« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今買ってるのはウシジマくんとハタキ

急に「卓球とハードロックと僕」という漫画を思い出した。主人公がビジュアル系バンドのボーカリストで卓球部の部長でもあるという4コマ漫画。
懐かしいなあ!
主人公にはモデルがいるらしいけど、んでhydeではないみたいだけど、結局誰だったんだろう?

「天使禁猟区」もV系の人をモデルにしたキャラがやたらめったら出てた。探すのが面白かった。あれどうなったんだろう?結末を知らない漫画っていっぱいある。
この作者、コミッカーズだかのインタビューで「(漫画家には)生半可な気持ちでなろうと思うな」とかそんなこと言っててびびった。あの緻密な画面ならば説得力あるわ。自分にも他人にも厳しそう。

V系の人が漫画のモデルになりやすいのはやっぱりイマジネーションが沸くんだろうね。「燃えろ!ペン」でもそういう話があった。これはアイドルだったけど。
昔、週刊少年ジャンプの増刊をわりと長い間購読してたんだけど、一時期ヒロインが右を向いても左を向いてもヒロスエだらけだった。確かに当時のヒロスエの造形は記号的だ。

こういうので一番インパクトあったのは、Shampoo(これまた懐かしい!)をモデルにした漫画。貧乏(つか無宿)な姉妹が一躍スターになるっていう話。ギャグなんだけど、絵がずこくきれい。この作者の漫画これしか読んだことない。単行本にもなってない。また読みたいなあ。
あと話に聞いただけだけど、SxOxBのメンバーをモデルにしたキャラが出てくる少女漫画。すげえ見てみたい!少女漫画とSxOxB!

逆に漫画がV系にイマジネーションを与えていたのが「KISSxxxx」。PENICILLINのボーカルなんか映像作品集で実写化してたもんなあ。

今ってどういう人がモデルにされてるんだろう?
未分類 | CM(0) | TB(-) 2010.06.03(Thu) 23:12

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード