« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2009/10/3(土)みちのくプロレス「九龍プロデュース大会」@新木場ファーストリング

どうしても九龍による6人タッグマッチが見たかったので。
九龍Tシャツ着用者へプレゼントされた記念日…じゃなくて記念品は九龍ステッカーでした。
倉庫みたいな会場はすごく雰囲気ありました。明るい会場でしか見たたことないので新鮮です。
北側に入場ゲートがあって、南側が正面。自由席は南側のひな壇。近さより見やすさ重視ならリングサイドより、前列との段差がしっかりある指定席の方が良いと思いました。それか自由席で並んで前の方を狙うか。もちろん座高に自信があるならばその限りではありません。
指定席には若干余裕はあったものの、自由席は詰めて座るようにアナウンスされるほどの入りよう。立ち見も出たようで、九龍の人気の高さが伺えます。

試合開始前はずっとジャパニーズレゲエが流れていました。ハヤトの趣味ですかね。どうせなら九龍全員でセレクトして欲しかったなあ。まぐ狼の趣味とかすごく気になるんだけど。

定刻に試合開始。選手入場は九龍のみ。
挨拶は黒ラッセ。「お前ら!今日はたくさんのご来場ありがとうございます!」お客さん大失笑。おまえはだめだとあらためてハヤトから挨拶。
退場する九龍、一緒に退場しようとするラッセに「マイク片付けとけよ」と命令するハヤト。ひとり取り残されてマイクを片付けるラッセ。ラッセの九龍での立ち位置が見えてきました。

1.「レスラーvsカニレスラー」
○ザ・グレート・サスケ(8:10卍固め)愚乱浪花●
タイトルどおりランディバージョンで登場。愚乱浪花は初めて見るレスラーです。かに道楽がモチーフなんですね。
すごーく地味であっさりとした試合でした。
浪花のカニ歩きエルボー?を膝を立てて反撃。サスケの卍固めに浪花がタップして終了。
愚乱浪花って佐藤兄弟とひとつしか違わないのにキャリアにすごい差があるんですね。

2.「黒い黒豹!ラッセ九龍入り祝福3WAYマッチ」
ラッセ対日向寺塁対剣舞
○ラッセ(11:06マバタキ)日向寺塁●、剣舞●※二人同時に丸め込む
剣舞・塁に続いてラッセ入場。その後をぞろぞろとついてくる色とりどりなラッセ。結局7人のラッセがリングインして一斉にラッセポーズを決める。「ラッセー」の声援にも全員が応える。「絶好調!」とノリノリ。
「ラッセだけがリングインしろ」というレフェリー命令に全員一旦エプロン下がるも、リングインしたラッセは顎鬚を指摘される。「ラッセだよ!」というその低音ボイスはどう見ても某中日ファンです。
続いてリングインしたラッセは頭が大きすぎてマスクが入りきれてません。(前見えてるの?)
ようやっと本物ラッセがリングイン。
試合はスピーディーで白熱した展開でした!中盤の塁が二人をばったばったとなぎ倒す様はすごい迫力!もしかして剣舞がラッセを?と思うシーンもありました。
当初は正規軍二人に九龍ひとりでラッセ不利に思えましたが、試合中にレフェリーの目を盗んで入れ替わったり(でもすぐバレる)、塁への7WAYキック(エグすぎる…)といったその他のラッセのみなさんによる強力なアシストもあり、剣舞を丸め込む塁を更に丸め込むという漁夫の利の形で見事ラッセが勝利。ラッセはこめかみを指しながら「ココを使え」とアピール。
いやー面白かった!まさに「俺とラッセ」な試合でした。

3.「九龍城式覇唖怒虎唖(がうろんぜんしきハードコアマッチ)」
○ヤッペーマン1号、2号(17:28ダブルジャックナイフ固め)野橋真実●、大柳錦也
ヤッペはスチールバケツにおもちゃだのなんだのを詰めて入場。
同じく野橋もスチールバケツに掃除用具だのなんだのを詰めて入場。
最後に大柳が左手に包丁・右手に釘バットを持って入場。ヤッペどころかパートナーの野橋までビビリまくり。もちろんレフェリー命令により没収です。
誘導棒のチャンバラからのスタートはほのぼのとしたものでしたが、ヤッペが水鉄砲を取り出したあたりからヤッペの様子がおかしい。水鉄砲を客席に発砲してひんしゅくを買う。
2号が卓球セットを持ち出して野橋の頭に全段命中させたり、モップにまたがって飛ぼうとするあたりはまだかわいげがあるけれど、1号が電動ドリルを持ち出すと大ブーイングが発生。ヘルメットの上からとはいえ、本当に攻撃するもんだからヒヤヒヤしました。
エニウェアルールということで、5分ほど場内に選手もレフェリーもいないという自体が発生。お客さんも殆どが場内に残ってしまいおいてけぼり。
やっと戻ってきて、さあ野橋の反撃だ!と思いきや、ヤッペが持ち出したのはなんと幸せそうな野橋と野橋嫁(美人)のウエディング写真を貼り付けたボード!それを盾にされては野橋は太刀打ちできません。「野橋がやらなければ俺がやる!」という大柳先輩をも阻止する始末。
精神的ダメージを相当受けた野橋はもうボロボロ。ヤッペはリング中央に並べたパイプ椅子の上にボードをセットしてその上に二人がかりで野橋を叩きつけた!大柳は2号にロープでコーナーに括りつけられてしまいカットに入れず、1号が野橋から3カウントを奪取!
ヤッペは叩き割ったボードの嫁さんの方だけ持って逃げるように退場。
あんなに悪いヤッペは初めて見た。今大会1番のヒールっぷりに初めてヤッペを応援する気が起きませんでした。8人目9人目の九龍はヤッペ、君たちだ!
そういえば、ヤッペからの技を受けた大柳先輩、タイミングよくピコピコハンマーの上に落ちて「ピコッ」と鳴ってしまったのですが、レフェリーの佐渡さんも気付いたようで笑いをこらえきれていませんでした。どんなシーンでも厳しい表情の佐渡さんのあんな顔初めて見ました。

休憩終了後はサスケのトークショー。バイト先での怖い話やオカマバーのママから聞いた某選手の秘密などなど。途中で佐渡さんからの巻きが入りササッとまとめて終了。移動しただけの椅子を練習生君に片付けられそうになるハプニングもあり、あまり期待してなかったけど面白かったです。
直後にバカ兄弟が登場。当然のように話は宇宙大戦争へ。絶対やらないというサスケに絶対にやるというバカ兄弟。ただしウルトラマンロビンだけは願い下げだと釘を打って退場。
まあ、ともかくやるそうですよっていうか後楽園のタイトルがすでに「宇宙大戦争 再・再・最終決戦!!」じゃないですか。何を言ってるんだサスケは。

4.「日本拳法vs糖尿病」
○拳王(8:28体固め)気仙沼二郎●※右ハイキック
沼先生は相変わらず動きが軽くて良い。とはいえ拳王選手、危なげなシーンが全くありません。技とかきっちり受けるんですよ。(ちゃんと受けれる位置に戻ったしね。)しかしコーナーからのボディプレスもヒップアタックもどれもこれもあまり効いてる様子がなく…。さすがに頭突きは効いていたようでしたが。それと何度か膝を抱えましたね。痛めてたのかな?
最後はハイキックが沼先生の即頭部にヒット。ダウンした沼先生をフォールして3カウントだったけどKOも同然。ゴングが鳴ってもしばらく倒れたままでした。
もうにくらしいほど強い!

5.「ドラゴンへの道?WAY OF THE DORAGN?」
○フジタJrハヤト、大間まぐ狼、南野タケシ(18:16片エビ固め)佐藤秀、佐藤恵、Ken45°●※ヘルム
先に秀恵ken組が入場。考えてみたらこの三人での試合は初観戦。ひっかぶる水の量が増えるんですね…。
続いてハヤト南野まぐ狼組が入場。
お互いに握手を交し合ったかと思ったらなだれ込むように乱闘で試合開始。
序盤は秀が捕まる。秀恵ken組はハヤトを集中攻撃。3WAYキックまで飛び出していましたからね。
恵の口撃は仲間だろうとおかまいなし。
「九龍のリーダーはこんなものかあー?!」あれ、どっかで聞いたような…。
「おまえらハヤトを応援しろ!」あれ、これも…。
「何が九龍興行だー!」ってのにはちょっと胸が痛みました。
場外では三方向に散らばってひな壇最上段まで上がっての激戦。レフェリーはラッセに止めるように促すがラッセには成す術なし。もちろんリングサイドの椅子はめちゃくちゃで、戻ったときには一人分ほど位置がずれていました。
秀恵ken組はバランスよく出場してたけど、ハヤト南野まぐ狼組はどうしてもハヤトが目立ってしまいますね。攻めるのも受けるのもハヤトが主。でも南野のトペ初めて見た!普段飛ばない選手が跳ぶとびっくりするなー。
終盤はハヤトの独壇場。しかし!恵はヘルムを掴むし、kenはKIDを持ち上げるし、一筋縄ではいきません。
結局、kenがヘルムを食らい、ハヤト南野まぐ狼組の勝利。
呆然としてしまった。秀恵ken組が負けるとは思ってなかったもんで…ていうか、ハヤトがいれば勝ちなの?ハヤト秀恵組ならやっぱり勝つの?
結果はともかくとして、なんといっても仲良しヒールユニットですから、ぬるい試合になったらいやだなあとか思ってたんですけど全くの杞憂でしたね!見れて良かった!

メインマッチ終了後は再び握手でお互いを称えあい、ハヤトがマイクを持つ。客への謝辞に続いてハヤトの口から飛び出したのはリターンマッチ要請。
「俺にはベルトに挑戦する権利がある。12月の後楽園大会で拳王のベルトに挑戦したい」
拳王は「ハヤトくん!」とこれを快諾。
また新崎人生コミッショナーも「私の遺伝子は君たちにしっかりと受け継がれている」と了承。
12月の後楽園大会でのリターンマッチが決定しました。
最後は九龍全員で仲良く観客に水撒きをして大団円。(どんな大団円だ)

全試合終了後の売店では秀恵以外の九龍によるサイン会が行われました。
青ラッセとしては初のサイン会ということで大人気。青ラッセになった途端、口が悪くなったり冷たくなったりするんじゃないかと心配された方もいると思いますが、おそらく「相変わらず」ですのでどうぞご安心を。

メイン見たさに行ったけど、第二試合も第三試合も相当面白かった!こういった特別興行、また見たいです!

そんいや売店の横で別団体の興行のチケットを売ってたけど、そこで売り子してたのって卍丸のライバルの清水基嗣選手だよね???
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2009.10.03(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード