« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2009/9/5(土) みちのくプロレス「東北ジュニアヘビー級タイトルマッチ」@矢巾町民総合体育館

外は肌寒くても中は暑くて長袖なんか着てかなくてよかった。

パンチさんも言ってたけど、鉄人巡業ではそれなりに淋しい客入りを見ていたので、客入りに驚くやらホッとするやら。矢巾ならこれが普通なんでしょうが。

試合に先立ち、みちのくプロレス新体制の発表。新崎は社長を退任、サスケが社長に復帰、新崎はコミッショナーに。
知事選後すぐに復帰すべきだったが大敗を喫してしまい、やっと身辺整理が終わりこのタイミングになったとのこと。
新体制でのみちプロ、楽しみです。

1.15分1本勝負
○大柳錦也(6分12秒、欧州式エビ固め)剣舞×

剣舞は今回も結果を残せず。でも声援は剣舞の方が多かったぞ!私も中の人のことを知ってから剣舞を応援しています。中の人のブログの最後の記事にグッときたのです。がんばれ剣舞!

2.20分1本勝負
×ラッセ(2分56秒、羽根折り固め)南野タケシ○

南野(髪が黒くなってた)は青ラッセマスクを持って登場。まーだーやーるーのーかー。マスクはコーナーポストに。
今日こそ強いラッセを期待していたのですが、お互い見せ場も一切なく、なんだかよくわからないうちに試合が終わってしまった。南野には、えっ、それ避けちゃうの?!ってシーンがあったし。
もう聞き飽きたラッセ勧誘のマイクアピールも南野が言うと違う。
「お前の気持ちは俺が一番良くわかっている。そんな中途半端な気持ちで正規軍にいたってどうしようもないだろう」
過去、迷走していたという南野の姿が重なって…。
いい加減、絶不調なラッセを見るのがツラくなってきました。

3.30分1本勝負
野橋真実&○日向寺塁(9分22秒、羽根折り固め)ヤッペーマン1号&2号×

ヤッペがコールを煽ると野橋や塁もコールを煽り、結局野橋や塁へのコールの方がでかくてヤッペ困惑。
野橋から「握手から仕切りなおそう」と提案するも、訝しがるヤッペ。3回拒否されてキレる野橋。握手はどうしたんだ。
お約束だろうけど、リング中央で全員放射状に倒れて3カウントで一斉に起き上がるのが面白すぎるー。
今回もヤッペはみちのくの平和を守れませんでした。ヤッペと戦うと正規軍でも対戦相手が悪者に見える。
野橋と塁がこんな試合をできるとは知りませんでした。まさに明るく楽しいプロレス!

4.30分1本勝負
×ウルティモ・ドラゴン(11分09秒、反則)ken45゜○
※ドラゴンの竹刀攻撃がレフリーを誤爆

いきなりマイクを持つ校長。
「おい!坂井!」と、今回の対決に至った経緯をおさらい。
どう考えても校長が勝つだろうと思っていたら序盤からの場外乱闘で九龍が校長を袋叩きに!
リングに戻ると校長が反撃開始。しかしリング上でも九龍の邪魔が入り、アサイムーンサルトを阻止されたり、挙句竹刀が登場。しかし佐藤どっちかの竹刀がkenに誤爆。
こうちょう は しない を てにいれた
お返しとばかりにkenめがけてスイングした竹刀がななんとレフェリーに誤爆!ノーレフェリーのまま試合は進み、校長がkenをフォールするも、意識を取り戻したレフェリーが校長に反則負けを宣言。
ken全然勝った気しないだろうなあ。試合後も舌好調な校長。
校長「今日の試合のパンフレットを見てお前の今の名前を覚えたぞ」
ken 「言ってみろよ」
校長「けんよんじゅうご!」(客から「よんじゅうご ど だよ」という訂正が飛ぶ。)
ken 「ケンフォーティーファイブだよ!」
校長「なにがケンフォーティーファイブだ、このアメリカかぶれが!じゃあお前は英語が喋れるのか?キャンユースピークイングリッシュ?」
ken 「イエス…アイ…ドゥー?」ドゥーじゃなくてキャンだとおもいます。
校長「その程度なら中学生でも喋れる!」
さあ校長止まらなくなってまいりました。
校長「でもお前のお姉さんはアメリカにいるんだよな」
校長「お前が闘龍門にいた頃…」
ここらへんでセコンドにいたバカ兄弟が呆れ顔で引っ込む。
校長「「校長!今度姉の結婚式があるので行ってもいいですか?!」「おういいよ。いつ日本に帰るんだ?」「いえ、アメリカです。○○(忘れた)にいます」」
ken 「人の家庭事情までばらしやがって…ねーちゃんはアメリカにいるよ。でも今は○○じゃなくてサンディエゴにいるんだよ」
校長「サンディエゴでもロサンゼルスでもどっちでもいいよ」
そんなこんなで華井の秘密は翌日の仙台に持ち越されることに相成りました。
それにしてもこの試合、kenだの坂井だの華井だのパイナップルだの、いつも以上に(色々な)声援が飛んでいてkenさん大人気。レフェリーにまで「坂井!」って言われてたし。

5.45分1本勝負
ザ・グレート・サスケ&新崎人生&○気仙沼二郎(10分42秒、回転エビ固め)佐藤秀&佐藤恵&大間まぐ狼×

沼二郎復帰戦!サスケは今回もランディでした。沼二郎さん、大分シェイプアップされたようで。ヒップアタックも絶好調!
当然のように場外乱闘。かなり派手に暴れていた模様。(よく見えなかった)
リングではサスケがかなり長い間攻撃を受けていて、客からの「ランディ」コールにボソッと「こいつのどこがランディなんだよ」という秀の的確なツッコミが。
秀といえば、ステップキック(これ技名無いの?)の前のアオリの反応が悪くてやり直していた。あと「バカー!」「死ねー!」と言いながら攻撃を繰り返す様が子どもみたいで妙におかしかったです。
沼ちゃんの気仙沼落としは邪魔されて決まりませんでした。でもまぐ狼とのフォール合戦を制して沼先生の勝利。おめでとう!
今回は場外乱闘がよく見えなかったせいか、バカ兄弟の印象が薄くて残念。恵なんかなんにも残ってないです。退場時の悪態っぷりがすごかったくらい。こえー。考えてみれば勝った試合しか見たことなかったなあ。
でもコーナートップからのタブルのフットスタンプも見れたし、まぐ狼との3WAYも見れたし、新崎の拝みも見れたし、サスケのラムジャムも見れたし、ひととおりは見れたからいいや。

6.?東北Jr.ヘビー級選手権?
時間無制限1本勝負
<王者>×フジタ"Jr"ハヤト(25分58秒、KO)<挑戦者>拳王○※右ハイキック
※第11代王者3回目の防衛に失敗
※拳王が第12代王者になる

初夏からみちプロを見始めた私にとって拳王は全くといっていいほど知らない選手。「みちプロ所属で現在修行中」程度の知識しかありません。
当然、数年前からのみちプロファンにとってはそうではなく、紙テープの量にも声援にも驚いた。
そして一番驚いたのが拳王の体つき。拳王がガウンを脱いだら会場があきらかにざわついたもの。
「そんな帰ってきてすぐにベルトを獲れるわけがない。どうせハヤトが勝つだろう。」という考えが一瞬で吹き飛んでしまった。むしろ今のハヤトのその体で拳王のあの体にどうやって勝つの?と思ってしまった。

試合開始。両者、拳を構えステップを踏む姿に早くも「格闘技じゃないんだぞ」「プロレスしろ」といった声が飛ぶ。
序盤はまさに格闘技然とした蹴りが中心の攻防が続く。会場もなんだか変な雰囲気。
しかし拳王がプロレス技を見せ、ハヤトをガンガン押し始めたあたりから会場も徐々に熱を帯び始める。
ハヤトは腹を押さえ、余裕が全く見られない。逆に拳王はまだまだ余裕の表情。
そんな拳王の口から出たのは「ここのチャンピオンはこんなもんかあー?!」
その声に煽られたようにハヤトへの声援が一斉に飛ぶ。どちらを応援するつもりもなかった私もムカっときて、なんだかみちプロ自体をバカにされたような気がして、思わずハヤトに声援を送ってしまった。
防戦一方に見えたハヤトも中盤から反撃に出て、強烈なキックやKIDを見舞う。KIDのときはこれで決まるかと思ったけれど、拳王はかなり時間をかけてエスケープ。
しかしハヤトのフィニッシュムーブのヘルムが出て、ああ、終わった…と思ったらなんと返した!あとはもう拳王が一気にたたみかけ、ハヤトからダウンを奪い10カウントでKO勝利。

まさかの、しかし納得の結果でした。本当に誰も文句の付けようのない勝利でした。
打撃中心、特にキックを多用したスタイルは拳王もハヤトも同じですが、同じスタイルだからこそ違いがわかりやすいし、更に拳王からはロープを使った飛び技こそ出なかったものの、エプロンやコーナートップからの飛び技が出て、それだけでも「おおっ」と思ってしまいました。
試合もすごかったけれど歓声もすごかった!今回の試合だってメイン以外はいつどおり控えめな感じだったのに、メインは本当に全員同じ客かと思うほどの大声援。ああいうのは東京だけかと思っていた。とにかく会場全体の雰囲気に毛が逆立ちました。

試合終了後も余力の見える拳王。ベルトを巻いて東西南北の客席にアピールする姿も堂々としたものです。
勝利者マイクでは「ハヤトからタイトル獲ったから次は九龍ぶっ潰す」というようなことをやわらかく言ったらリングに九龍が乱入。更に正規軍も乱入しての乱闘に。
そこで新崎が登場して「落ち着きなさい」となだめる。
そして「11/8の盛岡大会で正規軍対九龍でシングル対抗戦を行う」と発表。
続いてサスケが登場。その間に九龍は退場。退場時、ハヤトの客席に手を合わせて頭を下げる姿が物悲しかった。客席からはねぎらいの拍手が。(すみません、サスケの話聞いてませんでした)
最後はいつもどおり「(前略)不滅だあー!」でシメ。

拳王は試合からも言動からもヒールの方が向いているような気がするのですが、こわいので正規軍でがんばってほしいとおもいます!

ところで。11/8の盛岡大会。正規軍対九龍でシングル対抗戦。シングルってことは…恵のシングルが見られるってことじゃないですか!!!!!ちょーーーーーーーうれしいーーーーーーーー!秀ですら滅多にないのに(鉄人に参加したことあるそうですが。今度大鷲透とやるそうですが)恵のシングルなんて聞いたことすらない!すごーい!すごーい!すごーい!

8月から続いてきた秀じゃなかった週イチのプロレス観戦もひとまずこれで終わりです。充実した夏だったなあー。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2009.09.05(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード