« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009/8/30(土) みちのくプロレス「滝沢村大釜活性化イベントOOGAMANIA10」@滝沢村大釜幼稚園体育館

今回は少々細かく書いてみたいと思います。試合内容じゃなくて興行全体のことを。行く前にどんなもんなのか知りたくて検索かけてみたのですが、あまりわからなかったので。

野橋真実プロデュースによる無料興行。会場は本当に小さな体育館で、リング前方を広く客席として取っていて、両脇も一応座れるものの大人二人も縦に並んで座ったらいっぱいいっぱい。リング後方も座れる…らしい。
リングアナは幼稚園園長、レフェリーはマイトさん、野橋も試合に客入れ客出しにと大忙し。出店もあってちょっとしたお祭り気分。
物販は通常のグッズに加えて、OOGAMANIA限定のグッズやくじ、選手やスタッフの私物販売などもあり、通常の大会よりも充実していました。
塁の私物スタジャン1000円って、フツーにフリマで見かけても手に取っちゃいますね。BANANA千賀のあの短く切りすぎシャツも売ってました。
試合開始前はスクリーンで野橋結婚試合までのドキュメンタリーなどを上映。
開場直後で結構入ってるなーと思って、試合開始直前には「つめてください」のアナウンスがされるほどの大入り。やはり子どもの姿が目立ちました。

定刻に試合開始。沼ちゃんの歌(スクリーンにはカラオケ風の映像が)に続いて選手入場。対戦カードは当日発表ということで、張り出しもされていない。塁に続いて登場したのがなんと精霊!私はもう見れないかと思っていたので嬉しい?。挨拶はジェスチャーでしていました。その後、リングコーナーで膝を抱えてうずくまる精霊。更に大柳が!マイトさんも選手入場してきたので、あれ?試合するの?と思いましたが。最後にプロデューサーの野橋が入場。
サインボール投げではひとつだけあたりが入っていて、リング上で選手全員との集合写真が撮ってもらえるとのことで、その場ですぐに撮影が行われました。
選手退場後、対戦カード発表。
第一試合は20分一本勝負、オオガマックス・野橋真実 対 精霊・大柳錦也のタッグマッチ。
第二試合は30分一本勝負、日向寺塁 対 Xのシングルマッチ。Xに沸く。
最後にマイトさんからスポンサーの紹介。と。いつものアレ。

第一試合
20分一本勝負、オオガマックス・野橋真実 対 精霊・大柳錦也
大柳の入場のときに音響がトラブってしまって(入場曲のCD?が飛んで同じところを何度も繰り返してしまう)、復旧せずに大柳も出るに出られない。しかし会場からは手拍子が起こり、それに合わせて入場。自然発生した手拍子にはちょっと感動したのですが、トラブったまま入場曲も流れていて、大柳はなんとも複雑な表情でした。
ゴングとともに全員一斉にエプロンに下がる。試合しろとマイトさんに怒られ、「俺が」「俺が」「俺が」「俺が」マイトさん「じゃあ俺が」「どうぞどうぞ」とお約束の展開などでふざけあってるうちにあっという間に5分経過。
どう見ても無駄な返し合いや全員での欽ちゃんジャンプなど、一向に試合が進まない。そのうちマイトさんまでどさくさにまぎれて試合に参加したり、オオガマックスが沼ちゃんのインディアンデスロックを2回もやったり、もう滅茶苦茶。
でも袈裟切り・水平チョップ合戦やブレーンバスター等の大技も見せる。最後はオオガマックスが精霊をフォール。
こういう「お笑い系」とでもいうんですかね、初めて見ました。わかりやすくて笑えて、でもしっかりとプロレスしてて面白かったです。

〇オオガマックス、野橋真実(16:19体固め)精霊●、大柳錦也※オオガマックスバスター

第二試合
30分一本勝負、日向寺塁 対 X
塁が雄叫びとともに勢いよく入場。続けて流れてきた入場曲がなんとハードロックハレルヤ!一気に会場がざわつく。しかし「鉄人2009優勝者」で一転、歓声があがる。なななんとフジタJrハヤトが登場!(冷静に考えればバカ兄弟がシングルで出るなんてまず無いですね)
パイプ椅子を手に入場してもヒールだかなんだかわからない!
リング上で耳に手を当てて声援を煽ってもにくたらしくない!(フツーに「ハヤトー!」って声援飛んじゃうし)
手負いの塁はやはり終始劣勢。ハヤトも負傷箇所を容赦なく攻める。第一試合と打って変わってのシリアスなバチバチのスタイルに会場の空気もどんどん不穏に…。エグイ攻められ方しても声援があまり飛ばず、見かねたハヤトが「お前らもっと応援しろよ!」(んなどストレートな)と口を出してしまう始末。
髪を掴んで、場外乱闘して、パイプ椅子攻撃して、プラスチックチェーンで吊って(ないかも)…とここまでやってようやっとチラホラとハヤトにブーイングが。そんなハヤトの努力の甲斐あってか、塁にも声援が集まり出す。
散々攻められ、何度もエスケープしたものの、最後はハヤトが塁からギブアップを奪う。さすが鉄人2009覇者。みちプロは真面目だ。

●日向寺塁(15:55逆十字固め)フジタJrハヤト○

マイクでは鉄人優勝と九龍プロデュース興行の報告、そしてOOGAMANIAには九龍全員で乗り込んでやると。(それはそれで嬉しい)
今からフリーマーケットやるから買いに来いと言ってリングを降りてそのまま売り場に直行したら野橋がリングから「売るのちょっと待て」と。
「九龍全員で乗り込むって言ったよな?」ここで野橋の口から飛び出したのは嬉しいお知らせ。
2009/10/17(土)滝沢総合公園体育館にてチャリティー興行決定!フルメンバー参戦!みちのくふたり旅の決勝戦も決定!そして入場無料!!!!
すげえええええええ!ちなみに2500人で入場制限。広いです。
OOGAMANIAは年末までお休みとのこと。

試合終了後は選手と来場者による集合写真の記念撮影。後日販売するようです。

ちなみにハヤトのフリーマーケットはというと、買った人は丸い筒(意図せずして?バカ兄弟のSTONEDカラーなのは…)を持っていたので、お楽しみボックスかな?(ハヤト本人が何を入れようかなーって選んで詰めてる姿を想像すると微笑ましい)

行く前はどんなものかわからず、はたして楽しめるものかと不安だったのですが、すんごく楽しかったです!
子連れじゃないと行きづらいのかなとか、そんなことありません。一人でも全然平気です。逆に、もっと小さい子が来てるかと思ったんですけどね、年長で小さいくらいでしたね。小学生くらいが多いような印象でした。もちろん大人もたくさん来てましたよ。ご年配の方もね。
老若男女問わず、みんなで気軽にプロレスを楽しむ。趣旨どおり、地域活性化にしっかりと貢献しているすばらしい興行だと思いました。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2009.08.30(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード