« 2020 . 02 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

ミスターKY

矢巾。

みちプロ3年振りの新人・小笠原泰良のデビュー戦。野橋が相手を務めたのは誰とでもきっちり試合を作れるからだと思ってたけど、デビュー戦らしからぬパワーファイトを見せるのに好都合だったのかな。小柄とはいえぶ厚いことも含めて。
ついデスマッチを連想してしまう黄色いショートタイツといい、インパクト抜群でした!体格もいいし、みちプロではなかなか見ないタイプの選手になりそう。

復帰戦の大瀬良は体絞って日焼けしてコスチュームも変えて(野球のユニフォームに見えなくもない)すっかり垢ぬけてしまわれた。
みちプロファンとしては大瀬良を応援せねばと思ってたけどもはやレギュラー同然の花見にすっかり愛着湧いちゃって最後の方はフツーに花見を応援してました。
復帰初戦での勝利は万全な証拠、花見や小笠原とどんどん切磋琢磨してくれ!川村も早くこの輪に加わってくれ!

で、東北Jr戦。MUSASHIの直近の先輩は塁なんだけど、明確な先輩越えを果たさないままチャンピオンになったんだよね。だからMUSASHIにとって塁はいずれ越えなければいけない壁である!…てな具合にMUSASHIが塁を挑戦者に指名した意味を感じ取ってたんだけど、いやまさか越えられないとは!この結果にはかなりピックリした。でも実際試合内容見ても塁のあの独特のペースに呑まれてたかな。とにかくひとつのフェーズが長くて見てる側にも忍耐力が要求されるというね。終盤のたたみかけはさすがだけど、良くも悪くも塁の試合だった。
MUSASHI政権から塁政権への交代は逆行のようにも思うけど、試合後の塁の飾らないあっけらかんとしたマイクにむしろ前進なのかなと。機能していないユニットを終わらせる、簡単なことだったんだ。言い出しっぺが終わらせるのは理に適ってるけど、MUSASHIが終わらせたってよかったんだよ。MUSASHIがもっと能動的だったら違った今になってたかもね。

新春大会で一年を占うわけですが、欠場者続出はどうしようもないとして、デビュー戦に復帰戦、政権交代でストーリーも動いたし、そんな悲観的になることないかと思える大会でした。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2020.01.14(Tue) 22:44

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード