« 2021 . 04 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

onward

映画「2分の1の魔法」観てきました~。
今週見たいのなくてそういえば予告で見たお兄ちゃんめっちゃかわいかったな…と思って。
期待通りお兄ちゃんめっちゃかわいかった~。ヒョロガリな弟とセットで倍々でかわいい。腕や脚の太さが5倍は違う。つままれお兄ちゃんのフィギュア作って~~~つまみたい~~~

魔法が使えたらという願望は誰しも持ったことがあるだろうけど、「魔法は難しいから科学が発達した」という魔法が廃れた理由にものすごく納得してしまった。俊足のケンタウロスも車を手に入れればそうなるか。でも現実と違って(?)魔法がないわけではないってのは夢があっていいなあ。
冒険者が集う酒場が今やファミレスになってたり、魔法が廃れた世界でのファンタジーな住人の生活の様子は楽しいけど、ドラゴンはもはやペットでユニコーンは野良ってのは悲しくなる…。
「下半身だけのお父さん」というキャラクターがすごすぎる。どういう発想だ。下半身だけなのに目も耳も口も利くなんてことはなくて、意思の疎通は脚の感触だけ。それでも冒険を通じて息子の成長を感じたんだから「感触」から知れる情報は少なくないってことか。
気弱な弟と楽天家なお兄ちゃんのコンビがとてもよい。弟想いが過ぎてもはやウザいのもそれも無下にしないのも愛おしい!お父さんとやりたいことリストに取り消し線を引いてから「これ全部お兄ちゃんとやったことだ」と気付くシーンなんてそりゃ泣くよ!
あの場に母親もいたんだから家族全員での再会ってのもありえただろうに、お父さんとお兄ちゃんふたりきりの再会を弟目線でロングショットでしか映さない演出が最高だった。よくぞ弟を瓦礫の中に閉じ込めてくれた。その後の兄弟の会話がもう…!兄「立派になったって」弟「お兄ちゃんのおかげだよ」兄「そういえばそんなことも言ってた」こんなの泣くよ!あとはお父さんのダサい二つ名のことくらいしか伝えてなかったけど、本当は観客にすら知らされてない父と兄ふたりきりの会話があったんじゃないかな。…日没後、下半身だけ消えて今度は上半身だけのお父さんが!と予想したのは私だけじゃないと信じたい。信じたい!
そういえばヒロイン不在だった。おかげで家族の絆が際立ってたかと。母親の彼氏なんて悪役になりそうなものなのにそうじゃなかったのもよかった。母親同様に子どもたちのことを大切に思ってるのが伝わったし、子どもたちも悪しからず思ってそう。そもそも悪人がひとりも…と思ったけど弟の後ろの席の奴がいた!嫌なこと思い出してしまった…。
吹替で見たんだけど、お兄ちゃんはどこかの台詞で伸ばしたときにビブラートかかってたから絶対にミュージカル俳優だと思ったらやっぱり城田優だった。お母さんが近藤春菜って見た目はソックリだけど海外ドラマ吹き替えのヘタなモノマネ聞かされてるみたいでかーなーりストレスだった…。
吹き替えの利点は映像に集中できることだけどこの作品に限ってはもうひとつあって、それは弟の「お兄ちゃん」呼びが聞けたこと。アメリカ映画見てると兄弟でも下の名前で呼び合うじゃん。本国版のトレーラー見たらやっぱり下の名前で呼んでたし。「お兄ちゃん」と翻訳してくれた人本当にありがとう!
翻訳といえば車を止めた警官のひとりに「私もパートナーの娘との関係には苦労したわ」というセリフがあって、「パートナー」という言葉に同性パートナーかな?と思ったら本当にそうだった。
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.08.25(Tue) 00:34

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード