« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ラドンもそうだそうだと言っています

最近見た映画

・キングコング(1933)
猛獣ばかり撮ってる映画監督が「コング」なる巨大生物が生息していると噂される島に撮影隊と美女を伴って向かう話。
「キングコング対ゴジラ」の前に。原住民の儀式のシーンの壮大さに期待は膨らみ、キングコングが満を持して登場!…うんまあ大昔の作品だしね。こんなもんだよね。と、トホホな気分で見てたのに、不思議なものでそのうちカクカクの動きが気にならなくなった。恐竜とのバトルはプロレスさながら。ちゃんと脚取りに行ってるし。
エンパイアステートビルのシーンはすごかった!撃たれっぱなしじゃなくて戦闘機を掴んでは投げみたいな反撃シーンも見たかったけど。
キングコングと美女の心の交流みたいなものがあるかと思ってたらそんなものはなくて、そうなるとキングコングが美女に執着した理由がわからない。餌ってこたないよなあ。肉食じゃないだろうし。
相当な被害が出たのに諸悪の根源の映画監督が無事なのが不満。

・キングコング対ゴジラ
提供番組の視聴率が思わしくない製薬会社が巨大生物が生息していると噂される島に調査隊を派遣、一方その頃、北極海で発光する氷山が発見され…という話。
白黒からカラーになって色々とアラが見えるのが面白い。ジオラマ丸出しなのがむしろワクワクする。タコなんてそのまんまタコだし。
ゴジラはかっこいいんだけどキングコングがなあ。私の初めてのキングコングが髑髏島の巨神のイケメンなのでどうしても比較してしまう。
ゴジラ要らなくない?と思いながら見てたけど、富士山麓でのバトルは楽しかった。ヘリから落とされたキングコングが山の斜面を滑り落ちた流れでゴジラにスライディングキック決めたのには大笑いした。高島忠夫も「お、いいぞいいぞ」ってのんきだな!
コミカルタッチなのはいいんだけど、キングコングまで妙に人間臭いのはなんなんだ。ゴジラの強さを目の当たりにして目ぱちくりさせたり頭掻いてすごすご退散したり。岩を投げて勢い余って転んで頭ぶつけて動けなくなるとか、ドジッ子か。
相当な被害が出たのに諸悪の根源のスポンサーが(ry

・モスラ対ゴジラ
海岸で巨大な卵が発見されたのでその卵を目玉にリゾート開発を始めることに、一方その頃、別の海岸では放射能を放つ謎の物体が発見され…という話。
モスラは見たことないのにモスラの歌の冒頭はそらで歌える私。前作の公開から2年しか経ってないのに、ジオラマにも合成にも進歩が見えてすごい。
名古屋城の登場に大阪城や熱海城のように城を挟んで大決戦的な絵面を期待したのに、お堀に足を取られてバランスを崩したゴジラが倒れ掛かってきて壊れて出番終了とか、ガッカリだよ!
モスラの幼虫が思った以上に気持ち悪いんだけど、だんだんチョココロネに見えてきた。ゴジラが途中からものすごくでかくなった気がする…鉄塔サイズから山サイズになったような…気にするのはタブー?
今回は諸悪の根源のリゾート開発関係者が無事で済まなかったのはよかったけど、べつにモスラはなにも悪いことしてないから死ななくてもよかったか。

・三大怪獣 地球最大の決戦
黒部山に隕石が落下、阿蘇山ではラドンが出現、インファント島に向かう船はゴジラに襲われ、日本に向かっていた要人を乗せた飛行機が墜落したのと時期を同じくして金星人を自称する女が巷を賑わせ…という話。
金星人のくだりにかなり重きを置いてて、怪獣バトルにも挟んでくるから結構気が散った。
キングギドラ、デザインからしてかっこいいのに「金星を死の星に変えた」というエピソードもかっこよすぎる。通過しただけで松本城の屋根が吹き飛ぶのもこわい!そして飛行音か鳴き声かわかんないけど「キングギドラの音」がこわい。ゴジラとは全然違うタイプでどっちも恐怖を煽るんだからすごい。
ゴジラのアタックとラドンのヘディング合戦は笑った笑った。モスラ(幼虫)による説得を小美人が解説するシーンが最高に面白い。ゴジラにしろラドンにしろ何を考えているかわからない神秘性があったのに、ゴジラとラドンが「知るか。勝手にしやがれ」ってそっぽ向いたり「おまえがあやまれ」「いいやおまえがあやまれ」ってやりあってたり、人間そのもので神秘性台無し~。説得に成功したというよりも強大な敵を目の当たりにしてやべえ内輪揉めしてる場合じゃねえって感じか。ゴジラは岩を投げつけるか蹴りつけるかしかしないし、ラドンはつっつくことしかできないし、結局モスラ(幼虫)の糸が最強の武器なのでは?

・怪獣大戦争
X星の調査に行ったらX星人から「キングギドラ倒したいからゴジラとラドン貸して。かわりに癌の特効薬の作り方教えるから」と頼まれる話。
X星のパートが空想科学イラストの実写化みたいでワクワクした。X星人のコスチュームに既視感…と思ったら電気グルーヴのCD「セレク豚」のジャケットか!
王道SFなX星人とのくだりはなかなか面白かったんだけど(ゴジラとの絡みは無理矢理な気がしなくもないけど)、ゴジラやキングギドラが人間ごときにやられるなんて納得いかない!ゴジラとラドンが地球の所有物みたいになっていいように使われてるのもなんだかなあ。ま、最終的には怪獣三つ巴の不透明決着だったからよしとする。
おそ松くんとかボクシングとか、ゴジラのコミカルな動きに当時の流行が覗えるのはいいんだけど、一作目で感じたゴジラの威厳はいったいどこへ…。
とりあえず新作ゴジラに向けた予習はここまで。間に合った!
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.06.03(Mon) 23:45

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード