« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2009/12/6(日) みちのくプロレス「滝沢村大釜活性化イベントOOGAMANIA11」@滝沢村大釜幼稚園体育館

あいにくの曇天模様。でも行列。開場と同時に雨が本格的に降り出した。なんというタイミング。
行列分だけで満員マークがつきそうな入り様。何度も詰めて座るようにアナウンスされるほどの超満員になりました。
売店はいつものみちプログッズと今回から卓上カレンダーが新発売!ものめずらしいのではたすきが売られてました。カレーマンとか…。

試合開始前にスクリーンで流されたVTRは、去年の8月の大会が地元テレビ局のニュース番組に取り上げられた映像と、今年の1月の海釣りの映像と、映画「黄色いカレーライス」の予告編。みちプロバージョンに特別編集されたものらしく、出演陣のひとこと付きでした。そんな映像をながめつつ屋台で買ったおやきなどを食べつつ待つこと数十分。

「俺の海」とともに沼二郎先生が歌いながら登場。このパターン初めて見たけどすごくいいです。台詞の直前でリングインするタイミングもバッチリ。主な話は12/20に同会場で行われる「黄色いカレーライス」の特別上映会。監督・出演陣のトークショーもあり、更にカレー振舞われてなんと無料!ただし、福神漬けとらっきょうは各自持参とのこと。この日も監督さんは来場されていました。
1月の矢巾大会にはみちプロゆかりの選手が特別参戦するそうです。誰だろ??
そんなこんなで話すことも無くなり「時間が余ってしまった」と言うとすかさず「もう1曲歌え!」という子どもの声が。賛同の拍手が起こるも「誰だ今言ったの?!子どもの声だったぞ!大人に言わされただろう!」と焦って引っ込んでしまいました。
そして流れてきたのがみちのくひとり旅。スクリーンにはマイトさん。あれ?マイトさん売店にいるぞ?マイトさん入場ゲートに引っ込んだ…と思ったら踵を返して何食わぬ顔で入場。リングインして協賛各社の紹介といつものやつ。

定刻、選手入場。ひとりずつリングインしてコメント。マイトさん「レフェリーがんばります」
そして拳王が入場。「帰ってきたぞ大釜ー!」とノリノリ。野橋に「拳王が思ったより長く喋ったから入場曲の尺が足りなくなった」とつっこまれるほどに。
大会11回目にして村長さん初来場。村長さんのお話の後は、お待ちかねのサインボール投げ。元野球少年の塁は遠くの子も取れるように遠投しまくってました。超!大盤振舞いで、2個3個ゲットした子もチラホラ。あたりボールをゲットした人はリング上で選手達と記念撮影。(しかしうまくいかないもんですな)

第一試合
みちのくプロレス練習生対抗じゃじゃ麺カップ早食い対決

リング上には長机と椅子が4脚セットされています。
まずは野橋からルール説明。カップ麺は開封される前の状態で置いてあって、つまり、作って食べ終わるまでのタイムを競うというもの。マイトさん、カップ麺の前に座らされたけど、実際にやるわけではないので手持ち無沙汰。
いよいよ選手の入場です。入場曲に合わせてかっこよくコールされる3人の練習生君。片手にカップ麺、片手にポットを持ち勇ましく入場!お客さん大爆笑。
あれ?3人?ということで、残り1枠はお客さんから参加者を募りました。食べるのが早そうなお客さんが名乗りをあげて試合開始。
手早くお湯を注ぎ早くも待ちの体制に入るしげるくん。その横で慌てているだいちくん。「ロック解除の仕方がわからない!」ぐんじくんのポットからもお湯が出ず、なんでも電源が入っていないとお湯が出ないタイプだったようで、結局蓋を開けて注ぐことに。
そんなアクシデントもあり、しげるくんとお客さんのデッドヒートに。その横でお上品に麺をすするだいちくん。
しげるくんが逃げ切る形で優勝!だいちくんは最後まで食べ終わりませんでした。
「この喜びを誰に伝えたいですか?」
「ずっと応援してくれた営業部長の宇田川さんです!」
宇田川さんの姿は会場内にありませんでした。

第二試合
地元の空手教室の演武と模範試合。
模範試合はチビッコなのにバチバチとすごい迫力でびっくりしました。

第三試合
61分3本勝負
拳王、日向寺塁(2-1)気仙沼二郎、野橋真実

1本目
○日向寺(7:46エビ固め)野橋丸め込み×

2本目
○気仙沼二郎(3:27片エビ固め)日向寺×※銀鱗

3本目
○拳王(20:27体固め)野橋×※ハイキック

野橋と沼二郎先生の先輩チームvs塁と拳王の後輩チームというテーマのはっきりした試合でした。
1本目は先輩チームが誤爆しまくったり、後輩チームが先輩チームに同時股裂き仕掛けて放射状になった真ん中でマイトさんが「ギブ?ギブ?とっほくとっほく!」とやったりとコミカルタッチ。
2本目は先輩チームの連係プレーが光り、塁が徹底的に苦しめられる厳しい展開。
3本目は場外乱闘もあり、塁が耐えに耐えて耐え抜いて、最後に拳王がハイキック一蹴!

塁の耐えっぷりがにはシビれました。引き合いに出すのもなんですが、剣舞やまぐ狼だと本気で心配になるけど、体当たり合戦や頭突き合戦などのゴツゴツした戦いっぷりも見ているので、塁ならどんなに苦しんでてもまだまだ大丈夫だと心のどこかで思ってしまいます。だから拳王も塁に直接声をかけずにお客さんに声援を煽るのかなと。
「塁を応援しろー!」「るいー!」「まだまだ声が足りないぞー!」「るーーーーいーーーー!!!!!」
って子どもの声が多いから、拳王ってばヒーローショーのおねえさんみたい。

先輩チームはダブルでの気仙沼落としに連続飛び技に同時逆トペなどなど、連携がすごくよくて、来年のみちのくふたり旅に出ればいいのにと思いました。

1本目終盤の野橋と塁の丸め込み合戦はすごかった!これがためならこれでどうだとめまぐるしく変わっていく丸め込みの形。あんなにいろんな種類があるんですね。

2本目の決まり手ですが、沼先生のシャイニングウィザード連発にはびっくりしました。
野橋の低空ドロップキックもビッシビシ決まってました。

後輩チームは3本目でスープレックス大連発。拳王の投げっぱなしに、塁のジャーマン、これで決まるかと思った拳王のドラゴン。
塁はジャーマンに定評がありますが、拳王のファルコンアローもめちゃくちゃキレイ。
キレイといえばなんといっても拳王のハイキック!左を沼先生に当てて右を野橋にかわされてそのままぐるっとまわし蹴りで当てるんですよ!これはもう何度見ても惚れ惚れします!
でも1本目で沼先生が胸へのキックを何度受けても倒れなかったのには意地を感じました。さすがみちプロ一固い男。
最後の側頭部へのハイキックはまさに必殺技!撃沈した野橋は拳王のマイクが始まってもしばらく起き上がれませんでした。

マイクでは拳王がチャンピオンとして大釜に帰って来れたことの喜びをアピール。「この体育館は最高だ!」とホントに嬉しそう。
と、突然場内に鳴り響くハードロックハレルヤ。騒然とする場内。急いで荷物を抱え込むお客さんも。
登場したのは…ハヤトだー!試合終了後ということで、まさに誰もが予想していなかった登場。
「何しに来た」という野橋に「呼ばれたから来たんだよ!」というハヤト。(そりゃそうだ)
で、何しに来たかというと、まずはここでも野橋と塁を九龍にしつこく勧誘。いつもなら歓声もあがるのに、OOGAMANIAということで「えー?!」という声が大多数。
「まあ、OOGAMANIAもあるだろうから…」とそこらへんはハヤトもわかっている様子。
そして話は後楽園のタイトルマッチへ。「おう、そのベルト、必ず取り返してやるよ」と言うハヤトに「矢巾のときみたいにならなきゃいいけどな!」と返す拳王。
ところで…「なんで俺の試合組んでないのよ?」「だって来るの知らなかったんだもん」
「じゃあ次は俺の試合組めよ」「わかった。次回、2月!」おお!早くも次回大会決定か?!「2月。のいつか」
というわけで2月のいつかOOGAMANIA12開催決定!ハヤトの参戦も決定!「2月全部開けとけよ」とはハヤトの命令です。
「それとトークショーやるんだって?」「しかたないなー俺も行ってやるよ来るなって言われても行くよ」急遽ハヤトの参加が決定!
「じゃあ残りのチケット、お前が売れ」急遽ハヤトのバイトも決定!
「ついでだからサイン会もやってやるよ」とまあハヤトの乱入もありつつ。
「OOGAMANIAは永遠に不滅だー!」

全試合終了後は恒例の集合写真撮影。続々とリング前に集まるチビッコたちと大きなおともだちのみなさん。
「子ども達を前にー!大人の方は後ろにー!大人の方ー!お願いですから空気を読んでくださーい!」野橋…がんばれ…。
ロープによりかかる拳王。の手の指を1本ずつ両手で握るというよりぶら下がる二人のチビッコ。されるがままの拳王。
撮影が終わり、ようやっと拳王の指を離すチビッコ二人。拳王、チビッコ二人の頭をナデナデ。
他のチビッコにも群がられる拳王。
リングから降りてもファンに群がられる拳王。
今回拳王がファンと接している場面に初めて遭遇しました。
いやあ。好い感じでした。ニコニコしてました。引っ込むまでの道のりが長そうでした。

ハヤトのサイン会は相変わらずの大盛況!
今回もハヤト缶が販売された模様。あれは何が入ってるんだろう?

会場の外では募金箱を持った野橋と塁がお見送り。

今回は1試合のみでしたが、イベントを試合と称したりと、工夫が凝らされた楽しい大会でした。
夏に開催された前回より今回の方がみっちりに感じたのは厚着ゆえに荷物が多くなる冬のせいか。
CSの格闘技チャンネル以外の報道陣も入っていましたし、前々日はサンスポにも取り上げられていましたし、そのうち入場すら難しくなるかもしれませんね。会場自体がブルーシートに座れないから壁に寄りかかって…というほど広くもないので。

そうそう!サスケが来ていたようです!試合開始前に「サスケだ」というお客さんの声が聞こえてきたんですけど、てっきりニセモニかと…。ときどき出現するので。ニセモノが。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2009.12.06(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード