« 2020 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

いしがきミュージックフェスティバル

気仙沼二郎。
もちろん応援しに行きましたよ!ウケててホッとしました。
「海の魂」初めて聴いたけど、ど演歌な「俺の海」よりも歌謡色強くてまともにいいなと思った。
演歌なのに最前列ど真ん中にいるのは若者二人と男子小学生という。

花団。
初めて見るバンドのライブはそのバンドのファンを見るのも楽しみのひとつだったりします。とくに振り付けとかお約束があると、ファンにばかり目が行ってしまうことも。
ムード歌謡調の曲のときに1分としてステージ上に留まらないボーカルには目もくれずステージを向いたまま顔色ひとつ変えずドゥワーとかやっていたお二人さん、じろじろ見てすみませんでした!

ワタナベイビー。
ソロのワタナベイビーとしてではなくホフディランのワタナベイビーとしての登場だったわけですね。まさかまさか全部知ってる曲だとは。

フラワーカンパニーズ。
生きていてよかったーはラジオから流れてくるとなんともいえない気分になるけど、ナマで聴いたら感動してしまった!

地元のネオロカバンドを見ていた年配のご婦人が「上手ねえ」とたいそう感心されていました。
あのくらいのお歳の方って意外とロックンロールに抵抗が無いんだよね。青春時代がピュアロカ全盛だから?

なんで今年は全会場無料にしたんだろう?
「まち興し」に主眼を置くと有料の方がおかしかったのか?
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2009.09.12(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード