« 2019 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

パラピリポ

最近見た(ゴジラ以外の)映画。

・ファイティン!
LAでクラブのセキュリティの仕事してる男がアームレスリングで一儲けを企む弟分に韓国に呼び戻される話。
パッケージ見て武闘派刑事ものかと思ったら全然違った。主人公の朴訥としたキャラもいいけど、とにかく姪っ子ちゃんがかわいすぎてメロメロ~。天使みたいな姪っ子ちゃんと筋肉ダルマみたいな主人公との並びは相乗効果でかわいい以外の何物でもない。
先が読めるほど単純なストーリーだけど、かえってモヤモヤもなく気持ちよく見れた。ラストバトルのみんなとのふれあいを回想して力に変えたシーンで泣いてしまった。
妹だと思っていた人が妹じゃないってんなら家族になっちゃえよ!と思ったけど、はっきり描かなかったのも良かったかな。夫婦でも、血のつながりに関係なく同じ「母」を持つ兄妹でも、家族には変わりない。
孤独だった主人公が家族を手に入れる物語である一方で、弟分が最後の最後にようやく金の呪縛から解き放たれるという物語でもあるんだよね。いい話でした。
ところでヒロインが誰かにソックリなんだけど思い出せない。たぶん男。

・一礼して、キス
弓道部の女生徒が最後の大会を前に引退を考えていたところを後輩に強引に引き留められる話。
スーパー戦隊のパトレン1号の中の人目当てで見たんだけど、タイトルから想像していたさわやかな青春部活恋愛モノとあまりにも違いすぎてゲンナリ。タイトルがラストシーンなのは間違いないんだけど、それまでに何度もキスしてるからときめきもなんもない。さすがにディープキスまで見せられるとは思わなかった。
オドオドした態度がハナにつく襲われ体質な先輩も大概だけど、本人に面と向かって「先輩のこといつもエロい目で見てました」などとぬかす背中フェチでモラハラ臭のする後輩がヤバすぎてだんだん世にも奇妙な物語を見てるような気がしてきた。いいシーンで使われているBGMがエクソシストのテーマ曲に似ているせいでホラー感マシマシ。
後輩が先輩に惹かれた理由は作中で語られてたけど、先輩が後輩を好きになった理由が一切不明。前段がないんだから同じように先輩にも語らせてよ!
後から原作がベツコミ作品と知っていろいろと腑に落ちた。

・俺たちステップ・ブラザース-義兄弟-
片親同士の結婚により両親とともに義理の兄弟としてひとつ屋根の下で暮らすことになった四十路で独立してない無職の男ふたりの話。
よくあるテーマも「四十路で独立してない無職の男」という要素が加わっただけでものすごい設定になるのね…ありえなくもないのがコワイ~。
おっさん同士で子供みたいにケンカしたりはしゃいだりしてる姿に笑いっぱなしだったけど、笑える身か?!と気づいて血の気が引いた。
この映画のすごいところは誰も不幸にならないところ。ヒールである弟すら不幸にならない。父親の「将来の夢は恐竜で17歳まで恐竜になりきって近所の猫を追い掛け回してた」という衝撃の告白や実の兄弟同士のハグにならないハグには大笑いしつつもしんみり。結局最後まで大人にはなりきれてないのがまたいいんだ。あー面白かった!

・トイ・ストーリー・オブ・テラー!
ボニーとの旅行の途中で車がパンクして急きょ田舎のモーテルに泊まることになった話。
新作公開に向けて予習。トイ・ストーリーで大真面目にホラー映画やっててとても楽しい。ホラー映画なシチュエーションにウッキウキのプリックルパンツがウザくて笑える。いやでもホントに「モーテル」まんまで支配人までソックリなんだ。
あえてのホラー映画あるあるなんだけど、次々と姿を消す仲間たちの真相はおもちゃならでは。人身売買を思わせてゾッとする。勇気でトラウマを克服して仲間を助け出すのもまたキッズ映画あるあるだけど、二つを合わせるとちがった味わいになるのね。
同時収録の短編も面白かった。とくに「ニセものバズがやって来た」が傑作。捨てられたおもちゃたちがホントにこんなの誰が喜ぶんだってのばっかりで。

・トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド
ボニーの友達の家に連れて行ってもらったウッディたち、そこは一度も遊んでもらったことのないおもちゃたちであふれかえっていた…という話。
引き続き新作公開に向けて予習。ボニーの友達どんだけ金持ちなんだ。あんな大量のおもちゃを開封して並べたきり放置だなんて!
おもちゃをほったらかしにしてゲームに夢中になるボニーを見ても冷静なウッディたちはさすが経験者ってところか。うーん切ない!おもちゃにとって理想の持ち主であるボニーのゲームに夢中になる姿はさみしいけど成長も感じた。そしてゲームに夢中だったボニーの友達がおもちゃではしゃぐ姿に子どもらしさを感じてほっとした。
おもちゃは遊んでもらって初めて自分が何者かを知ると。そういえばバズもそうだったもんなあ。ボニーたちが帰った後のラスボスの夢見心地な様子はおもちゃの本能だよね。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.07.08(Mon) 00:46

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード