« 2020 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

伝説の名機

映画「HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」

トンキチ邦画プレゼン漫画・服部昇大「邦キチ!映子さん」シーズン4最終回の予習。
プリキュア映画はだいぶ前に1回見に行ってるんだよね。(当時の感想)
というわけで9年振り(!!!!!)のプリキュア映画鑑賞です。ビデオだけど。
まず冒頭にミラクルライトの使用に関する注意事項が入ってることに感激!ミラクルライトには後悔してもしきれない苦い思い出があるので…あのときもこんな注意事項さえあれば…!
いやーもー素晴らしかったです!9年前とは違って多少ならずともプリキュアに思い入れがある状態で見たにしても15周年記念にふさわしい作品だということがよくわかりました!
歴代プリキュアから思い出を奪い口癖や必殺技を連発する敵キャラの設定が憎いしニクイ!年季の入ったお友達の複雑な気持ちが想像できる。
感動したのがスクリーンの前のお友達に歴代プリキュアとの思い出に訴えて応援を呼びかけるシーン。定番の演出なのは知ってたけど、こんなに切実に心に響くかたちでくるとは!そこにいるプリキュア全員になんの思い入れもない私ですらおもわずウルッと来てしまいました。この「応援」という行為自体がまさにハグプリのテーマそのもので15周年にハグプリが来たのは必然だったのだよ!(断言)
一度もフィルムを入れてもらったことのないカメラの成れの果てという敵キャラの正体も切なかった。まあ、さあやのあの反応を見た時点で彼の明るい未来は約束されたようなものだったけど。
最初から最後まで重くてあまり楽しい気持ちで見れるようなストーリーではなかったけれど(はなが泣きわめく幼児を三人も抱えて右往左往するパートはキツかった…)、本当に沁みる作品でした。まだ3シーズン目だけどプリキュア見ててよかった!と同時に3シーズンしか見てない自分が悔しい!もう何シーズンか見終わったあたりでもう一度見よう。
それからビックリしたのが3Dモデルがバリバリに使われてたこと。敵キャラだけじゃなくてアジトもフルCGかーと思ってたらエンディングで踊ってた3Dプリキュアが登場したではありませんか!普通に喋ってるし戦ってる!立ってるだけの絵面でもやたらゆらゆらしててかえって不自然。表情もなんだか硬いー。
なんだか変わった線で描いてるなとは思ってたけど、3DCGに合わせてってことだったのかな。特効はさすがにすごいけど顔は手描きのほうが全然いいわ。
9年前に見たときは「作画クオリティは映画もテレビとさほど変わらない」と思ってたのに、9年間のとんでもない進化を見せつけられました。良し悪しや好き嫌いはまた別の話。
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.04.23(Thu) 22:49

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード