« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

予算があるって素晴らしい!!!

映画「MEG ザ・モンスター」

「ジョーズ」が起源であり最高峰として、次点が以下を大きく引き離して「ディープ・ブルー」というのが、サメ映画愛好家の共通の認識のようで、多少なりともサメ映画を見た私もそれに異論はありません。
そんなツートップに迫る勢いのサメ映画が登場したぞということで見に行ってきました!
直前に「ロスト・ジョーズ」を観賞して、これよりひどいことはまずないだろうと、ガッカリする確率を引き下げておいたのですが、わざわざそんなことする必要ありませんでした。
クソサメ映画100本束になってもかなわないくらいものすごいクオリティのサメに大!満!足!もうね、海面から出てる背びれひとつとっても重厚感が違うよね。その名前を使ってはいるものの襲撃シーンの雑さゆえサイズ感がわからない「メガロドン」がちゃんとデカイ!サメの巨大さに圧倒されてたらもっとデカイのが出てきて、その登場の仕方のインパクトといったら!宝塚を初めて見た人が、すごい羽根の人がきたーこの人がトップなのねーと思ったらもっとすごいのきたー!さっきの二番手だったのかー!みたいな。デカすぎると人間ごときのサイズじゃ丸呑みするしかないからゴア度は低いんだけど、そこらへんはクジラさんやひとまわり小さなサメさんに一役買ってもらうってことで。なにげに無数のサメがラスボスの死骸にたかるシーンが一番グロかった。
これだけ素晴らしいサメを見せてくれたらあとはもうどうでもいいとすら思ったのに、潜水艦は爆発するわヘリコプターは爆発するわ船へ墜落するわ巨大イカは出てくるわサービスシーンもたっぷり。あんまりサービスしてくれるもんだから、芋洗い状態のビーチ襲撃シーンにはついうっかりファイナル・デッド・シャークばりの大惨事を期待をしてしまいました。そこまでじゃなかったけどそこそこでした。(大惨事の基準がくるってる)
多くのクソサメ映画では言葉でしか語られない「調査中に古代生物を発見」の「調査」がちゃんと映像になっていることにも感激!まるで宇宙のような深海を進む探査機がカッコイイ!深海に棲む古代生物が海面まで上がってきた理由も映像で分かりやすく説明してくれると納得してしまう。こうして書き出していくとクソサメ映画のクソサメ映画たるゆえんがよくわかるなー。
人間ドラマの時間をもっとサメに割いてくれと思わないこともないけど、ヒロインの娘ちゃんの天使っぷりと主人公の肉体美に免じて許す。人間同士のいざこざも控えめだったしね。忘れちゃいけないのがトシ!もちろん日本人贔屓もあるけど、アジア人が死ぬのはこのテの映画のセオリーとはいえ、妻に手紙をしたため仲間を助けるために犠牲になるというあまりにもベタベタな死に方にウルッと来てしまった。
本当に素晴らしいサメ映画でした。サメ映画見始めたのがここ1、2年の私ですらこんなに感動してるんだから、サメ映画愛好家の皆様の喜びははかり知れません!
そういえばビキニギャルが出てこなかったなと思い返したら芋洗いビーチで大量に出てきてたわ。そんな点でもこの映画は王道サメ映画なんです!…数多のクソサメ映画だって本当はこういうのが作りたいんだろうなーと思うと悲しくなってきた。
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.09.14(Fri) 22:33

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード