« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

赤青黒黄桃+緑?

最近見た映画

・ランペイジ 巨獣大乱闘
地球外で危険な遺伝子操作実験をしていた宇宙船が爆発して薬品の入った容器が地上に落下、それを摂取した動物が巨大化して大暴れする話。
想像してたより大きくなかったけど、抜群の機動力で超高層ビルをずんずん登る姿がとてもよい。車ブン投げるのも爽快!
おゴリラのジョージに解毒剤を摂取させる方法がヒドイ(笑)悪徳姉弟の弟の方はおバカで憎めなかったんだけどなあ~。
巨大化したジョージとの共存は無理か…と切なくなったところで生きとったんかワレ展開でヨカッタヨカッタ。「住むところ探さないとな」なんてノーテンキだし。ジョージがアファアファ笑うの好きよ。

・封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド
暴君とその妻を倒すべく光の剣を探しに行く話。
封神演義の登場人物を使ってエログロ要素は排除してディズニー要素らしきものを入れて子どもが楽しめる冒険譚にしましたよーという感じ。画面がとにかくド派手で楽しい。話が単純な分、画面に集中できる。フルCGの赤ちゃん(?)は不気味の谷に片足突っ込んでるけどギリギリかわいいかな?
雷震子を主人公にしたのはわかりやすくてよかったけど、商の大将を聞仲じゃなくて申公豹にしたのが謎。しかしというかやはりというか、「傾国の美女」の視覚化は難しいもんですなあ。
これちゃんと終わるのかと思ったら当然のように終わらなかった。続き出る気がしないんだけど。

・ドント・ハングアップ
いたずら動画をアップして再生数を稼いでる若者たちがいたずら電話で盛り上がっていたら折り返し電話があってたいへんなことになる話。
アオリ文句にセルラーみたいな話かと思ったら全然違った。ていうか電話切りまくってるし。
結構面白かった。ソウとかアンフレンデッドとか連想する他作品はあるけれど、どんでん返しもあって退屈せずに見れた。(電気通信関係の細かいことは気にしない方向で)
親友に彼女を寝取られていたという点においては主人公はかわいそうだけど、それとこれとは別、いたずらを楽しんでいた時点で主人公は罪を償ってしかるべきなので、全滅&濡れ衣のハッピーエンドでスッキリー。プロローグのまったく笑えないいたずらは伏線だったのね。あのパケ写だと女性が犯人に脅されてるみたいではないか。

・パワーレンジャー
同じ高校に通う生徒5人がたまたま宝探しの現場に居合わせて5色の不思議なメダルを手に入れたせいで悪者から宇宙を守る破目になる話。
潤沢なハリウッドマネーで制作された超豪華なスーパー戦隊が見れるぞとワクワクしたのに、待てど暮らせど変身しねえ。何度「はやく変身しろ」とひとりごちたことか。まさか変身するまで1時間半も待たされるとは思わなかったよ!本家のみなさんの呑み込みの速さと適応力の速さを見習っていただきたいものである。でも変身してからの怒涛の展開は期待通り!…そうか本家に倣うと小一時間で終わっちゃうから「変身まで道のり」をストーリーのメインに据えたのか。
秘密基地・司令官・マスコットキャラ・戦闘員・女幹部・巨大化する怪人・マシン・合体ロボとスーパー戦隊のお約束を粗方網羅してるのはエライけど、お国柄の違いだとしてもカッコイイ変身ポーズと名乗りがないのは許さない。
まあ、今作は序章ってことで、エピローグで追加戦士の伏線(だよね?)が出てきたので次回作に期待します。

・宿命
カジノ強盗に失敗して捕まったヤクザが出所後に現金の一部を託した仲間を探しに行く話。
ああもう顔も名前も覚えられないからテレビ放送みたいに重要人物にテロップ出して欲しい。見終わった後に冒頭見直してやっと理解したわ。黒幕の彼、もうちょっとうまい絡ませ方できなかったんかな?漁夫の利じゃん。
暴力描写に誰も救われない結末なんかいかにも韓国映画らしいんだけど、ところどころ恋愛ドラマっぽい演出になるのが笑っちゃう。
みちのくプロレスのポスターは映画のパロディが多いんだけど、この作品は拳王が凱旋一発目でハヤトからベルトを奪取した2009年9月シリーズのポスターの元ネタなんだよね。だからずっと見たかったのです。
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.11.21(Wed) 00:30

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード