« 2020 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

友達は自分で選べる家族

映画「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」見てきました。
プロレスラーに憧れるダウン症の青年が施設を脱走するというあらすじの「プロレス」というキーワードだけで見に行ったんだけど、思ってた以上にプロレスでした。プロレスなんて脱走するための理由付け程度だと思ってたから試合が見れるとは思わなかった。そもそもタイトルがリングネームだったとは。
文字通りパンツ一丁で脱走したザックもすごいけどそんなザックを受け入れたタイラーもすごい。初対面時なんかゲロまみれだったし。
タイラーがザックに優しい言葉をかけられて泣いた後にザックの顔を触り始めてザックも同じように触り返すシーン、子供がじゃれあってるようでほほえましいんだけど、キスシーンのようにも思えた。性愛対象でない相手に対する愛情表現というか。愛しくてたまらないけれどキスするわけにはいかないからその気持ちを発散する行動として。
ザックを連れ戻しに来たエレノアの目線を通して「守る」ということは抑圧にもつながるのだなと気付かされた。そんなふうにエレノアは「普通」を重ねる重要な存在ではあるんだけど、旅に同行することになったのは二人の仲に割って入ってきたようで正直面白くない。やっぱりタイラーといい感じになっちゃうし!でもあのキスは罠にハメるためのものなのでノーカンにしておく。
ザックが目指したプロレス学校の現在はきっと誰もが想像したとおりだったけど、ザックの願いを叶えたかつてのヒーローの粋よ!往年のプロレスラーを場外に投げ飛ばしたのはさすがにファンタジーだけどそれもひっくるめてプロレス!
どこか牧歌的な空気の中でタイラーの追手の恐さが際立ってた。暴力的な悪役として描かれていたけれど、タイラーの悪行を考えると殺したくなるのも無理はない。「金がないのはみんな同じだ」という台詞が響く。あっさり引き下がったかと思いきやのあの展開はゾッとした。間一髪!ザックが場外に投げ飛ばしたレスラーの下敷きに!なんてことにはならなかった。ともあれ死ななかったからタイラーは相応の報いを受けたってことで。
タイラーとエレノアの結婚は容易に想像できるけど、そこにザックがいる未来となると…いやタイラーなら一生面倒見るとか言いそうな気もしないでもない。それはザックのためというよりもタイラーが自分の心の穴を埋めるためかもしれない。
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.06.30(Tue) 00:51

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード