« 2020 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

バチェラー・ジャパン シーズン2 エピソード5 の感想


エピソード5
・比較ツーショットデートとはまたエグイことを
・同室「私もワンピース用意してきたのに」桃田「着ればいいじゃん。出迎えてくれるときに。キャハハッ」いい性格してんなオイ
・桃田さんの(野田さん曰く)モテる発言もだけど、「チルアウト」って言葉が出てくるあたりクラブで遊んでる人なのかな
・存在感の無かった桃田さんが存在感増してきたなー
・小口さんの背中のタトゥービビッタ。小柳津さんは好意的だったけど程度の問題だよね…
・薔薇はどっちも貰えなかったけど小口さんの方が断然いい雰囲気だった
・倉田さんめっちゃいい感じじゃん。「博愛主義である必要はない」とか過激なこと言ってるけど小柳津さんの反応いいし
・「それぞれの道があって同じ帰る家があればいい」という考え方も小柳津さんと価値観合いそう
・倉田さんとのツーショットデートが雰囲気良すぎてフィナーレかエピローグかと思った。「これからも一歩一歩進んでいければと思います」なんて相当先見据えたセリフだよ
・小柳津さんじゃないけど倉田さんの株めっちゃ上がった。みんな思わせぶりに「キス」とだけしか言わない中でごく自然に「ホッペにチュー」と言う屈託のなさもかわいい
・右手さん組織の長だけあってやっぱりしっかりしてる。野田さんに「そんな拒絶してたら何も話しできないから嫌われて終わるだけだよ」全くその通り!
・野田さんあの性格でグループ活動できてたのが不思議
・福良さんせっかく浴衣姿ステキなのになんだあのイチャ付き方。小柳津さんの太腿の上に生足投げ出すとか見てらんない。ふくれっ面もかわいくないー
・小柳津さんが酔っぱらったスナックのママに絡まれる客にしか見えない…
・右手さん突っ走りすぎちゃったかなー。「私のことどう思ってる?」という具体的な質問はタブーだよね。「こういうところが好き」みたいにlikeは言えるけどloveは最後までは言えないもの
・「人間としてはかなり尊敬してるけど、女としては相当模索中」って恋愛しに来てる人に対してものすごい残酷な答え
・右手さんカクテルパーティーのツーショットなかったらたとえローズ貰っても断ってたかもね
・苦しんでる右手さん見て解放してやれと思ったからここで落としたのは正解だったのかな
・語られなかったけど右手さんが結婚相手に求めた「私のことを大好きな人。好きだということをちゃんと伝えてほしい」ってのが小柳津さんの価値観に合わなかったんだろうな。それって直前に小柳津さんが言ってた「言わなくてもわかるから」と真逆のことだし
・今回何もしていない安藤さんが残ってるのとか見るとツーショットはプラスに働くとは限らないんだなと
・福良さんが残ってるのが不思議でならないんだけど、そうかツーショットデートしてないのか
・7/9
バチェラー・ジャパン | CM(0) | TB(-) 2018.08.06(Mon) 19:26

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード