« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2010/02/14(日)みちのくプロレス「九龍トークショー?KEN45°×野橋太郎×大間まぐ狼」@滝沢村大釜幼稚園体育館

昨年末の正規軍トークショーのレポートをどこも誰もやってなくて、なんだよーと思ったんですが。
もちろん書けない部分もありますが、書きたくない。あの場所にいた人たちだけのヒミツにしておきたいような、そんな感じです。
それとやはり、選手のイメージというものがありまして、営業妨害にも繋がりかねないわけですし。お互いの呼び方ひとつにしてもね。
とはいえ、ネットのヲタクども(by葛西純)のひとりとしましては、書きたい気持ちもあるので、トークの内容には触れず、流れだけ書くことにします。

今回のトークショーの主役は左眼窩底骨折により欠場中のken45°。主旨はken45°AIDですね。当初はkenと野橋だけだったようですが、開催決定から間もなく大間まぐ狼の参加も決定。同じユニット内とはいえ、さして共通点がないように思えるおもしろい組み合わせです。

会場はOOGAMANIAに引き続き、幼稚園の体育館。リングはそのままで、リング前に長机。ここに三人が座る。
更にその前にテーブル席が6セット、後方と上手にもパイプ椅子がずらり。
テーブル席は1テーブルに椅子4脚だったけど、グループで各々椅子を追加したりして、6人くらいは座ってたかな。
そんなこんなで100人くらいは入ったと思います。
会場後方には選手への質問箱が設置されていました。
みちプロが用意したフリードリンクはオロナミンCとストロングゼロでした。

まず前説でお客さんをあたためろという命令により練習生だいちくんが登場。やたらとお客さんにオロナミンCを勧めるだいちくん。「会場冷えますか?オロナミンCを用意してありますのでどうぞ飲んでください」余計に冷えるわ!
たどたどしいトークもノってきて「まだ時間ありますね、もう少しお付き合いください」と言ったところでハードロックハレルヤが。だいちくんお払い箱。
まず野橋が登場。しかし二人が出てこない。さっさと席に着いてしまって落ち着かない野橋。そしてかーなーりー間を置いてからkenとまぐ狼が登場。
野橋とまぐ狼は全身黒づくめ。野橋はどうかわからないけど、kenとまぐ狼はまるっきり私服っぽい。
トークは司会を立てずテーマも決めず終始なごやかかつダラダラと進行。
後方で見張っている宇田川さんからときどき「その話つまらないからやめろ」「暴露しろ」「×」(NG)など、カンペで指示が飛びます。
はたして喋るのかと心配されていたまぐ狼も喋っていました。むしろ序盤は一生懸命でした。他の二人がノってきたらマイク置いてましたけど。
まぐ狼の喋り方は、まりんa.k.a砂原良徳に似てる気がする。声質とかトーンとか。つまり氷川きよしにも似てるということである。みちプロ選手で一番近いのはマイトさんだと思うんだがどうか。
kenは普通に喋ってもほとんどあの声質なんですね。ただ、テンションが違うからか、リングほどくどくは聞こえない。
野橋はなんとまあ穏やかですこと。テンションが低いともいう。凪みたいな人だなあ。

トークの内容には触れませんが、ひとつだけ。これは書いてもいいと思うし、広く知ってもらいたい。

お客さんからの質問「かけられたくない技は何ですか?」
野橋「気仙沼二郎の変形気仙沼落とし。今まで2回くらいしか出したことないかな。通常は担いだら、後方に落とすじゃないですか。それをしりもちをつくように、つまりキン肉バスター。翌日の首への影響を考えると、かけられたくない」
ken「宇田川さんの顔面パンチ。俺の眼窩底骨折は宇田川さんの顔面パンチによるものですからね。こんなこと言ったら今度は右目殴られてあと2ヶ月欠場することになる」(書いていいのかよ)
まぐ狼「大柳錦也の卍固め。あれはね?タッグじゃなかったら心が折れてる」
ken「わかる。アントニオ猪木の卍固めを超えてるね。あれは心が折れる」

宇田川さんの顔面パンチは100%見るわけがないし、変形気仙沼落としも見る機会はないかもしれないけど、大柳先輩の卍固めの見方が変わりそうです。

そんなこんなで小一時間経ったところで、目玉企画、ken愛用品オークション。
かなりの点数が出品されましたが、どれもこれもまさに愛用品・思い出の品の数々。あそこまで思い出のあるもの、私なら出したくないです。
ぶっちゃけ盛り上がるか心配だったんですが、かなりオークションらしいシーンもあり、それなりに盛り上がりました。
ただ、自己評価の低さも手伝って、どれもこれも1万円未満でファンの手に渡っていったというんだから、来れなかったファンの方はご愁傷様でしたとしか言いようがないです。

オークションの後はリング上でkenとのツーショット撮影会。撮影係はみちプロ公認カメラマンの国本記者。
野橋は整列係。その間、まぐ狼はリングサイドにいて、サインや撮影に応えたり、子どもを追いかけまわしたり、なんやかんやで最後までちゃんといました。
kenはひとりひとり丁寧に応対していたので、かなり時間がかかりました。

撮影会が終わり、あらためてkenから挨拶が。OOGAMANIA参戦の約束と、15日からの野橋の沖縄プロレス参戦の告知をして、お開きとなりました。

いやはや楽しかったです。次回やるとしたらちゃんと司会を立てようと言っていましたが、あのダラダラっぷり、良かったです。もし司会を立てるとしたら自然野橋が司会になるわけで、仕切り役じゃない野橋というのも貴重でした。
kenはブログをやってるからプライベートが垣間見れるけど、まぐ狼はほんっとになんだかよくわからないですからね。で、よくわかったかというと相変わらずわからないんですけど。

帰りがけに聞いた会話。
お客「太郎さん太郎さん」
野橋「はいはい太郎さんですよ」(無表情で)
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2010.02.14(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード