« 2020 . 05 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

な…?

劇場版「PRINCE OF LEGEND」見ました~。「続きは劇場で!」ってヤツです。
ドラマ版ではつかみどころがなくて一切好感の持てなかったヒロインの全貌があきらかになったわけですが!
ハナから果音は奏と運命の赤い糸で結ばれていましたーってことで京極兄は噛ませ犬でした。果音が奏に思いを寄せるきっかけとなった出来事自体は納得できるけど、あんなにかたくなな態度をとってしまった理由を想像するに、果音は奏が自分を全く覚えていなかったことに相当なショックを受けたのではないかと。果音にとっては忘れがたいエピソードだけど、奏にとってはあんなの日常茶飯事、いちいち覚えているような出来事ではない。そこでショックを受けるのは当然としてもああいう態度を取ってしまう果音も案外自惚れ屋さんだな。
「男の妄想押し付けないでもらいます?」という決め台詞には男の妄想を押し付けられて嫌な思いをした過去があるのかと思ってたけどとくになかった。余計になんなんだよこの台詞…。
劇場版見たら果音の印象変わるかなと思ったけどべつに変わらなかったわ。
あと奏もなあー果音の気持ちが自分にあると知ってから行動を起こすってのが安パイ取りに行ったみたいで嫌。京極兄とのデートを聞きつけてブチ壊すくらいの気概見せてほしかった。
両想いでハッピーエンドなはずなのになんかすっごい他人事…。
恋愛パートは本筋じゃない!本筋は王子パートだ!ってことで今回の見どころはなんといっても「伝説の王子選手権」!これがもーーーばかばかしくて最高。壁ドンやお姫様抱っこの彼女役の女生徒はとんだ役得だ!京極弟がウインク全然できてなくてかわいい~。
アクション対決では中の人の身体能力がうっすら見え隠れ。やっぱり踊れる人は強いね。デート対決はキャラクター重視なのはわかるがかなり微妙なプランも…。バスケデートなんてやってるところ見てるだけとかナイナイ。
デート対決で奏が果音にキスしたから反則負けかと思ったら奏優勝でなんじゃそりゃ。てかさー、キスシーンははもっと大切に扱おうよ!それ以上があるならともかくないじゃん。それなのになんでこんなに粗末に扱うの?!そんなにチュッチュチュッチュされたらようやく両想いになってからのキスにも感慨も何もなくなるわ!せめて奏とのキスは最後だけにできなかったのか?!バチェラー・ジャパンを見習え!
選手権後に生徒会長が果音の名前をすっかり忘れてしまったというのがなかなか衝撃的で、あまりにも見事な未練の断ち切り方に見てるこっちもスカッとした。いつまでも想い続けてるなんて辛いもの!
相変わらずツッコミどころ満載で不満も満載だけど楽しめました。どこがイケメンかわからなかった片寄涼太も愛着わいてかわいいと思えるようになったし!なにより本業を垣間見れる弾き(?)語りシーン。こーいうのにクラっとくるんだよね!わかるわかる。それとメンディー沼が両手を広げて待ち構えてる気がするけどマジでヤバそうなので近づかないようにします。こういうので楽しむ程度にしておきます。
ラストシーンはしっかり次作につなげてあってこれも見るしかないでしょ!今度はホストなの?!…最新作劇場公開中だけどテレビ版のレンタルまだ新作だし劇場版もレンタル待ちでいいや。(貧乏人)
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.03.24(Tue) 21:32

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード