビューしたことを含めたプロフィール紹介がありました。
試合開始、力比べから腕の捻り合い、それからグラウンドへ…と、文字で書くとオーソドックスなんだけど、長い。ついつい「あの、そろそろ次の展開へ…」などと思ってしまいました。
幾度となくヘッドロックに苦しめられる大地君もドロップキックで見せ場をつくり反撃に出ます。が、ロープに振ろうとしても沼先生、振られません。やっと振ったところでショルダータックル一発で倒されてしまい、合戦になりません。そこから沼先生のケツ攻撃の応酬へ。チビッコウケすぎ。シメはえぐいギロチンドロップ。
しかしあきらめない大地君。沼先生も終わらせる気はなく「どうした大地!」と檄を飛ばします。
立ち上がった大地君は沼先生の胸板にチョップを見舞うとチョップ合戦に。やはり打ち負けてしまう大地君。沼先生はコーナーに昇ると倒れた大地君めがけてダイビングギロチンドロップをお見舞。
そこからのフォールはクリアしたものの、沼先生にコブラツイストみたいな技(フカヒレ折りというらしい)をがっちりときめられて、あえなくタップ。
試合時間こそ10分以上あったものの、それは沼先生次第…といった試合でした。
プロレスは一朝一夕ではないんだなあと思い直しました。

第一試合終了後、「トキンちゃん」とコールされ、旭志織選手の入場曲「スーパーヒーロー」にのって登場したのは例の謎のマスクマン。トキンちゃんっていうんですね。
颯爽とトップロープを飛び越え…れない。十字を切ってあらためてトップロープを飛び越えてリングイン!
そしてリング上で3個お手玉を披露し(おばあちゃんだってできるぞ!)、その後はリングサイドにチビッコを呼び寄せてバルーンアートコーナーへ。えーと、休憩時間ですね。「欲しいチビッコは並んで」と言ったもんだから大行列に。結局マイトさんに巻きを入れられて、それでも終わらないので試合終了後にということでお開きに。

2.20分1本勝負
○拳王、カラスコムーチョ(13:01ジャーマンスープレックスホールド)日向寺塁、佐々木大地×

第一試合に引き続き大地君の入場。第一試合のやられっぷりに大丈夫かなあ?と思ったけど、大丈夫そうです。
続いて塁の入場。若手とはいえ、新人と比べるとカンロクがありますなあ。
対するはカラスコムーチョ!カラスコムーチョとは楽天ゴールデンイーグルスの非公認マスコットキャラクター・Mrカラスコのいとこだそうです。二試合出るんなら大地君より沼ちゃんの方が…と思ってたんですけど、カラスコムーチョのみっちりした体つきを見て納得。な、なるほど。
最後は拳王!…。…。…?どうやら入場曲に関するトラブルがあったらしく、結局カラスコムーチョが先導しての手拍子で入場。拳王はトラブルの間、腰に手を当てての仁王立ちで待っていたんだろうか。ちなみにカラスコムーチョはあわてふためき、塁と大地君は両手を組み合ってギッコンバッタン。何の練習?
こういうイベントだと、プロレスを見にきたわけではないお客さんもいるので、拳王を見て「強そう!」とか、素直な反応が面白いですね。
コールが終わり、さっさとエプロンに下がって「どうぞどうぞ」と拳王に先鋒を任せるカラスコムーチョ。対するは大地君。
まだ手も組んでいないのにコーナーポストを叩いて拳王を鼓舞するカラスコムーチョ。
大地君はグラウンドで攻めようと試みるもそう簡単にうまくは行きません。もちろん新人だろうと手加減なしにビシビシと蹴りんでいく拳王。エスケープしようとする大地君の手に届くようにロープを足でぐいぐい押す塁には笑った。届かないように引っ張るのはよく見るけど、逆もあるのか。
塁とカラスコムーチョに変わるとややコミカルな展開に。近年みちプロのマットでは見られなくなった欽ちゃんジャンプが出たんだけど、欽ちゃんジャンプの出る流れが不自然でしたわよ…。
カラスコムーチョがプランチャを決めると(!)、あれよあれよと場外へ。拳王と塁の対決をまずは場外で見ることになるとは。塁がリングを囲むポールを手にすると拳王をひと突き!塁がグレたー!
そして二人は揉み合いながらひろーい会場内をずんずん移動。拳王はさっきのお返しとばかりに休憩スペースのテーブルに塁を打ち付ける。腰を落とした塁の背中めがけて強烈なキック!
更に一枚岩(としか形容のしようがない)めがけて塁を振ったが、塁はうまく乗り上げて事なきを得たーと思ったら、岩の向こうに擦りむいたんだか打ち付けたんだかで尻を赤くした塁が倒れていました。
リング上では大地君がカラスコムーチョに攻め立てられています。リングに戻った塁はすぐに加勢。拳王はレフェリーにチェックを求めます。
カラスコムーチョとかわった拳王はW攻撃を蹴りで迎撃。更に回し蹴りで一網打尽。
塁もカラスコムーチョにダイビングエルボーを決め、試合の流れは行ったり来たり。
しかし拳王がターゲットを大地君に絞ると、ブレーンバスター、コーナーに追い詰めてのジャンピングニー、そして最後はジャーマンでピン。拳王は対戦相手のお株を奪うようなフィニッシュホールドを出してきますね。
試合後、互いに握手を交わす拳王以外の選手。そして横に並んで手を掲げあってノーサイド。リングを後にした勝者チーム。敗者チームがリングに残ってマイク。
「今日は負けてしまいしたが、明日は必ず勝ちます。応援ありがとうございました。みなさんがひとりでもいるかぎり、みちのくプロレスそしてノスタルジックカーミーティングは永遠に不滅だー!」で塁が締めました。
全試合終了後は売店で塁のサイン会が行われました。

今回のイベントはみちプロと懇意の東林寺などが協賛しているのでその関係なんですね。どうもパンフレット等で宣伝しているそれとは違うんだろうなと思いました。宇田川さんもいなかったし、リングアナも副住職だったので、OOGAMANIAを更に小さくした感じかなと。
2試合やったけど、ああいう形なら1試合の方が良かったのではと思いました。前に1試合だけのOOGAMANIAがあったけど、充分楽しめたし。あれは61分3本勝負か。いやそれでも楽しめると思う。でも大地君のフレッシュな試合を堪能できと思えば良かったかな!成長が楽しみです1
しかし太郎ちゃんがいないのは淋しい!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2010.06.12(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード