« 2017 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ででーでーでーでで…ででっ・で・でででで

NUKEY PIKES「SORE」
原曲よりも先にカバー曲の方を聴いているということはままありますが、これもそのひとつ。
SPANAMのSymmetryで散々聴いた曲です。
どこかで「原曲を簡単にした」という評を見たけど、な、なるほど。
簡単にしたというよりは、整理整頓して聴きやすくしたという感じですかね。
そーいえば、NUKEY PIKESも予想の5度くらい斜め上下を行ったり来たりしてますなあ。今気付いた。
こう聴き比べてみると、NUKEY PIKESの飄々さとSPANAMの真っ直ぐさが際立ちますね。
でもこう思うのも私がSPANAMが好きだからなんだろうな。SPANAM知らない人が聴いたら別にどうとも思わないんだろうな。
前にGARLIC BOYSのトリビュート盤を聴いて、G-FREAK FACTORYとkamomekamome以外は大したアレンジもなくて面白くないや。カバーというよりコピーじゃん。と、わりとガッカリしまして。
それまでに原曲を粗方知ってるミュージシャンのトリビュート盤にはレピッシュと岡村靖幸があって、こちらはどちらも大胆なアレンジが多くて(イルリメなんか大胆すぎて飛ばすほどに)面白く聴けました。
これらと比較すると、表現の幅で考えればハードコアパンクロカはそりゃあーポップスにはかないませんよということで腑に落ちたんですが。
「カバーじゃなくてコピーだ」と本人が言い切っているCOCOBATはそれでもちゃんとCOCOBATに聴こえるんだから…結局のところ、贔屓目(耳?)ですね。
でもどうんなんだろう。GARLIC BOYSとMOGA THE \5のどちらも好きな人の「Too Late True Love」の評を是非きいてみたいものである。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2010.03.04(Thu) 22:58

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード