« 2020 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

僕の膵臓を食べたい

最近(というわけでもないが)観た映画。

・ウィッカーマン(1973)
失踪した少女捜索の報を受けてとある島を訪れた警官の話。
まさかのミュージカル映画。どこを切り取っても異様。牧歌的に描いているのが不気味さに拍車かけてる。救いが無さすぎで主人公の呪いの言葉通り今年も大凶作で領主が文字通り火祭りにあげられでもしなきゃ気持ちのやり場がない。
いけにえの条件のひとつに「純潔」があるのに初日の晩にわざわざそれを失うように仕向けたのが謎。テストだったとしても用意周到におびき出したせっかくの逸材を無駄にするようなことを何故。
主人公なにも悪いことしてないのになんでこんなひどい目に…と思ったけど他人の信仰への批判は度を越していたと思わなくもない。
「ミッドサマー」見る前に見たかった気もするけど見てなかったからこその「ミッドサマー」の衝撃だったからやっぱり見てなくてもよかったかな。

・名探偵ピカチュウ
ポケモンと人間が共生する世界、探偵業の父親の交通事故死の報を受けた保険調査員が父親の家で探偵帽をかぶった喋るピカチュウと出会う話。
哀愁漂うシワチュウの姿に地味な話かと思ってたので予想外にバトルスタジアム・ドダイトス・パレードと迫力のアクションシーン満載で楽しかった!
何でピカチュウの中の人がおっさんなんだと思ったら本当に中の人がおっさんだった。父親の顔を最後まで映さなかったのはそういうことだったのね~。名士父子の父が悪い奴で息子はいい奴だったってのにもしっかりミスリード誘われました。
ポケモンはピカチュウとニャースとサワムラーくらいしか知らないから画面に映るたくさんのポケモンにいちいち興奮できるファンが羨ましくてしょうがない。主人公の涙を舐めてあげる優しいベロリンガめっちゃ笑った。

・Curve
一歩も動けない場所で目覚めた女性の話。
土管を滑り降りた先が扉も窓も何もないコンクリート打ちっぱなしの部屋だった夢を思い出した。
自分ならどうするも何も力尽きて落ちるしかないんだろうな。それに落ちてみたら意外と低かったりしてという希望を打ち砕く悲鳴と落下の衝撃音。
血の粘りで壁登りを試みてたんだよね?雨が降らなかったらどうにかなってたんだろうか?どうにかなる気がしないんだが。


・君の膵臓をたべたい(2017)
病院の待合室で拾ったマイブックがたまたま同級生のものでそれによって同級生の秘密を知ってしまった少年の話。
原作のあらすじをオチまで聞かされたうえで鑑賞。
あらすじを聞いたときは余命幾許もない少女が通り魔に殺されるなんてなんでそんなひどいプロットを…思ったけど、「その余命すら全うできるとは限らない」を描くためだとわかって納得した。
ホテルのシーンはヒロインの下心丸出しなグイグイっぷりにうげーって感じでむしろよく主人公襲われずに済んだなと思ったくらいだったけど、ちゃんと主人公のことが好きだったということがはっきりしてそれならまあ。主人公への手紙に「君は私に特別な感情を持たないようにしてたんだね」と書いてたけどそれって自分のことでしょ。にしたって主人公の気持ちが自分にあると確信してなければあんな行動出れないよなあ。ある意味羨ましくもある。
しかしキャスティングどうにかならんかったのか。北村匠海なら東出昌大、矢本悠馬なら前野朋哉と同世代のピッタリな役者がいるではないか!

・君の膵臓をたべたい(2018)
実写見てからのアニメ版。
アニメ版で良いと思ったのは、おそらく実写版だと予算の都合できなかったであろう花火のシーン。主人公が「とても」彼女のことを想っている告白がすごくドラマチックだった。
それから遺書の朗読シーン。幻想的な星の王子様のオマージュはアニメならでは。
逆にうーんと思ったのは、キャラクターデザインのせいもあるんだけど、たとえば主人公のしらけた感じとか「人に興味がない」とか言っちゃうサムい感じとか、生身の人間の若さゆえの可愛さで許せていた部分もあったのでかなりつらかった。一方でホテルのシーンはアニメのほうが生々しくなくてマシだったかな。
あと声優の声めちゃくちゃ通るから図書室や病院でものすごく騒がしい人に見えてしまうのはかえって面白かった。
回想という形を取った実写版とは違ってアニメ版のほうが全体的なまとまりもよかった。

元々ティーン向けの恋愛色強い青春映画得意じゃないけど、近年何本か見て意外とイケるクチ?!と思い始めてたのに、誰かと一緒にやいのやいの言いながら見れば楽しいけど一人で見るのは辛すぎるということに気づいてしまった。
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.07.13(Mon) 22:05

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード