« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

知識人ぶってる男

最近見た映画

・帝都物語
安倍晴明の末裔が帝都・東京を壊滅させるべく平将門を復活させる企みを平将門の末裔が阻止する話。
「加藤が来るぞー!」のシーンめっちゃ滾った。そんで出てきたのがアレでしょ、最高じゃん。加藤のビジュアル完璧すぎない?!この世のものとは思えない。
奥行にこだわりを感じるカメラワークが素敵。コマ撮りの式神も作品の雰囲気にピッタリ。なんかすごい兵器出てきたぞと思ったらH.R.ギーガーの意匠だったとは!!!でも学天即だけはどーーーしてもムリ!笑うわこんなの。地下鉄工事の貫通に成功しただけなのに、本人の知るところなく加藤退治に一役買ってるのも面白い。
キャラクターもトンデモな世界観も大好きなんだけど、雪子が兄妹の間に生まれた子だったってのにドン引き。雪子本人は洋一郎のことを「お父様」と呼んでたけど、由佳理は洋一郎や恵子との関係を雪子にどう説明していたというのだ。恵子が姿を消した後の親子三人仲睦まじい様子もおぞましい。

・帝都大戦
時は昭和20年、戦況は悪化の一途を辿る中、帝都に散った幾千万の怨念を背負って加藤が蘇った!という話。
のっけから丹波哲郎の登場に「連合国の指導者たちを呪殺」だの「怨念を電波に乗せて遠くまで飛ばす」だのものすごい台詞の連発で期待大!だったのに地っっ味~~~。心の交流だの恋模様だののまあー退屈なこと。ヒロインが全然好みじゃないからテンションだだ下がり。前作は見たこともないような怪奇映画だったけど、今作は凡庸なホラー映画だわ。過剰なゴア描写も醒める。でも丹波哲郎が思わぬ行動に出るどんでん返しのラストはよかった。

・特捜部Q キジ殺し
20年前の殺人事件の被害者の父親が未解決事件を扱う刑事に再捜査を直談判した翌日に自殺、無下にしたことに責任を感じた刑事が再捜査に乗り出す話。
主犯格が鬼畜すぎて霞むけど女だって相当だよなあ。暴行は一緒になって楽しんでたけど思いがけない殺害にビビって通報したってことでしょ?そんな女にあの末路はざまあとしか。
主犯格が逮捕されたところで固い絆で結ばれた同窓生のおかげでたいした罪にならないのは目に見えてるし、更生を願う主人公には悪いが、女の過去の所業を思えばタダでは済まされない。ああ終わる以外なかったのでしょう。
しっかしヤマが終わるたびにボコボコになって帰ってくる父親を息子はどう思っているのだろう…。

・ミッドナイト・イン・パリ
映画の脚本で生計を立てている小説家志望の男が婚約者の父親の出張に便乗したフランス旅行で不思議な体験を通じてフランス文化の偉人たちと交流する話。
婚約者も婚約者の両親も友人カップルも全員嫌な奴で主人公はよくこんな人間関係に飛び込めるなと思ったけど、本人も「あなたの考えはクソだけど尊重する」などと言ってしまう変人だからか。
「THE MERRY WIDOW」でたまたま知っていただけの私でもマキシムのシーンには興奮したんだからフランス文化に詳しかったら主人公と一緒にもっと興奮できるんだろうなあ。探偵はいったいどんなルートで中世まで行ってしまったのだ。
古い時代への憧れはきっと誰でも持ってる感情だから「ベル・エポック時代に残る」と言った彼女の気持ちはわかるし、あのはしゃぎ様なら主人公も「じゃあ僕も1920年代に…」となるかと思いきや「黄金時代はここじゃない」と冷静な選択をしたのは意外だった。彼女の浮かれっぷりを見て我に返ったのかな。
婚約者のクソっぷりにこれで終わり?と思わなくもないけど、あれで完全な決別と考えればまあまあ胸は空くかな。主人公も自分の夢の実現に踏み出したってことで。

・海底47m
メキシコのリゾートを訪れた姉妹が檻に入ってサメを観察するアクティビティに参加したらワイヤーが切れて檻ごと海底47mまで沈んでさあたいへんな話。
妹がやられたと思いきや生きてたと思ったら姉妹もろともやられたと思いきや助かったと思ったらズタボロでこのまま死ぬんじゃないかと思ったところでまさかの夢オチ?!どこから幻覚だったんだろう?結局妹はサメに襲われたあのときに死んでて姉だけが救助されたってことだよね?救助隊とともに海面に上がっていくシーンは天に召されたなぞらえとかなんとか深読みしなくていいのよね?!
妹は生きる道を探して必死に行動したし、ウジウジした姉も妹を助けるために自分を鼓舞したりと精神的な成長が見られただけにたとえズタボロでもあそこで終わってほしかった。
何か企んでいるのではと思わせぶりな地元の男たちは何も企んでいなかった。暴言を吐いた男ですら何もなかった。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.03.21(Thu) 21:46

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード