« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009/8/15(土) みちのくプロレス「鉄人」第5戦@花巻市なはんプラザ

再開してからの3連戦目。
会場は多目的ホールみたいなところでした。涼しい?。
やはりゴザシートの方がいいですね。

第一試合
◆ 〇大柳錦也(9:07エビ固め)大間まぐ狼●
まぐ狼がハードロックハレルヤで入場して続けて大柳がハレルヤで入場して、おお!と膝を打ってしまった。
この二人がやるとシリアスだなあ。中盤からのバックの取り合いがすごかった!
まぐ狼は立ってるだけでこわい。動くともっとこわい。別にラフファイトしてるわけでもないのに。他の九龍と違ってなんつうか…コミカルさとか愛嬌がなくて(ってまだそういう面を見れてないだけかもしれないけど)単純にこわい。

第二試合
◆ ●ラッセ(7:10片エビ固め)ken45°〇ブレイクザハンマー
kenは青いマスクを持って入場。
kenのコーナーでの反則攻撃(?)をレフェリーの佐渡さんがkenのトサカを掴んでほどいたのには笑った。客からは佐渡さんにブーイングが。
kenも言ってたけどラッセは絶不調だなあ。

第三試合
◆ 〇フジタ“Jr”ハヤト(10:02体固め)剣舞●ヘルム
これはアツかった!剣舞勝つんじゃないか?!と思うほどの健闘っぷりに超沸いた。
終了後、剣舞のコールドスプレーをハヤトが奪って自分にプシュー。剣舞の顔にもプシュー。やってることはヒドイけどハヤトお茶目だな。
休憩で一旦会場外に出たら剣舞がフラッフラでスタッフに抱えられていた。だ、大丈夫か…?

第四試合
◆ 〇ザ・グレート・サスケ(11:31片エビ固め)日向寺塁●ラムジャム
サスケがとんでもないことになっている。誰かサスケをとめろ!
塁は左手を痛めていたようで、サスケはそこを重点的に攻める攻める。
後から知ったけどなんと骨折していたようで!負けたとはいえ、それであのファイトはすごい!全然わかりませんでした。

第五試合
◆ 野橋真実、ヤッペーマン1号、●2号(14:55片エビ固め)佐藤秀、佐藤恵、南野タケシ〇デスバレーボム
キャスター付きの椅子に座って入場してゴロゴロゴローと会場を一周して椅子ごとリングインしてコール終了と同時にわーと突っ込んでった秀はバカだと思いました。
ヤッペもステンレスのカゴだのハンガーだの凶器を持って入場したのですが、ホワイトボードだの自販機の横に置いてある満杯のゴミ箱に比べるとかわいいもんです。もちろん1号の頭からブチまけて中身は客席に散乱ですよ。
そういえば、折角片したゴミ箱を秀(多分)がコーナーまで持ってって、セコンドにいた他の九龍となにやらごにょごにょ話すと、他の九龍が一旦引っ込んで間もなく手袋をはめて戻ってきた。てっきりセコンドから缶をぶつけるのかと思ったんですけどね。特に何もしなかったのであれはなんだったのかと。
この試合は場外乱闘がすごくてもうどこを見ればいいのやら。逃げるのも大変で、会場は涼しいはずなのにすっかり暑くなってしまいました。
恵がよく「こいつ動かねえぞ!」とか「死んじゃうぞどうすんだよおい?!」と言うのは、対戦相手への声援を引き出すテクニックなんですね。やさいしいなあ。
試合は南野が2号をフォールして決着したのに、リング内では九龍が正規軍を暴行。これがお客さん静まり返っちゃってブーイングもないもんだから、ただただ悲惨なだけでした…。そこへラッセが介入して九龍を蹴散らし、九龍には絶対に入らないことを宣言。これまだ続くんかなあー?絶対入るなよ!

しかし、客の反応が悪かったとはいえすごいグダグダな終わり方だった…。やはり最後はサスケ会長の「(前略)不滅だー!」でシメていただきたいものです。

サインボールはいつも期待していないのですが、わりと近くにころがってきたのが誰にも拾われなかったのでちゃっかり頂いてしまいました。ヤッペ2号のでした。

それと九龍が全員(佐藤兄弟はハナから頭数に入れません)サイン会に立ちました。「世にも珍しい大間まぐ狼のサイン会を行います」に思わず苦笑。皆さんいたってフツーに握手にも写真撮影にも応じていた模様。
販促とはいえプロレスのこういうファンサービスはいいですねえ。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2009.08.15(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード