« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ついにオリンピック周期を超えた

OUTRAGE。

4年8か月振り!ということに目の前に立ってた人の前回のツアーTシャツのバックプリントを見て知ったくらいにOUTRAGEのライブは数年に一度しか見れないことが普通になってしまった悲しさ。

今回わりと全景見渡せる位置に居たのと推しの安井さんがあまり見えなかったのとで橋本さんを主に見ていたわけですが、橋本さんの美しいこと!あえて「かっこいい」ではなく「美しい」という言葉を使いたい。「YOU SUCK」の長台詞でひとりのお客さんをロックオンしてたけど、自分がされから心臓持たんわ。投げキッス(空中キャッチいいね)にはまじで場違いな黄色い声出そうになった。冒頭に書いたこともあって私にとって橋本さんは絶対に墜ちてはいけない人なんだけど墜ちるかと思った。
いきなりミーハー全開で失礼。

OUTRAGEは4人時代含めて散々聴いてるから新作の予習だけでじゅうぶんなんて思ってたらそうでもなかったーしまったー。隣で完璧にレスするお客さんに嫉妬することになろうとは。オーラス知らんと思ったらWHO ARE YOUの収録曲だと…?ていうか新作の特典DVDに入ってるんかい!見てないよ!(←見ろよ!)
と、復習不足に後悔はしたけど、OUTRAGEの凶悪さは相変わらず、いやいやそれ以上で、普通に生活しててこんな暴力的な気分になることなんてそうそうないよなとしみじみ。不思議だよね、どんなに暴力的な気分になっても、音を感じて頭振って拳振り上げて叫べばしっかり発散できるんだもの、超健全。モッシュもダイブも不要。こういう部分もへヴィメタルファンの年齢層の高さの理由かしら??
OUTRAGEもそうだけど、「若い奴らにはまだまだ負けん」とかそういったレベルじゃない、「熟練」だけでどうにかなりそうもないパワフルさを見せつけられると本当に一体全体どういうことなの?と。OUTRAGEに関しては衰えを感じることなんて未来永劫無さそう。

気持ちの昂ぶりに思いっきり水を差すのがゆるゆるMC。橋本「こんばんは。羽生結弦です」のタイムリーなネタはまだわかるけど続く阿部「牛タンです」安井「北京餃子です」にはお客さん困惑。「会場の熱気で外の雪も解かそうぜ!」なんて定番MCも「そうしてくれると帰りの運転がラク」と笑わせにくる。一番おかしかったのが、橋本「ステージからも客席がよく見える」安井「(真下に居る頭髪の明るいお客さんに向かって)まぶしくて見えない」丹下「個人攻撃はよくないよ」火に油。

前回から5年近く開いたということ以外はなんの不満もないライブだったわけですが、前回に引き続きで3人時代の曲はセットリストに組まれなくなったんだなと。これは不満とかそういう話じゃなくて、私の気持ちの問題。OUTRAGEの4人が出したひとつの答えとして受け入れていくしかないんだろうな。
いやもうねーさすがにねー。橋本さん完全復帰して今年で10年でしょー。3人OUTRAGEへの未練を同じ熱量で持ち続けるほうが難しいわ。そんなの自分でもわかってるわ。それでも自分の未練の熱量は異常だと思うし、その原因のひとつはライブが見れるスパンの長さなのは間違いないし、だからやっぱりもうちょっとなんとかしてください。
次はこんなに間が開かないようにとは言ってたけど、期待しないで待ってるワ。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2018.02.25(Sun) 23:55

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード