« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

七夕イブ

田村ゆかり。

ゆかりんのコンサートを最上階の最前列で見るという夢が叶いました。
眼下に広がるピンクの光の海はこの世のものとは思えないくらい美しかった。
曲に合わせてふわりと浮き上がりゆっくりと沈む、王国民が降るペンライトの統率された動きはもはや舞台装置。
歌と踊りでピンクの光を操るゆかりんに神々しさすら感じました。

4年振りのゆかりんはますますパワーアップ!近作以外からも初めて聴く曲もあり、定番曲なんてないんだなと、キャリアの長さとともに過去だけに頼らないバリバリの現役であることを再認識。
2016年に彼女を取り巻く環境が変わったときにもう精力的なステージ活動はしないんじゃないかと思った。だからこうしてまたゆかりんが笑顔でステージに立つ姿を観れたことが本当に嬉しい。彼女は間違いなく板の上の人です。

ゆかりんの地方公演に対する思いが聞けたのもよかった。地方公演とはいえ地方まで見に来てくれるファンが頼りだが、近場でないと見れない人もいると。「こう言うと地元民以外はどうでもいいのかとか思われるし、極端なんだよー」という言葉に気遣いと気苦労を感じつつ、遠征民・地元民にかかわらず想ってくれているゆかりんの気持ち、しっかり受け取りました!

しかし「にえ」にはびっくりした…。仕込みかと思ったらガチの王国民だったのね。2,000人の王国民を前に大好きなゆかりんにあんなことされたら生きて帰れる自信がない。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2019.07.11(Thu) 23:52

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード