« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2010/04/11(日) みちのくプロレス「大釜の子供達の未来へ!?OOGAMANIA13」@滝沢村大釜幼稚園体育館

会場に到着したら相変わらずの行列。お、練習生の大地君だ。列に並んでるお客さんに話しかけてる。「オール電化祭を見に行きませんか?いろいろ食べれますよ」と。そうなんです。今日は隣の会場(教室?)でオール電化祭をやっているのです。しかし皆さんプロレスを見に来てるのでやはり列は抜けられず…。「オール電化祭って何ですか?」「オール電化です。オール電化のお祭りです」とトンチキな問答が。
定刻に開場。見たことのない練習生君らしき人が一人いました!場所取りをして物販チェック。今日は、使用済一斗缶が売ってました。先日の東北Jrヘビー級選手権のだけ高い。
今回も合宿所カレーを販売。カレーライスのほかにカレーラーメン?も売ってました。それと、みちのくプロレスニュージャージが新発売。白でした。そういえばみちプロジャージ着ているお客さんの姿が目立ちましたね。
誰が持ってきたのか、薄汚いUFOキャッチャーの景品にありそうなプロレスラー人形が大量に…。中学生らしき少年らが「これ見たことある」と、ホーガンを指していたのにはジェネレーションギャップを感じました。
カレーでも食べようかしらと思っていたら「沼ちゃんこができました?」というわけで隣の会場へ。割烹着姿の沼ちゃんが沼ちゃんこを調理中。盛り付けは沼先生にレクチャーされつつ自分で。味付けも自己責任で。んまかったです!
今回スクリーン流れてたのは、スポンサーの名前が流れるだけの紹介映像だったんですけど、微妙に映画っぽいつくりでした。
そんなこんなで定刻5分過ぎくらいに沼二郎先生が登場。物販の方に向かったので、そちらを見るとあら野橋が…何かあるのかと思ったら、募金箱を取りに行っただけでした。野橋もスーッと外に消えました。
「沼ちゃんこがなくなったので追加で作ってきました」
2月の津波で被害にあった岩手県沿岸の漁業組合への募金のお願いに続いて、宇田川さんに「矢巾のカード発表した?まだ」と確認すると、結局昨日の東京大会では何の進展もなかった九龍について、「九龍のボスとか言ってますけどね!あんなのハッタリです!本当は9人目なんて居ないんですよ!惑わせてるだけです!」反応の薄い会場に「あれ?もしかしてみんな九龍派?」尻すぼみな感じで歌へ。OOGAMANIAではPVが見れるんですよね。面白い。

沼ちゃんの後はいつもなら選手入場なんですが、今回は練習生・佐々木大地のエキシビジョンマッチが!宇田川さんの九州ツアー記では「新人」となっていましたが、まだデビューではなく「デビューへ向けて」のようです。
スクリーンに岩手のテレビ局で放送されていた「やっぺし!みちプロ」という番組で取り上げられた、練習生佐々木大地君が入団するまでのドキュメンタリーが映し出されました。
当時の大地君は高校三年生。大地君はみちプロのお膝元、そしてOOGAMANIA開催地でもある滝沢村出身なのです!体力テスト後の面接で「いろいろな土地で試合をできるところに魅力を感じた」と話す大地君。
スタッフが人生に印象を聞くと「すごくいいですね。話すときも聞くときもまっすぐ目を見るし」と好感触。
後日無事合格が言い渡され、卒業までは高校に通いつつ道場にも通うことに。
コーナーポストに立ってバランスが取れずにグラグラ揺れる大地君に、プロレスラーのすごさを思い知らされました。
あらためてプロフィール紹介後、「よろしくお願いします!」と元気よく四方へ挨拶。相手を務めるのは日向寺塁。試合時間は5分。
試合開始、下半身中心に攻める大地。最初は付き合っていた塁も徐々に技をかけていき、大地の口からは苦しい声が。静かな客席からも「大地!」という声援が聞こえ始める。
中盤、文字通り塁の胸を借りて力いっぱいチョップを叩き込むものの、反撃一発で崩れ落ちる大地。グラウンドで絞り上げられると、会場内は大地への声援でいっぱいに。
ギブアップしてしまいましたが、拍手喝采!胸を打たれました。そして涼しい顔の塁に頼もしさを感じました。
上がった息のまま「ありがとうございました!」と四方に礼して退場。すぐに業務に戻る大地。がんばれ!

選手入場。
沼先生「さっき調理してるときに指を切ったので今日は勝ちます!」
マイトさん「レフェリーがんばります」いつも試合するのかと期待してしまう。
オオガマックス「久々の登場です!」なぜかこのとき中の人が誰なのかわからなかった。思ったより声が高いのよね。
拳王「応援よろしくお願いします」あら。テンション低い。
そして最後に塁が登場。
引き続きサインボール投げ。相変わらずの大盤振る舞い。今回はちゃんとチビッコに当たりボールが渡りましたよ!よかったよかった。
記念撮影も順調に終わり、対戦カードの発表。
なんと今回は拳王と沼二郎先生のシングル!注目の野橋のパートナーは…?ken45°!大釜に借りを返しにきたー!

1.20分1本勝負
〇拳王(11:32体固め)気仙沼二郎×※ハイキック

沼二郎さん、拳王の順で入場。今回の拳王はシリアスモードですなあ。
前回は8分でしたっけ?しかし今回は沼先生が拳王を翻弄してました。序盤から中盤にかけて殆ど立たせない。グラウンドでじりじりと攻めていきます。
ショルダー合戦は拳王の方が重い。しかし沼先生の頭突きに適わない。
キックといえばな拳王に沼先生がソバットや銀鱗をぶち込む度に歓声が。沼先生絶好調!
しかし気仙沼落としをあえなく抜けられてしまい、拳王が反撃。前蹴りとハイキックをパパンとぶち込んでピン。
会場からはため息が。そんなにガッカリしないでよ!
これまでの拳王のシングル戦では見たことのないような試合でした。それと5分持てば長い方というイメージがあるので、時間的にもじっくり楽しめました。

2.時間無制限1本勝負
日向寺塁、〇オオガマックス(17:38大釜卍固め)野橋太郎、Ken45°×

まず九龍が登場。二人並んでリングを見つめ、リングイン。あんな風貌の野橋だけど、一斗缶をコーナーポストにちきんと被せる姿はなんともいえないかわいさがありますなあ。
続いてオオガマックスが登場。リングインしたオオガマックスを訝しげに見つめるken。そしてエルボースマッシュの真似や敬礼のポーズを繰り返す。ken「絶対そうだよな?な?」野橋「いやーどうだろう?」という顔の二人。
最後に塁が登場して試合開始。
先鋒はオオガマックスとken。オオガマックスはエルボースマッシュにロメロスペシャルに…って正体隠す気さらさらありません!
野橋と塁に変わると早々に場外へ。kenもオオガマックスを捕まえて、狭い体育館内所狭しと大暴れ!ついには場外を飛び出してしまい、隣の会場へ。隣の会場にはたしか沼ちゃんこが…。なかなか戻ってきませんで、何やってきたんでしょうね。
ようやっとリングに戻り、試合続行。九龍の反則染みた技に苦しめられるものの、塁のは得意のタックルや高くて長いダイビングエルボーをしっかりと決めていきます。
しかしkenに後ろから羽交い絞めにされてしまい、野橋が塁の脳天めがけて一斗缶を振り下ろすもななんとkenに誤爆!
弱ったkenをオオガマックスが卍にガッチリ固めて、耐え切れずにタップ。
試合後、リング中央でなにやら揉める九龍。ついにはどつき合いへ!睨み合う両者にこれはまさかの仲間割れ?!と思ったら、ガッチリと抱き合って和解。
野橋がマイクを手に取り「kenちゃんごめんね」。「まあーこんな結果になったけど。5.23楽しみにしてろよ!」5.22ですよ。
東北Jrヘビー級選手権も終わって憑き物が取れたのか、微妙にキャラの方向転換?こわい野橋もいいけれど、イベントプロレスにはちょっと・・・てのもありますからねえ。
オオガマックスに向かって「あいつ絶対○○だ!」と言いながら退場するkenと野橋。言っちゃっていいのかよ!
わるものがいなくなったところで、塁がシメのマイク。わりと長く喋って、その後ど忘れしたのか変な間があった。
「みなさんがひとりでも入る限り、みちのくプロレスOOGAMANIAは永遠に不滅だー!」

最後は恒例の記念撮影。ハナから「子ども達優先で小さなお子さんを前にー」と言ってました。前回は拳王が仕切りのような雰囲気でしたが、今回は塁が仕切りでしたね。
しかし拳王のテンションの低さは気になったなあ。復帰一発目のOOGAMANIAのやる気はどこへ行った…。

さて帰るかと思ったら、「隣の会場で野橋太郎選手がやきそば作ってます」という呼び込みが!行ったら本当に作ってました!コスチュームのままでやきそばを作る野橋。オール電化IHクッキングヒーターの体験です。
メーカーの人のPRの後ろで手際よくフライパンを振る野橋にギャラリーも関心。横で見ていた首跡の痣も生々しいkenが「嫁さんがメシ作ってくれないから仕方なく自分で作ってるんだよな」と茶々を。
出来上がったやきそばはギャラリーのチビッコたちに振舞われました。
続いてkenも体験することに。「俺は本当に料理しねえからな」うん、なんか、料理しなさそう…。メーカーの人も「料理をしない人でも上手に作れますから」とフォロー。「俺の実家は中華屋だから」と嘘かホントかわからないことを言ったり。
無事出来上がり、またもやチビッコへ。「よし。できたできた。俺は疲れたよ。休ませてくれ」と言って引き上げるkenと野橋。その後も入り口でファンに囲まれてましたが。
kenはOOGAMANIAで支持が急上昇中ですね。
体育館の入り口では客足もまばらになっているというのに、塁がコスチュームのままでお見送りに立っていました。

はー楽しかった。前回はあまりの突き放され方にOOGAMANIAどうなっちゃうの?と思ったけど、野橋のマイクがあるだけでも違いますね。
それと、塁に任せるのもアリだなと思えるようになりました。
コラボ企画では絶対見れないような選手の一面も見れたし。OOGAMANIAならでは。
次回からは大地君だけでなく、他の練習生君の参加も期待します。はやく本来の?OOGAMANIAの姿になるといいですね!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2010.04.11(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード