« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Sue Me

映画「野郎どもと女たち」よーやっと見ました。

宝塚で3度上演されていて、私の大好きな北翔海莉のお披露目公演でもあった本作。
数年来、クラシックコーナーを覗けど100均(あるらしい)で探せど見つからず。観念して通販で入手しました。

古い映画だし2時間ないべと思って見始めたら1時間半の時点でまだハバナにいて、あと30分でエピソード消化できるの?と思ったら2時間半もあった。
長い映画だけど全然飽きない。どの曲もいい。好きなスターが出てるから何度も見てしまうのではなくて作品自体が好きなんだな私は。

舞台を映画化したものだから私の知ってるストーリーそのまんま。
宝塚版との違いはこれくらいかな。
・救世軍のメンバーがサラ含めて4人しかいない
・ホット・ボックスのショーの1回目の演目が違う
・「初めての恋」の場面が別の歌
・スカイが本名を明かすエピソードがない
・ブラニガン警部にネイサンのバチェラーパーティーだと誤魔化す場面でネイサンのナンバーが入る
・下水道でネイサンがビッグ・ジュールにたてつく
・スカイは教会にギャンブラーを連れてきて後はいなくなる
・「座れ、船が揺れる」はナイスリーのナンバー
・集会後のサラとアデレイドの場面がない
・最後、スカイは救世軍に入らない。代わりに(?)ナイスリーが救世軍に入る

宝塚では再現できないなと思ったのがホット・ボックスのショー。とても刺激的~。1回目の猫の衣装なんかシースルーかと思って目を凝らしてしまいましたわよ。2回目のショーは宝塚と同じ演目だったけど、字幕だと歌詞もよくわかるからそーいう話だったのかと!
他にも「運命よ、今夜は女らしく」でまわりの連中はかなり口悪くどやしてるんだなとか、「淑女でいろ」を「そばにいて」と訳すのもロマンチックで宝塚らしい。
クバーナのドタバタが暴力沙汰だったのにはビックリ。サラ暴れすぎ!ビンタじゃなくてグーパンチだし。

スカイはキャラクターが薄いので演じる人によって別物になりそうというのは予想通り。表情も乏しいしずいぶんと陰がある。とんでもない修羅場をくぐってきたに違いない。絶対何人か殺してる。ていうか彼は後に「ゴッド・ファーザー」のドンを演じるのか!どうりで!
サラの違いも面白い。お堅いのは共通としても、宝塚再再演版は生来の明るさが滲み出ていて少女性が強い。映画版だともっとずっと落ち着いてて大人びている。それなりに経験もしているように感じる。同じ難攻不落でも意味が違ってくる。
こんなふたりのラブシーンはなんだか宝塚とは違う意味でドキドキしてしまいました。
一番違ったのはビッグ・ジュール。宝塚再再演版だと掴みどころがないというかちょっと頭足りないんじゃないかと思ったけど、そんなことなかった。唐突な「クラップやろうぜ」は「まあそんなことはどうでもいいからとにかくクラップやろうぜ」ってことだったのね。ちゃんと会話のできる人間なんだとわかった分余計にこわい。
アデレイドが宝塚再演版の霧矢大夢にソックリなのにはビックリした。きりやんって銀幕女優みたいな顔してるなあとは思ってたけど、やっぱりそうだったんだ。宝塚の再再演では新公学年が演じたから「婚約14年目」という設定は無理があると思ったけど、映画版も30手前といったところで思ってたより若い。15歳で出会って冗談を真に受けてそのままズルズル…と考えればありえるか。
ソックリといえばナイスリー、宝塚再再演版は体型を忠実に再現してたのね~。ふとっちょナイスリーとチビッコベニーの並びはほぼ漫画。
ネイサンはフランク・シナトラの声がいいから5割増しでいい男に見えた。

場面が変わるといきなり結婚式なのは映画もそうなんだけど、前述したとおり救世軍に入ったわけでもないのでスカイとサラが結婚した理由がまじでわからない。スカイもサラもポーカーフェイスだから感情が伝わってこないし。ネイサンが観念したのはよーくわかった。
宝塚再再演版はまぎれもないハッピーエンドだったけど、映画版だとハッピーエンドなのか?と思いつつ、ポーカーフェイスだからこそ一瞬の笑みに重みを感じるところもあるし…。ま、かわいいかわいいアデレイドちゃんがハッピーならハッピーエンドでいいや。

あー見れてよかった。これでまた宝塚版も違った楽しみ方ができるでしょう。
過去3回も宝塚で上演されているから今後も再演の可能性は大いにあると思うけれど、必要なカードのうち重要なのは「学年差コンビ」よりも「アデレイド役者」なんだろうなあ。バリバリに歌えてゴリゴリに踊れてダブルヒロインの一翼を担える格のある生徒。役の大きさから男役に振られてしまうのも理解できるんだけど、となると「女装が似合って女声で喋れて歌える」という条件まで付いてくるというね…。上演スパンが十数年単位というのも致し方なし。10年に1度の逸材を待つしかない。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.10.10(Thu) 23:53

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード