« 2020 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ゴミ?

映画「トイ・ストーリー4」見てきました!
3は予告で泣き本編でも開始5分で泣いたけど、4は予告では泣かなかったしオープニングもそんな泣く感じじゃないから大丈夫と思ってたのに!「子供がおもちゃで遊ぶシーンのスロー再生」は無条件で泣くのでやめてください!「謎の恐竜ワールドで」も同じようなシーンで泣いたんだよ!

以下、ネタバレ感想。




衝撃の結末だった。なんでポスターに「衝撃の結末」と書いてないの?と思うほど衝撃の結末だった。
長年の相棒関係がこんなにあっさりと解消されてしまうなんて。
ウッディは愛する人とともに歩む道を選んだ。バズは持ち主のそばにいることを選んだ。そしてウッディの背中を押したのはバズだったと。ウッディこそ頑固なまでに持ち主第一だと思っていたから、その選択はもう本当にまじかと。
でもそんな単純な話ではなくて、アンディにとっての絶対エースだったウッディはボニーにとってはそうではなかった。ボニーにとってもウッディが一番のお気に入りだったら?ボニーの元にバズとジェシーが揃って残ったのはたまたま?いろんな要素が重なった結果なんだろうな。
バズがウッディに送った「彼女なら大丈夫」という言葉もフォーキーに対しては出てこないんだろうなと思うと切ない。
いやでもさー。ボニーにとっては「旅先でウッディを失くした」というものすごく悲しい出来事なわけで、失くしたことに気付いて大泣きする姿なんか簡単に想像できるし、時間が癒してくれるだろうけど後々「あの時なあ」と思い出しては胸がチクチク痛むわけですよ。なんなら譲ってくれたお兄ちゃんのことも思い出して自己嫌悪に陥ったりするわけですよ。いやもーーーーツライ。ほんとツライ。自分のたくましい想像力が嫌になる。

新しい仲間のフォーキーが面白い。ゴミ箱出身だからアイデンティティがゴミなのね。だからとにかくゴミ箱に帰りたがる。それをウッディが必死で阻止するという構図がおかしくって。ウッディはフォーキーにエースの座を奪われたも同然なのに、新しいエースの面倒を一生懸命見るウッディがいじらしい。すべてはボニーの笑顔のために!ホント大人だわ。

帰ってきたボーはすっかりたくましくなって…。荒くれ者(違う)を率いてスカンク型の改造車を駆る姿はまるでMAD MAX。遊園地やアンティークショップを舞台に八面六臂の大活躍。
ウッディとの再会シーンでふたりして照れちゃってハグをためらうのがもう!もう!そんなふたりがラストでは夜景をバックに自然に抱き合うのよ~ロマンチック~。大冒険を通して数年間の空白が一瞬で消え去ったんだろうな。

シリーズを通して初めてヒールが救われた。不良品ゆえにおもちゃとして扱われたことのないギャビーの身の上には同情できるけれど、人のものを奪ってまで自分が幸せになろうとするのはまぎれもない悪。モヤッとしたものは残りつつも、あこがれのあの子にあっさりと拒絶されたのは残酷すぎるし、すべてをあきらめかけた彼女がウッディに励まされて行動したことは素直に称えたい。それが迷子の力になったのだし。ただでさえ迷子に弱いのに勇気を出して「私とこの子を助けてほしいの」と大人に助けを求める姿を見せられたら泣くにきまってる。自らの存在で迷子をなぐさめたことをギャビーの罪ほろぼしと受け取ろう。それに彼女はもう「ありのまま」ではないのだし、人のものを奪って手に入れた幸せであることを紐を引かれるたびに思い出せばいい。

3のときはこれでシリーズも幕引きか…と思ったけど、4はこれからを感じた。ウッディとバズが再会する未来がありますように。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.07.18(Thu) 00:21

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード