« 2020 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

サニーパン

最近見た映画。

・相撲取りブルーノ
無気力な男がいじめられっ子を勇気づけるために乗り気じゃなかった相撲大会に出場する話。
主人公武蔵丸にソックリだな。
オープニングクレジットの巨漢がシャボン玉飛び交う空間を浮遊するという珍映像からは想像できないまともな映画でした。相撲の描写に至ってはニュースでしか相撲見てないような私にはツッコミどころがわからないほど。洋画なんて「なんちゃって日本」ばかりだからこんなにちゃんと描いてれるなんて~と愛国心がくすぐられた。いやまあ明石先生は置いといて。
人生に行き詰った人間が打ち込めるものに出会い縁にも恵まれ活力を取り戻すというテンプレストーリーもかえって邪魔にならなくてよかった。そんな中で商魂逞しい友人の存在が効いてた。ドイツだとアマチュアのスポーツ大会もビジネスチャンスなのね。

・ザ・フォーリナー
爆弾テロで娘を亡くした男が警察や政府に「犯人の名前を教えてよ!」と迫る話。
教えてくれないなら自分で調べるんじゃなくてなんとしても聞き出すというのが面白い。相手が悪いとこうなるのね。
誰もが誰かと密通しているみたいな相関図なので主人公と関係ないところで内ゲバで崩壊していくのはなかなか爽快でした。
バスの爆破シーンはすっごい嫌だった…なんでわざわざベビーカー押した家族連れがバスに乗り込むカットを入れるのよ…。冒頭の亡くなった娘の部屋で立ち尽くす父親の姿も切なくてたまらない…。
こんなに辛い思いをした父親が国に消されるなんて悲惨すぎるので、死亡エンド回避はグッジョブです!
悲哀にあふれた作品なんだけど、特訓シーンにはウフッとなってしまいました。ジャッキー・チェン歌唱のエンディンクテーマも味があって素敵。

・ガチ星
戦力外通告されたプロ野球選手が息子についた嘘をきっかけに競輪選手を目指す話。
ザ・グレート・サスケがインスパイアされた映画を見るシリーズ。
前日譚での主人公・濱島のクズっぷりがすごい…。自分の妻と濱島の不貞を知ってもあらゆる感情を必死に抑えて「二度と目の前に現れんといてくれ」というひと言だけで終わらせた幼馴染の気持ちを思うといたたまれなくなる。なおも妻に連絡を取ろうとした濱島の携帯に反応がなかったのがせめてもの救い。
無事に競輪選手になってめでたしってんじゃなくてなってからも辛い展開が続くから遅すぎる「わかった」からのカタルシスがものすごかった。濱島が勝利することはなかったけれどレース内容が良かったし、久松が完全復帰したことがなにより!
こういう辛い作品に上杉のようなまっすぐなキャラは必要だよね。でないと見てらんない。ハタから見ればなーにを偉そうにと思うような濱島からの「努力せえ」という言葉を大切にして濱島よりもはるかに先を行ってるってのも胸が空いたわ。

・ブラック・クランズマン
黒人警察官がKKKの新聞広告を見て電話したとにきうっかり本名を名乗ってしまったのでユダヤ人の警察官になりすましてもらって潜入捜査する話。
直接嫌悪を向けられるのもたまらないけど、当事者と知らずに向けられる嫌悪のほうがキツイ。当事者だと明かすことができなければ言い返すこともできないし。差別というほどでもない偏見をさして悪意もなく軽口のように投げられるのも嫌。
黒人を虐げる映画に盛り上がる白人も黒人が虐げられた事件の講話に怒りを燃やす黒人も「力」を叫ぶ姿に根っこは同じに思えた。
KKKの一番ヤバイ奴は文字通り自爆したし幹部にもひと泡ふかせてスッキリ終わったかと思いきや、エピローグで黒人差別問題は根強いという現実を突き付けられて気が滅入る。

・パッドマン 5億人の女性を救った男
妻が生理中一室にこもりボロ布をサリーの下に隠して干す姿を見て生理事情を憂いた男が妻のために生理用ナプキンを作る話。
生理用ナプキンを発明したのはインド人だったのね?と思いながら見てたら舞台は2001年!同じ国なのに都会と田舎の文明の差にも驚き。しかしこれはかつての日本の姿でもあるのだよね…。そしてかつてのインドが現在のどこかの国の姿でもあるんだろうな。普及しなかったのは習わしのせいもありそうだ。
理解も協力の姿勢も見せない妻はなんてひどい奴だと思ったけど、そういうふうに育てられたらデリケートな問題にズカズカ踏み込んでくる夫はたまらないよなあ。たとえ自分のためとわかっていても。
それと観客は主人公が頑張っている姿を見てるから行動の理由もわかってるけど、ナプキンをくれた男性が翌日宿泊先まで訪ねてきて「具合はどうですか?そのナプキンは僕が作ったんです」なんて言われたら恐怖だよ。主人公本当に頑張ったな~~~!!!
「大きい機械を作るのは難しいが小さい機会を四つ作ることはできる」という発想がすごいし、ナプキンだけでなくナプキンを作るところから売るところまで女性にこそふさわしい仕事として広めたのも素晴らしい!国連でのスピーチも感動した!
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.02.19(Wed) 23:08

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード