« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

G3S

最近見た映画

・ジュラシック・パーク
古生物の専門家と古植物の専門家のカップルのもとに新設テーマパークの監修依頼が来て行ってたみたら本物の恐竜がいた話。
恐竜博物館予習シリーズ。
この作品に登場する子供はただ守られだけの存在でなくて活躍しているのが素晴らしい。
小さなきょうりゅうはかせにカタブツ主人公がタジタジで和むわー。「子供は嫌いだ」と言っていた主人公にだんだんと父性が芽生えていくのがいい。
恐竜がこわいのは当然として、車がいい仕事しすぎててホントにこわい!ぼうやは恐竜よりも車がトラウマになりそう。お姉ちゃんは完全に恐竜がトラウマだろうけど。
社長が諸悪の根源としか思えないんだけど、孫にとっては「大好きなおじいちゃん」だし、悪気があったわけではないし、しっかり反省してるし、奴のせいでいっぱい死んだけどまあいっか。
テーマパークの計画がとん挫したのは仕方ないけど残念だなあ。あったら絶対行くよね。

・ロスト・ワールド
あれから数年、事件の生き残りである数学者が恐竜を隔離した島に調査部隊として送り込まれた古生物学者の恋人を助けに行く話。
恐竜博物館予習シリーズ。
調査部隊が4人ぽっちでこれだけ?と思ったら途中から襲われ要員大量投入!本土にまで上陸しちゃって襲い放題だね!
密猟組織の一員の死に方が嫌すぎる。大型恐竜にバックリいかれるより小型恐竜についばまれる方が百万倍嫌。主人公カップルを助けようとがんばった仲間は殺さないで欲しかった…。
今回はバスがいい仕事してました。それ以上に無人タンカーにゾッとした。
前作はアドベンチャー色が強くてワクワクできたけど今作はホラー色が強くてこわかった。ジャケットも不気味。

・ジュラシック・パーク3
古生物学者が金持ち夫妻から恐竜の島と化したサイドBのガイドを頼まれてはじめは断ったんだけど金に目がくらんで引き受ける話。
恐竜博物館予習シリーズ。
主人公は1と同じだし、特撮もCGも申し分ないのに、なんでか漂うB級臭。なんだこの身勝手な金持ち夫妻はよ食われろと思ってたら実は金持ちでもなんでもなくて行方不明の息子を探すために主人公を騙してでも頼りたかったとわかって憎むわけにはいかなくなってしまい、ヒールがいないのも物足りなかった。
でも前2作に比べて恐竜の出番多いし、どの恐竜よりも翼竜が一番怖かったし、海上でのラストバトルもハラハラしてよかった。命がけで人助けした人を殺すなよ!と思ったら生きてたし!
決して悪い出来ではないんだけど、ここから次作まで14年も空いてしまったのもわからないでもない。

・お嬢さん
詐欺集団の一味が富豪から金を騙し取る計画を立てて、姪の求婚者と侍女になりすまして屋敷に潜入する話。
百合要素があるらしいということで観たんだけど(ハ・ジョンウが出演してるからそうでなくてもいずれは見たけど)、要素どころじゃない、いろんな意味でかなり濃厚だった。こんなに過激だとただのサービスシーンになってしまいそうなのに二人の親密さがちゃんと伝わってくるのがいい。女同士特有の軽率なスキンシップからくるイチャイチャ感もたまらない。萌える。あかぬけた色白弥生顔のお嬢様とあかぬけない色黒縄文顔の侍女のカップリングも好み。
官能小説朗読会は悪くない趣味だと思うけど、子供に朗読練習させるのは虐待以外の何物でもなく見るに堪えない。
第1部の最悪な結末が第2部でひっくり返って、鬼畜生がちゃんと死んで、救われて欲しい二人が幸せになる最高の結末だった。
しかし朝鮮語とカタコトの日本語が半々で進んでいくからとにかく見づらい!日本人が全員朝鮮語喋ってても文句言わないからそうしてほしかった。話に集中できん!

・ジーサンズ はじめての強盗
長年勤めていた会社が買収されたせいで年金がもらえなくなった仲良しじいさん3人組が恨みのある銀行に強盗を企てる話。
ひゃーどきどきした!目撃者が「違う」と言ってもなお少女に嘘をつかせたことに胸を痛めて自白するんじゃないかと気が気じゃなかった。そこまでお人好しじゃなかったみたい。それでいい!
少女はなんでシラを切り通したんだろう?チビッコって笑顔でバイバイしたらもう友達だったりするから(面通しのシーンと時系列入れ替わってるよね?)「あのコがおじいちゃんと会えなくなっちゃうのはかわいそうだから知らんぷりしよう」てこと?ともかくGJだよお嬢ちゃん!
犯罪は犯罪なんだけど、手に入れた大金でちゃんとお礼参りしているから後味スッキリ。人生捨てたもんじゃないね。

恐竜大好きっ子だったのに今となっては著名竜しか覚えてないので恐竜博物館に行く予習としてジュラシック・パークシリーズを見たのに新たに覚えたのはヴェロキラプトルくらいだったけど恐竜博物館では動くティラノサウルスを間近にしてジュラシック・パークの登場人物の気分を味わえたから見といてよかった。
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.10.30(Tue) 22:42

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード