« 2018 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

バチェラー・ジャパン シーズン2 エピソード9 の感想


エピソード9
・小柳津さんの実家もスゲエー!と思ったけど、両親に会わせるってだけで実家じゃないのか
・小柳津家はお母さんの方がネックなのか
・小柳津さんが伴侶に「手に職」を求めるのは翻訳と通訳の仕事してるお母さんの影響か
・会う順番も運だよね
・みんな当然のように料理できてすごい
・「下僕第一号」とか「先生」とか、小柳津さん面白い
・ご両親も一人目のときは緊張されてたご様子
・小口さんが手に職をつけようと頑張っているとわかってお母さんの態度が一気に軟化したね
・小口さん口数は多くないけど、落ち着いて受け答えしてて好印象
・当初の不安はどこへやらのお母さんからの「パーフェクト」な評価には小柳津さんもビックリ
・小柳津「よっしゃできた」倉田「うん、それじゃ全然ダメ」いつものフラットなトーンでのダメ出しに笑ってしました
・料理の彩なんて言われなければ気にしないけど、言われてみるとたしかに緑と茶色だけでこれまた笑ってしまった
・小口さんのときとはうってかわってやわらかい表情でご両親登場
・倉田さん「初めまして」言い過ぎ。テンパっておられる
・「(味付け忘れたから)できれば食べないでほしかった」今日の倉田さん面白すぎる
・「京都」という共通項もあって話も盛り上がったしなによりお母さんが倉田さんにメロメロだあ
・倉田さんが番組に参加した経緯を話すくだり「イラストの仕事ってもうからないんですよ」のあたりに「生活の面では旦那に助けてもらいながら好きな仕事を細々と続けていきたい」という気持ちが見て取れたような…。野田さんみたいに「いざとなったら私が食わせてやるよ」みたいな感じではないんだなと
・お姉ちゃん番組の大ファンだなんて親しみがわくなあ
・お母さんは倉田さんをいたく気に入ったご様子だけど…
・お父さん「身内に離婚した人がいないから片親は減点になる」自分の親がそういう考えを持ってると知ったらショックだよね
・倉田さんへの侮辱めいた評価をしたお父さんに怒りをぶつけた小柳津さんに男気を見た
・「俺はお母さんの意見が重要だから」小柳津さんちょっとムキになっておられる…落ち着いて~
・あっさり帰ろうとした倉田さんに両手広げて「あーあーあー」ってハグを求める小柳津さんも「ああ、はいはい」ってあわてて応える倉田さんもふたりともかわいかった
・若尾さんご両親に「なにもしない子」と言われてたけど、一人暮らし長いし料理できるんだよね
・ちゃんとかわいいモードの若尾さんだ
・若尾「りんたろうさんってご両親から見てどんな人ですか?」両親「とにかく家にいない子」小柳津さんそういうタイプなんだ
・若尾さん本人は楽しそうだけど、お母さんの反応がイマイチ…?
・お父さんの「レベル高いね」発言がなーんかヤダ
・「お母さんに訊いて」ホラお父さんスネちゃってるじゃん!
・前の二人では褒め言葉しか出なかったお母さんの口から初めて曖昧な言葉が!
・しかも両親口をそろえて「りんたろうに似てる」とな?!
・えーどこが似てるんだろう?一人で生きていけそうなところ?
・「りんたろうが持っているものは彼女も持ってるし、りんたろうが持っていないものは彼女も持っていないから、補えあえない」な、なるほど!
・「最後に決めるのは自分」とはいえど、この両親の評価は気になるよね
・今回、帰り際に三様のハグを見て、小口さんも若尾さんも高身長だからお互い肩に顔を乗せるような感じになってるけど、倉田さんだけ小柳津さんの肩にすっぽり埋もれててかわいかった
・倉田さんの名前が呼ばれたときの無表情な若尾さんがおそろしくも美しかった
・いやまあそうだよね、お父さんの倉田さんへの評価は問題にならないけれど、若尾さんへの評価には左右されるよ
・とくに「自分に似てる」なんて言われたら当然自分の嫌なところも知ってるわけで、相手の嫌なところに触れるたびに「自分もこうなのか?」と自己嫌悪に陥りそう
・若尾さんのキャラ設定は失敗だったのでは?!あんな高飛車演じないで最初から素の自分を出していたらそれこそギャップ萌え~で結果は変わっていたのでは?と思わなくもないけど、小柳津さんの前ではかわいい若尾さんだったから結果は変わらないか
・もしかしたら「仮面」だと思っていた方が「素顔」で小柳津さんはそれを見抜いたのかも…(ホラー)
・最後まで参加者たちの前では高飛車キャラなのね
・別れ際のハグとキスはルール違反だよーダメだよー
・「帰りたくないー」なんて今更泣いても遅いよー
・決め手は「ときめきの多さ」かー。小柳津さん結構ロマンチストよね
・あーやっとイロモノ消えた。まともな二人が残った。
・若尾さんがこんなところまで残るとは思ってなかった。福良さんはツーショットデート以降「イロモノ」という印象はなくなったけど、若尾さんは結局最後まで「イロモノ」という印象は変わらなかった
・次回ついにフィナーレ!と思ったら最終回直前スペシャル~?そんなん飛ばすわ!後で見るわ!
・2/3
未分類 | CM(0) | TB(-) 2018.08.06(Mon) 19:28

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード