« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

シアンマンガンバナジウム

最近見た(ゴジラ)映画

・ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘
行方不明になった漁師の兄を探すためにシージャックした船が難破して漂着した島は悪の秘密組織の秘密基地だった!という話。
前作で一区切りと思ったけどKOMの興奮醒めやらずで引き続き鑑賞。交代して気付く前任小美人のハーモニーの素晴らしさ。
ジャングルを探検したり美女を助けたりとキングコングっぽい。舞台が島ということでスケールダウンしたけど、最終的には島ごと爆発するのでむしろスケールアップ?暮らしが見える町や村が破壊されるのは心が痛むけど、悪者のアジトだから全然平気!
エビラとは相変わらず岩でキャッチボールしてたけど、ゴジラを攻撃する戦闘機がうるさい虫を払うかの如く次々に撃破されていくシーンが最高~。新しい試みの水中バトルは音がないと迫力に欠けるな。
ところでほぼ毎作出演している宝田明が同じ役なのか違う役なのかよくわかってないまま見続けている。

・怪獣島の決戦 ゴジラの息子
気象実験を行う島で発見された巨大な卵はゴジラの卵だった!という話。
島シリーズ?ゴジラの子育てとかいったい私は何を見せられてるんだ。
ゴジラの息子は気持ち悪いんだけどかわいく見える瞬間がなくもない。生まれた途端に巨大カマキリに突き刺さんばかりにいたぶられてかわいそうだよ…。
前作のエビラも大概だったけど、キングギドラの後となるとただ昆虫を巨大にしただけじゃあなあ。でも動きの昆虫っぽさはすごかった。人が入ってるようにも見えないしどうやって動かしてるんだろう?
雪景色の中のゴジラは日本画のように美しかったのでこのラストシーンを見れただけでもよしとしよう!

・怪獣総進撃
ゴジラが!モスラが!ラドンが!世界中を襲う!それはキラアク星人のしわざだった!という話。
作風も音楽も元に戻った!珍しくゴジラがふざけてないでまじめにやってる。
開始から5分ナレーションのみで企業ビデオみたい。
世界各地のランドマークが次々と破壊されて最高です!
怪獣バトルロイヤルはもちろん大興奮だけど、キングギドラが袋叩きにされてるのはちょっとかわいそう。
傲慢なキラアク星人がキッチリゴジラからの制裁を受けてスッキリー。
オールスター戦といいますか、集大成的な内容で楽しかった。

・ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃
いじめられっこで鍵っ子の少年が夢の中でミニラと友達になる話。
なんだこれまんがまつり用?前作でも見せた硬派なSF色はどこへやら。
島シリーズの使いまわしの怪獣バトルシーンにおいおいおいと思ったけど、新怪獣とのバトルは撮り下ろしでこれが対ミゼット戦みたいで面白い!気弱ないじめられっこが夢の中とはいえミニラの頑張る姿を目の当たりにして現実の世界でひとりで困難に立ち向かい打ち勝つストーリーもよかったし、見終わってみれば満足でした。
しかしゴジラよ、ミニラとガバラの戦いに主人公といじめっこの姿を重ねてミニラの勝利に感動してたらガバラに噛みつかれたゴジラがガチギレしてガバラボッコボコ。なんて大人げないんだ!

・ゴジラ対ヘドラ
ヘドロでできた怪獣が静岡を襲う話。
テーマソングが耳にこびりつくー。かーえせ(かーえせ)かーえせ(かーえせ)
ヘドラのおどろおどろしいデザインは好みだし(赤い縦目がイイネ!)、飛行モードなんかその巨大さも相まってめちゃくちゃかっこいいし、メッセージはわかりやすいし突如始まるアニメーションもサイケデリックな映像も嫌いじゃないんだけど、肝心のバトルシーンが間延びしててダレる…。ゴジラは対飛行生物に弱いよなーと思ったらゴジラが飛んだー!しかもなんだその飛び方かっこ悪いぞ!ものすごい死体蹴りは完璧に乾かすためだったのね。ヘドロでできた怪獣なんて戦いたくない怪獣ナンバーワンだわ。
ヘドロやら排気ガスやらを取り込みどこまでも巨大化する怪獣を生み出したのは我々人間だったのだ!というメッセージもエコが叫ばれるようになって久しい今の時代イマイチピンとこないんだけど、里で生活してる以上ピンとこないわけにはいかないんだろうな。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.06.15(Sat) 22:27

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード