« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009年下半期のプロレスと私

さて。今年の観戦予定は無くなってしまいました。

ということで年間ベストバウトを決めたいと思います。
といっても本格的にプロレス観戦を始めたのが6月からなので下半期のになってしまいますが。
それと他団体も観戦しましたが、わずかなので、みちのくプロレス限定にします。

1.ハヤト対拳王@矢巾町民体育館
この試合がというより後楽園までの拳王とハヤトのストーリーですね。
矢巾の試合を観戦した当時は拳王はもちろんハヤトにもそれほど思い入れがなかったんだけど、それでも興奮したなあ。
そんでそれ以前のストーリーなんかも知ると、さらにじわじわくる。すごい話だなと。
・ハヤト、苦節四年で当時のエース義経からベルト奪う
・ハヤト、みちプロの象徴サスケに勝利して初防衛
・次期挑戦者は武者修行から帰ってきた拳王
・拳王はデビュー後3ヶ月しかみちプロにいなかった
・ハヤト、鉄人リーグ優勝
・ハヤト対拳王、拳王がKO勝利で新王者に
・拳王対ハヤトのリターンマッチ決定
・後楽園でのリターンマッチで拳王初防衛。大物議を醸す結果に
ハヤトの苦節時代を知らない私から見るとハヤトがみちプロ内ではほぼ無敵というのは本っっっ当に???なんですよ。いまだにその考えは変わっていない。
だから拳王の存在はたまらんのです。
来年も拳王とハヤトのストーリーが楽しみです!

2.南野タケシ対日向寺塁@岩手県営体育館
南野の容赦ない攻めと耐えに耐える塁。
デスバレーを返されたときの南野の顔!んで最後に丸め込んだ塁!
塁が南野に勝ったっていうのがもう嬉しくて!まぐ狼やkenじゃだめなんです!南野じゃないとだめなんです!
とにかく興奮した。一番興奮した。もし塁が負けてもここに入れたくらい興奮した。

3.拳王対佐藤秀@岩手県営体育館
迷ったけどコレで。いやまあベストバウトってのは白熱した試合だったり、良い試合だったりというのを選ぶべきなんでしょうが。試合前の期待と試合後の落胆っぷりが我ながらすごかったので。秀が負けてガッカリじゃなくて(そもそも秀が勝つなんて思ってなかったし)…まあ色々ですよ!プロレスですから!


続いて、来年のみちプロに期待すること・楽しみなことなんぞを。
・拳王とハヤトのストーリー
1番はこれでしょう!後半はリターンマッチという軸があったけど、それがなくなったわけですから。
拳王のポジションとか、ハヤトがどう変わっていくのかとか、ベルトの行方とか、とにかく楽しみです!

・九龍の今後
残り二人は誰なのか?!塁は青くなってしまうのか?!それともヤッペーマンが入るのか?!はたまた9人揃わないうちに消滅するのか?!
しかし残り2人を探し続けているものの、九龍も安定期に入ってしまっているので、ここらでひとつ何か起これば面白いのになあと思っています。裏切りとか分裂とか。

・第三勢力の出現
そこでこれですよ。ともかく九龍>正規軍の図がなーんか面白くないんですよ!人気も勝敗も!
ただ、そうなるとカードが限定されてしまうかしら?
でも本当に、9人とかは要らんけど、2人とか3人とか少人数でいいから、九龍とも正規軍とも距離を置いたユニットが出てくれば面白いだろうなと思っています。

・新しい参戦選手
フリー参戦選手が増えるのもいいですが、やはり練習生君のデビューが待たれますね!
とくに千葉の若社長との共通点的な理由でだいちくんを応援しています。
野橋がOOGAMANIAのアンケートの回答で「練習生がデビューしていけば…」と書いてたけれど、それはすごく喜ばしいことだ!ゲスト扱いの選手ったって通常興行では見れるんだから。
参戦選手が増えると九龍の9人も第三勢力の出現も夢ではないような。

選手の離脱・欠場は期待しません!
(離脱に関しては選手個人のことを思うと一概には言えませんが)

とりあえず、まだ半年。あと半年でひとまわり。上半期も楽しみです!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2009.12.21(Mon) 23:29

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード