« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009/11/3(火祝)政宗デビュー10周年記念興行@八戸シーガルビューホテル

わたくし、恥ずかしながら今回の興行がきっかけで政宗選手のことを知りました。しかし今はとにかくなんでもかんでもプロレスが見たいという時期でありまして、行ってまいりました!

会場がホテルってどういうこと?宴会場ででもやるの?と思ったら、ナント、ホテルに体育館があるとのこと。
会場に到着すると開場したばかりのようで、結構な人が並んでいました。
体育館は建物自体がホテルと別。ホントに、学校にあるような体育館。入り口側が正面、その後ろが売店。早くもGamma選手が売店に立って威勢よく声を上げていました。菊タローさんも現れたのですが、それを見たお客さん「大阪プロレスの…エピスマン?」ちょっとちがくない?

試合開始に先立って地元の格闘技クラブのエキシビジョンマッチを5試合ほど。政宗選手の後輩などもいたようです。

これもあったので定刻を15分ほど過ぎたところで試合開始。政宗選手から開会の挨拶。残念なことに音響がよくなくて声がとても聞こえにくい。

第1試合
○矢野啓太(7:30 変形アームロック)吉田孝志×
短期間で3試合も見ればすっかりおなじみの矢野選手。矢野山脈も黒いマニキュアも意識して見れました。
吉田孝志選手はいまどき珍しく?昔の全日選手よろしく股上の深いショートタイツ。
グラウンド中心の攻防で、わりと前の方に座ってしまった私はよく見えませんでした。しまった。しかし素人目に見ても矢野選手の攻戦一方。矢野選手はときどきラフファイトが出ますね。顔面掻き毟ったり。でもリングのまわりを一周してお客さんとタッチしてからリングインしたり、試合後もお客さんのペットボトルを勝手に飲んだりと、フレンドリー?でした。

矢野選手、自分の試合後は、セコンド業務やみちプロでいうところの練習生君の役割を積極的にこなしていて、すごく好印象でした。
休憩時間にはお客さんから「試合よかったよ!」と声をかけられていました。
なんだか見れば見るほど好きになるなあ?。

そういえばみちプロの練習生君がひとり借り出されていました。がんばってました。

第2試合
○大石真翔、野橋真実(13:29 エビ固め)円華、神威×※ミラクルエクスタシー
野橋の外部興行参戦の試合観戦は初です。なんだか不思議な感じ…。もちろん大石・野橋組を応援です!入場曲として大石選手と野橋選手の曲が同時に流れたのには興奮しました!
大石選手、控えてるときもずっと大きな声を出していて、すごくいいなと思いました。
野橋は体ごとぶち当てる系の技が光りますなあ?鉄球が飛んでくるようだわ。
両チームともこれといった連携は見られませんでした。
が、応援していた大石・野橋組が勝ったので嬉しかったです!やっぱり応援するチームが決まってると観戦にも熱が入りますね。
試合後に、コーナーで両手で握手を交わし深々と頭を下げあう大石選手と野橋選手。大石君に野橋先生というような光景ですが、なななんと大石選手の方が4つも上なんですね!実はコールのときに顔を見て「あれ、大石選手そんなに若くなくなくない?」とは思ったのですが。

第3試合
3wayマッチ
○アップルみゆき(11:42 スクールガール)怨霊×菊タロー×
アップルみゆき選手が元気よく入場!おお、入場曲はマキシマムザホルモンのセフィーロですか。ボンテージ風コスチュームにどきどきです。
続いて怨霊選手が入場。エクトプラズムがすごい!花道やリング付近のお客さんがむせ返ってます。リングインしてからのなめらかな匍匐前進はエクトプラズムのなせる業か。
最後に菊タローさん。扉が開いた先にはどう見てもお客さんな女性が二人。の後ろに菊タローさん。そそくさと客席へ戻るお二人への拍手を煽る菊タローさん。お二人とも恥ずかしそうでした。
三人揃ったところでレフェリーが「OK?ファイト!」と言うやいなや「OKじゃないよ!」と菊タローさん。怨霊を指して「こんなおそろしい格好の人が母を訪ねて三千里で入場してくるとはどういうことだ!」と抗議。

※話の途中ですが抗議内容の裏話は以下のブログ記事をどうぞ。是非。
夢見るインディさんコレコレ

そんなことはどうでもいいと、あらためて「OK?ファイト!」またもや「勝手に始めるな!」今度はアップル選手に向かって「奈良出身のクセに!」と抗議したところで「時間押してるから」という抗いようのない理由で試合開始。
ようやっと組み合ったと思ったらエクトプラズムにむせる選手のみなさん。このエクトプラズム、本人にとっても厄介なのか、中盤にリングアウトした怨霊はお客さんに嫌がらせをするかのように丹念にエクトプラズムを払い落としていました。
試合は男対女といったところで、リング上で辱めを受けるかわいそうなアップル選手。とにかく菊タローさんがサイテーでって一緒になってやってる怨霊もサイテーだけど、「男性の皆さん!はずかし固めを見たいですか?!」と煽ってのはずかし固めや(しかし違う方に向かってやったから全然見えなかった。チッ。)、怨霊からキャメルクラッチをかけられているアップル選手にずりずり迫ったりとやりたい放題。でも「お子さんの視線に気をつけてください!」と気配りも忘れません。しかし気絶したアップル選手を前に手をわきわきさせてコスチュームのパンツを下ろしてアンダータイツ丸出しでってのはお子さんに説明がつきません!その姿をアップル選手の悲鳴を聞きつけたレフェリーに見られて「あっ!ちがうんです!」と言い訳する菊タローさん。
菊タローさん、アップル選手を捕らえると「長らくお楽しみいただいた試合もこの技でお別れしたいと思います。ブレーンバスター!」の声とともにアップル選手にスープレックスを決められる。あーれー。
こんなばかなことばっかりしてるかと思ったら菊タローさん、最後になって怨霊にシャイニング菊ザードを決めたー!が、アップル選手がふたりごと丸め込んで3カウント。
試合後のマイクはなぜか菊タローさん。
「みなさんちゃんと応援できるじゃないですか!第一試合第二試合と静かだったのでどうなることかと思いました。お気に入りの選手を見つけたらどうぞ恥ずかしがらずに、菊タローがんばれーとか、菊タローかっこいいーとか、菊タロー電話番号ーとか、声援を送ってあげてください」
いやはや素晴らしいマイクです。アンダータイツ丸出しのままだけど。

休憩時間。売店は各選手や所属団体のグッズやサインを選手から求めるお客さんで賑わっていました。
菊タローさんは自分のグッズ(タオル)を持って会場内を売り歩く。
「私のグッズを買うと大石君のグッズを買う権利が与えられます!」
ほどなくして全て売り切った菊タローさん、「やったー完売したーさあ帰ろう!」と言ってどこかに行ってしまいました。
休憩時間間もなく終了のアナウンスが流れてしばらくすると、帰ったはずの菊タローさんがアナウンス席にやってきて「おいおい早く始めろよ!押してるんだぞ!」それをニコニコとなだめる野橋選手。なだめられる菊タロー選手。「あれ?もしかして帰れと?」野橋、ニコニコしながら菊タローさんを会場外に誘導。菊タローさんは何処へ…。

セミファイル
VKF KING of WRESTLE NANIWA選手権試合
〇GENTARO(16:28 リングアウト)Gamma×
GENTARO6度目の防衛
挑戦者Gamma選手、竹刀とペットボトルを持って入場。リングインしてコーナーに駆け上がった勢いでペットボトルをリング下に落とす。騒がしい。
一方、チャンピオンのGENTARO選手はアクション漫画の無口なヒーローみたいに落ち着いた雰囲気。ベルトもよく似合います。
Gamma選手、あんな見た目ですが、コミッショナー宣言で見慣れない横文字に苦戦する八戸市議員先生?を
議員先生「キングオブ…」
Gamma選手「レッスルナニワ」
議員先生「レッスルナニワ」
といった具合に横からサポート。親切です。
試合はというと、選手権とは思えない、非常ーにコミカルな展開でした。
コール中の奇襲から始まり、紙テープが絡む中、早々に場外へ。そのまま体育館の扉を開けて外に出て行ってしまう二人。戻ってきたと思ったらGamma選手だけ。急いで扉の鍵をかけると場外カウントが進む中で余裕のリングイン。お客さんも開けていいものかどうか困惑。中学生くらいの男の子が開けたときにはすでにGENTARO選手の姿はなく、ホントにこのままリングアウト負け?!と思ったら正面入り口から戻ってきた!超ギリギリでリングイン!試合続行となりました。
Gamma選手の攻撃は非常ーに汚い!何が汚いって物理的に汚い!唾攻撃はよくあるとして、唾をふきかけた掌で顔をなでくりまわしたり、うがいしたドリンクを顔面にぶっかけたり、咀嚼したご飯を掌に戻してそれを相手の顔に塗りたくろうとして自爆したり。リングやらリングサイドやらにご飯粒が飛び散り、GENTARO選手の立派な背中にもご飯粒がくっついてて試合中も気になってしょうがなかったです。
こんなに汚いのにGamma選手の方が声援を集めています。それは元みちプロ所属選手だからです。
んでまた場外へ。今度は正面入り口から出て行く二人。またもやGamma選手だけ先に戻ってきて、GENTARO選手はというと、竹刀を無理矢理担がされたもんだから扉に引っかかって入れません。
セコンドの矢野&神威両選手の助けを借りてまたまたギリギリでリングイン!
怒ったGENTARO選手、Gamma選手の竹刀を奪い、場外でGamma選手をコーナーポストに追さえ付けると自分がやられたようにコーナーポストにGamma選手の両腕を竹刀で固定し(って矢野選手が固定してましたが)、とっととリングイン。
Gamma選手のリングアウト負け。リングアウトに始まりリングアウトに終わりました。
「反則だろー?!」と議員先生に抗議するGamma選手。「反則じゃないよな?」と議員先生の肩を抱き耳元で囁くGENTARO選手。議員先生…お気の毒に…。
無事、GENTARO選手の防衛と相成りました。面白かったー。三枚目なヒールは最高ですね!

メインイベント
×政宗(19:04 片エビ固め)TAKAみちのく〇※みちのくドライバー2
何故かそんな気はしないけど、TAKAみちのく選手を見るのは初。顔が小さいのか首が太いのか。そして色白!
政宗選手、入場コスチュームがかっこいい!そしてすんばらしく均整の取れた体ですね。
試合に先立ち、花束贈呈。プレゼンターには政宗選手の甥っ子さんが。
試合は、お互いにじっくりと攻め合う、静かに燃えるような展開でした。でもTAKA選手の高速エスケープにはびっくり。ああいうのはアリなのか!
そして凱旋試合だからといって勝つかといったらそういうことはなく、TAKAの必殺技みちのくドライバー2でフィニッシュ。
TAKAから差し出される手を勢いよく叩いた政宗選手はそのままリング内に留まり、息も切れ切れにマイク。
前日にお父様が体調を崩されて今日の大会に来られなかったとのこと。
「来年も八戸で興行して、そのときは父にも皆さんにもまた来てもらえるようにがんばっていきます!」

終了後は政宗選手が入り口でお見送り。たくさんのお客さんに囲まれて、写真にサインにと忙しそうでした。

いやー。面白かったです!色々な団体の選手が見れたし、多分、東北じゃまず見れないような選手も居たのではないかと。…そうでもないのかな?
そんな中でも見慣れた野橋選手がいるってのは安心するものですね。

言うのは簡単だけど、実際やるのは大変だけど、それでも言わせてもらいます。是非来年も開催を!
プロレス観戦記 | CM(2) | TB(-) 2009.11.03(Tue) 23:59

コメント

冥利に尽きます

私の自作編集に興奮したと言ってくれてそれだけで作った甲斐ありました。
また本文中でブログ記事までご紹介していただきありがとうございました。

2009.11.07(Sat) 00:34 | URL | インディ #VWFaYlLU[ 編集]

菊タロー選手のツッコミ、インディさんの記事を読まなければ理解し切れませんでした。単に怨霊選手の容貌と入場曲のミスマッチをツッコんでるだけなのかと思っていました。

タッグの入場曲は、ひいきの選手じゃない方の選手の曲だとほんのちょっぴりガッカリするので、mixはみんなが幸せな解決策だと思います!

2009.11.07(Sat) 22:01 | URL | nisui #-[ 編集]

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード