« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2009/11/15(日)みちのくプロレス「仙台大会」@仙台港アクセル

東北ダッグ選手権に宇宙大戦争ときたら行かないわけにはいかないでしょう!

会場は、三井アウトレットパークというショッピングモール?の隣。観覧車が見えます。駅から全然余裕で歩ける距離です。
売店は会場の外。みちプロの他にウルトラマンロビンや網地島プロレスのグッズなども売られていて、ロビンがお客さんに囲まれていました。みちプロの売店ではヤッペがサイン会に立ちました。練習生君の「小さいお友達から大きいお友達までぜひご参加ください」という呼び込みには笑ってしまった。
会場内は自然光が入らないつくりで壁が黒いので「プロレス会場」といった感じ。入り口側が北で、西だけ奥に長い。一応、西が正面扱い。北と東の間が赤コーナーの花道、東と南の間が青コーナーの花道。

定刻に沼ちゃん登場。本日は初の防衛戦ということで大変緊張しているらしく、歌声もイマイチというか…私は気付いてしまった…Perfume方式だったということに!つまり、CDリリース時より歌唱力はアップしているということですね。

対戦カード発表、すぐに試合開始。

1.15分1本勝負
○剣舞(10分25秒、片エビ固め)梶原慧×※空中首絞め落とし
※デビュー初勝利
梶原選手、黒くてムキムキで強そうです!
開始前に握手を交わす二人。序盤はグランド中心で剣舞のスピードが生かせない。
見たまんまというか、力ではかなわないという感じで、重そうなパンチやキックを受けて悶絶する剣舞。その上梶原選手は飛び技もできるときた。
これまで以上に苦戦する剣舞。しかし終盤になって619を決めて盛り返すと、梶原選手の首に足から飛びついてそのまま垂直に落下。そのままスリーカウント。最初、剣舞が技をかけられたのかと思って、なんでスリーカウントが入って剣舞がすぐに立ち上がって両手を挙げたのかわかりませんでした。なんだあの技?!
ともあれ剣舞初勝利です!ついにやりました!おめでとう!梶原選手もありがとう!

2.20分1本勝負
○フジタ"Jr"ハヤト&ken45゜(13分15秒、体固め)ヤッペーマン1号&×2号※ヘルム
ハヤトが2試合目ってのも珍しいなあ。
リングコールでポーズを決めて二人を挑発するヤッペーマン。を見て手を口に当てて「はずかしー」(聞こえなかったけど絶対そう言ってた)とken。サルサ軍団も大概だろ。
相手が相手なだけにわりとシリアスな展開。ヤッペーマンの二人も本気モード。だけどやっぱりコスチュームのせいでコミカルに見える。
ヤッペーマンがコールを煽るも、相手がハヤトなのでイマイチ盛り上がらない。近くにいたチビッコもハヤトを応援してたしな。
エプロンで控えているときの2号は声がよく出ている。が、エキサイトしすぎることもあり、レフェリーに注意されることもしばしば。そんなタイミングを見計らってkenは1号の急所にグーパンチを叩き込んだ!してやったりという顔で鳩尾に腕を立ててグイグイと上下させるken。にくたらしい!それを見た2号はますますエキサイト。「俺なんか見なくていいからあっちを見ろよ!」まったくだ!
ヤッペーマンからkenへの高速連携技や場外への同時フライングアタックとお決まりのムーブが飛び出し、リングに戻したハヤトをコーナーに追い詰めてアタックを仕掛けるも迎撃される。何度やっても迎撃される。逆にそのまま1号が追い詰められ、やっとの思いで2号にタッチして、「よっしゃー!」と勢いよく飛び出すも、結局ハヤトのヘルムの餌食に。あーあ。
ところで九龍はヤッペーマンは眼中に無いんだろうか?野橋や塁を勧誘するよりよっぽど可能性があると思うんだけど。

3.20分1本勝負
○野橋真実(11分26秒、逆打ち)日向寺塁×
ミスター正規軍と正規軍のホープの対決ということで、野橋先輩が若い日向寺に胸を貸すようなさわやかな展開を想像していたのですが…
のっけから激しいぶつかり合い!そして塁は野橋が痛めているという左膝を徹底的に狙います。終始塁のペースで野橋にとってかなり苦しい展開。
野橋もダイビングヘッドバッドにトペコンヒーローと決めるところは決めていきますが、コーナーポストに座らされて首を抱えられて雪崩式で背中を打ち付けられるという大技(なんていうの?)を喰らってしまい、こりゃ野橋ダメかあーと思ったら最後の最後に野橋が逆打ちで決めました!剣舞といい、試合はどうひっくり返るかわかりませんなあー。
負けたとはいえ、ここまで攻撃的な塁も見たことないし、ここまで塁ペースな試合も見たことないや。ちょっと衝撃的でした。
試合後、kenとハヤトが登場。「正規軍にいたってこれ以上どうにもならないぞ。お前らが入れば九龍は晴れて9人になるんだ。九龍でのし上がっていこうぜ!」と再び勧誘。当然のように二人は拒否。野橋と塁はお互いの手を掲げ合い、仲良く退場していきました。
どうでもいいけどハヤトはサンタ帽をかぶってきたのかと思いました。日の丸モチーフのタオルを頭に巻いてたんですけどね。

休憩時間。売店ではハヤトとkenのサイン会が行われました。
会場内に戻るとパンチさんがリングに登場。みちのくエンタテイメント主催で行われる格闘家・山本"KID"徳郁選手のトークイベントの告知です。
「司会を頼まれたけど、当時、仕事上PRIDE側の人間だった自分はK-1のKID選手のことを何も知らない。しかもKID選手喋らなそうじゃない?そこで助っ人を呼びました」と助っ人が登場。ハヤトです。
「はたして助っ人になってるがどうか…」はにかむハヤト。
「当日は司会のつもりで頑張ってよ」「はい、がんばります」(小声で)
プロレスモードじゃないハヤトは、礼儀正しい好青年ですね。なごむわー。

4.30分1本勝負
○拳王(2分57秒、体固め)ラッセ×※膝蹴り
ラッセ入場、「なんでラッセ黒いの?」というチビッコの声が。そうか、青ラッセは仙台初登場か!
拳王はかなりじらして入場。拳王の視線の先はハヤトただひとり。セコンドにつくハヤトもラッセより殺気立っていて今にも飛びかりそうな勢い。
試合開始、序盤にラッセが絞めにかかり、拳王がロープにエスケープするシーンがあったものの、拳王はラッセの技をろくに受けもせず、あっという間にのしてしまいました。
最後はへたりこんだラッセの頭を掴み「よーく見とけよ!」とハヤトを挑発し、ラッセの頭部に強烈な膝を叩き込んでフォール。
ついにハヤトはリング内に飛び込んできました。一触即発な両者をセコンドが抑え、「後楽園覚えとけよ!」と拳王。
入場時といい試合後といい、拳王の眼中にラッセは全くなかった模様。かわいそうに…。
でもあえて聞こえてきたお客さんの言葉を借りて言わせてもらうと「勝てるわけねーだろ!」
ところで「ヘルム」の呼称にはクレームが入ったのだろうか。

?宇宙大戦争仙台初上陸!!?
5.時間無制限1本勝負
佐藤秀&○佐藤恵(15分41秒、体固め)ザ・グレート・サスケ&ウルトラマンロビン×※凍結スプレーでロビンを凍らせる
(メフィラス星人とゼットン乱入)
まずはサスケロビン組が入場。ここで花束贈呈。花束を持つロビンさん。なんとシュールな。
そしてバカ兄弟、手にはラダー2脚・鉄板(なにかの看板)などなど両手に抱えきれないほどの凶器、そして磔用の鉄製の十字架を持って入場。「この十字架にサスケを磔てやる!」と客席にアピール。
試合開始、ロビンさんも奮闘。しかしあまりにも完成度の低いダブルラリアットにお客さんからは半疑問形の歓声が。
試合は当然のようにリング外へ。恵対サスケから逃げていたら後ろからロビン対秀が!逃げつつも見失わないように私も急いで追います。会場外に出るかと思ったら出なかったのは、どうやら止められたようです。
基本的に恵対サスケ・秀対ロビンの戦いに。サスケがお客さんのTシャツ?を拳に巻いて殴りかかってたけど、それって効くの?
先日の滝沢大会と違って凶器になるものがとくにないので基本肉弾戦。もちろん台車は登場しましたが。
キレーに場内一周してリングイン。ほどなく「5分経過」って5分もやってたのか!
恵から竹刀攻撃を受けたサスケは「痛くないぞー!」と気合一発。何度やられても「全然痛くないぞ!竹刀でも鞭でもなんでも持って来い!」バンビ様!出番です!
逆に恵から竹刀を取り上げたサスケは恵のハゲ頭に一発お見舞い。
いつの間にかリング上には、2脚の椅子が向かい合わせに並べられていました。その上でサスケに脚を支えてもらい逆立ちするロビンさん。そして2回ほど腕立てしたところで「なにやってんだー!」と秀の蹴りがロビンさんの腹に炸裂。サスケを巻き込んで倒れるロビンさん。
しかしサスケはあきらめない。佐藤兄弟が持ってきたラダーを手にすると、ラダーで秀をぶっ叩く!秀はそのままラダーを首で担ぐ形に。そして恵も同様に。フラフラと足元がおぼつかない恵はその場でぐるぐると回転しはじめたところでタイミングよくラダーがサスケの頭を直撃!よろけたところで今度は同じように秀のラダーがサスケの頭を直撃!相当なダメージを受けるサスケ。ある意味自爆。
サスケはついにオブジェ製作に取り掛かる。ラダー2脚を立て、その上にパイプ椅子を2脚乗せ、青いネットをマントのように羽織り、ラダーの天板にのぼったあーおちたあー。なんだったんだ…。
崩壊したオブジェの下敷きになったサスケを捕まえると、クランプ?ていうの?を肘に装着し、これで終わりだあーとサンドイッチラリアットを仕掛けるもサスケがよけて誤爆。
サスケはクランプを奪うと自分の肘に装着し、コーナーポストに立ち、ラムジャムをアピール!しかしあえなく妨害に遭い、ひきずり下ろされる。
そこにメフィラス星人とゼットンが乱入!ロビンさんが応戦するも、バカ兄弟が取り出したのは…キンチョール?アースジェット?じゃなくて、「これで凍らせてやるー!」と、コールドスプレーのようなもの。それをサスケめがけて吹き付ける兄弟&怪獣。サスケをかばい、みるみる凍っていくロビンさん。サスケは難を逃れたものの、ウルトラマンポーズのまま完全に凍ってしまったロビンさんを恵がフォールしてバカ兄弟の勝ち。
凍ったロビンさんを3人がかりで拉致する恵&怪獣たち。いかんせん凍っているのでリングから下ろすのに苦戦している。むしろ試合より苦戦している。リングから下ろしたあとは台車に乗せられてガラガラと運ばれていきました。
リングに残った秀「なんなんだこの試合はよー!」どっと笑うお客さんに向かって「おまえら笑ってるけどよー本当は少し怒ってるだろ?」更に笑うお客さん。
恵がリングに戻ってくると「まあいいや、ロビンをさらったぞ?どうするんだ?」「ロビンさん!必ず後楽園に助けに行きます!」間髪入れず「今すぐ助けに行きゃいいだろ!そこにいるんだからよー!ってちょっと見えてるじゃねーか!」入場口からチラリと覗くロビンさんの勇ましい掌。
「後楽園、俺は変身する!ウルトラ・サスケ・タロウに!」おおお!
「そして強力な助っ人を呼んでいる!」とサスケ。
「プロレス会一のUFO研究家である私のパートナーはプロレス会一の怪獣研究家だ!」もったいぶるサスケに「だから誰なんだよ早く言えよ」
「獣神サンダーライガーだ!」おおおおおおおおお!これはすごい!まともなルックスの人がひとりもいない!
最後にサスケは「俺は巨大化する!」と宣言。
こうして宇宙大戦争は無事開戦を迎えたのでした。
しっかし宇宙大戦争がここまでコントだとは思わなかった。

?東北タッグ選手権?
6.時間無制限1本勝負
○南野タケシ&大間まぐ狼(22分31秒、片エビ固め)気仙沼二郎&大柳錦也×※ジャーマンと喉輪落としの合体技
※第13代王者組初防衛に失敗、挑戦者組第14代王者に
コミッショナー宣言・ベルト返還に続いて記念撮影。
先発は大柳とまぐ狼。まずは大柳ペースで探るような間接の取り合い。
南野と沼先生に変わると打ち合いに体当たり合戦と一挙にヒート。沼先生はヒップアタックに気仙沼落としも決まって絶好調!頭突きも冴えてます。南野も負けずにデスバレーで応酬!
キャリアもあるし受けに定評のある沼先生に「うまい」南野と大柳。そしてふたり旅シリーズとはうってかわって、出番も多くがんばるまぐ狼。結果がまるで読めません。攻防も一進一退です。
沼先生大柳は、場外に落ちた南野まぐ狼めがけて、同時に渾身のフライングアタック!
レフェリーだけとなったリング上では場外カウントが進みます。
再びリング上に各選手が戻るとすぐに南野が沼先生を蹴落とし、戦いは大柳対まぐ狼に。南野は沼先生をしっかりガード。その間にまぐ狼が徐々に大柳を追い詰めます。
大柳のピンチにカットに入るもののその度に外に出され、沼先生の動きが鈍ってきたところで、ここが勝機と拳を翳し合う二人。そしてジャーマンと喉輪落としの合体技でフィニッシュ!

やりました!新チャンピオンです!
他団体でもタッグで参戦していることを考えると、獲るべくして獲ったというか、やはりタッグベルトはタッグ屋が持つべきだと思います!みちプロには他にもタッグ屋がいますが、佐藤兄弟は特殊だし、ヤッペーマンはみちプロ限定なので、みちプロのタッグ屋といえば!という存在になって欲しいです。
この試合ではセコンドの介入が一切なかったので心から言えます。おめでとう!

試合後、マイクはなくともコーナーポストに昇りアピールするふたり。

リング上に集まったセコンド陣に見守られる中、新崎人生コミッショナーから認定証・トロフィー・タッグベルトが渡される。
ken、まぐ狼から認定証を受け取るとそのままラッセに渡して「よかったな」ポンポンと頭を叩く。いやベルト獲ったのラッセじゃないから!ラッセ関係ないから!
そして九龍全員で記念撮影。
まぐ狼、ベルト失くさないように気をつけてね!

全試合終了後、売店では新タッグチャンピオンの南野まぐ狼組のサイン会が開催されました。この二人は表情崩しませんねえ。とくに南野。
ハヤトやkenだとサインしている姿を撮影している人が結構いるのに、南野やまぐ狼だと誰もいない。人気がどうのじゃなくて単純にこわいのかなと。

特別参戦した若手選手は撤収作業もするのですが、撤収作業はちょっとしたお客さんと選手とのふれあいタイムでありまして、そのときにお客さんに囲まれている姿を見るとなんだか嬉しくなります。別にファンじゃないどころか私だって初めて見た選手なのにね!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2009.11.15(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード