« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

不動明王真言

松竹特別公演「蘭~緒方洪庵浪華の事件帳~」に行ってきました!
お目当てはもちろん北翔海莉!2017年の「パジャマ・ゲーム」以来2年振りの生みっちゃんです!

幕開きから華やかな衣装をまとったみっちゃんの登場に宝塚の舞台を見に来たんだっけ?歌って踊っての楽しいオープニング、若狭のMCによる出演者の紹介は映画のオープニングクレジットみたい。
だいたいにして出演者目当てなので観劇に際してストーリーの予習はしないタチなんですけど、話が面白くてラッキー!禁書にまつわるエピソードは現代の転売問題に通じる。種痘を持ち込むのに子供を道具として扱ったことには怒りがわいた。
気の重くなるエピソードもあったけど、コメディ色が強くて松竹新喜劇ってこんな感じなのかな。流行のネタも挟みつつ、アドリブも少なくないようで、何度も笑いが起きました。
恋愛模様は期待してたほどのものではなくて、章の左近への気持ちはあこがれに見えたし、左近から章への矢印にいたっては見えなかった。でもラストの会話が完全に逆プロポーズでときめいたわ~。君らいったいどこでそんなに心を通わせていたの。
ひとつだけ不満だったのがBGMに歌モノを使用したこと。台詞に合わせてせわしなく音量を下げたり下げたり本当に耳障り!そもそも音量下げたところで歌詞が消えるわけでく台詞とかぶっちゃうしでとにかく集中できなかった。これをラストの決め台詞みたいな場面でもやらかすんだからまいっちゃうよ。歌詞と台詞を同時に聴くことによる効果を意図してたとも思えないし…そうだとしても私の耳はそんな器用なことできません!
と、不満はあったものの、歌あり踊りあり、にぎやかな舞台でした!初演の際に原作者がたいへん気に入って通い詰めたというのも大納得。

さてさて我らが北翔海莉。
幕開きに登場したきりで次に登場したのが話もだいぶ進んでからだったんですけど、客席から登場しての立て板に水な長い長い口上に圧倒されました。
2年振りに見た生みっちゃん。美しくてビックリした。町娘のはずなのに芸者ばりの華やかさ。上村松園先生の美人画から飛び出してきたかのよう。
若侍姿も最高に美しかった~。実年齢には触れるべきではないけど本当に「若」侍なんですよ!我々(私だけじゃないはず)の代弁者となる左近様にメロメロな女性キャラが欲しかった!
ただ、町娘になったり若侍になったりするのがよくわからなかった…。兄がどうとか台詞でさらっと触れられてたけど詳しくは原作で!ってこと?
殺陣に竜笛にと芸達者ぶりを発揮してたけど、やっぱり歌ですよ!そもそもあんなにガッツリ歌うなんて知らなかったから大感激!「のーまくさんだー」でフランツばりの低音を轟かせる一方で高音部では無理のない美しいソプラノにうっとり…。BGMで使用されていた素敵なオリジナルの歌唱曲はCD化されてないのかしら?…だから余計に耳が持ってかれて集中できなかったんだよ!
音源でなら日常的にみっちゃんの歌声に触れているのに、どうしてこうも生で聴くたびに新鮮にみっちゃん歌うまああああああいと驚くんだろう私は。本当にうまい。全身の毛穴が開く。
正直、期待してたほど出番があったわけじゃなかったけど、目でも耳でもしっかり堪能できました!

そして藤山扇治郎!できるだけフラットにフラットにと思っても、どうしてもそういう目で見ちゃうよね。二人のデコボコな並びを見ると「高嶺の花と低嶺の雑草」という劇中の台詞がまさにで笑ってしまいました。松竹新喜劇の御曹司だから雑草なんてことはないんですが。
見た目のイメージでしか語れないけど、真面目で愛嬌のある好青年という役柄は扇治郎さんにピッタリ。あの無垢な感じは少年すら無理なく演じられそうな…だからこそ余計に「この二人がねえ…」と思ってしまうのですが^^;
一幕終わりのみっちゃんとのデュエダン(違う)は「風ちゃんが扇治郎さんに嫉妬した後意気投合した例の…」と思いながら見てしまいました。この場面の扇治郎さんはハッとするほど凛々しかったです。

左近の相棒・若狭役の大川良太郎は再演からの登板のようで、顔のつくりが大きくてメイクが派手で声が通って殺陣ができる、ひと目で大衆演劇の人だとわかるものですね。
テレビでおなじみの久本雅美はテレビのイメージまんまだったけど、役柄的に違和感ナシ。やりすぎのアドリブにみっちゃんが困ってた(笑)「テレビで見るよりも小さくてかわいい」はマチャミも例外なくでした。
舞台もテレビドラマもほとんど見ないからみっちゃん・扇治郎さん・マチャミ以外まじで誰一人として存じ上げないのですが、みなさん台詞がはっきりと聞き取れることに感動。ひとりひとりマイクを付けているわけじゃないからその点では聞き取りにくくはあるけれど、本人の問題で聞き取れないといったことがまずない。板の上に立つ人って本当にすごい。

みっちゃんが出演しなければまず見ることのないような舞台だったのでよい経験ができました!みっちゃんの存在に関わらず純粋に面白かったしね。これを機に今後はこういった舞台も…とはやっぱりいかないけど、松竹新喜劇や大衆演劇も興味がわきました。
舞台 | CM(0) | TB(-) 2019.08.20(Tue) 23:55

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード