« 2018 . 12 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カルボナーラ入りオムカレー

最近見た映画

・極道めし
チンピラが収監されたとある房で「美味しい思い出」を発表し合っておせちを争奪するゲームが開催される話。
原作は2巻くらいまで読んだ。ナポリタンスパゲッティの話が強烈に頭に残ってる。
前半は美味しそうな描写がテンポよく連発されててよかったけど、後半の主人公の話が長すぎてダレた。でも元カノが都合のいい女で終わらなかったのは良かった。…と思ってたらパンフレットに掲載されていたという食べられた手紙の内容がおもいっきり都合のいい女でガッカリだ!
元プロレス練習生が出てくるんだけど、橋本真也の生き写しで目を疑った。所属団体が大日じゃなくてゼロワンならカンペキだったのに~!

・コドモ警察
特殊ガスにより全員が子どもになってしまった特別捜査課が犯罪組織を追う話。
太陽にほえろ&西部警察ミーツ名探偵コナン。く…くだらない。福くんかわいい。で鑑賞中ずっと半笑い。
老け顔チビッコの福くんありきだろうけど、ブル・ナベさん・マイコあたりのそのままサイズアップすれば昭和の刑事ドラマに出られそうなクオリティも見逃せない。子ども特有の滑舌の悪さも味。
マリウス葉(38)の説明もないし、続編を見越しているというより途中から始まって途中で終わったので「?」と思ったら、テレビドラマの劇場版なのね。1話完結の連ドラで見たほうが面白そう。
佐藤二朗とムロツヨシの登場で福田雄一監督作品か!と気付いた私。

・告発の行方
レイプ現場ではやしたてた者もまた罪を償うべきか?という話。
服装や言動が強姦される理由にならないと頭でわかっていても、当日の一部始終を見て「挑発的な服装と言動」と思ってしまった。彼女の友達が示した不快感がすごくよくわかる。
弁護士の言うことに対して「なんじゃそりゃ」と思うのは映画観てる側は事実だとわかっているからであって、陪審員としてあの場にいたらグラッときちゃうのかなあ?
有罪になったのは単純に審議の結果として以上にこの映画が「問題提起」で終わらなくて本当によかった。

・バチカンで逢いましょう
ローマ法王に会うことを望む敬虔なカトリック信者のおばあちゃんが夫が亡くなり娘家族と暮らすことになったんだけど、老人ホームに入れられそうになるわ楽しみにしていたローマ旅行は中止になるわで頭に来てローマで暮らす孫娘を頼ってひとりで旅立つ話。
おばあちゃん元気だなあ~。詐欺から始まる恋物語はおかしいんだけどなんだか憧れちゃうなー。こういうの見ると来世に期待する前に老後に期待したくなる。
おばあちゃんの前ではいいコでいたい孫娘もかわいい。「どうして彼はベッドで寝てあなたはクローゼットで寝てるの?」のやりとりが面白い。
唐突に明かされるおばあちゃんがローマ法王と会うことを切望する理由にビックリした。そういえば冒頭でなんか言ってたね。
おばあちゃんの望みが叶うラストの展開は映画ならではで素敵~。デザートを作りながら女三代本音をぶつけ合うのもいい。
母親にも娘にも拒否されてひとり空港に向かうお母さんの姿に切なくなったけど、お父さんの登場ですべて救われた!みんなお幸せに!

・箱入り息子の恋
まじめに勤めてるけど実家暮らしで酒もたばこも人付き合いも一切やらない彼女いない歴=年齢の男がお見合い相手の盲目の女性と恋に落ちる話。
まったく憧れないおとぎ話。いくらでもキラキラにも美談にも仕上げられそうなものをそうしないのは好印象。ヒロインのお父さんの何様感と主人公のお母さんがヒロインを拒絶するくだりがキツい。
主人公カップルが吉牛で向かい合わせの席ですすり泣きながら牛丼を食べる場面と夜這いがバレた主人公が全裸でヒロインの父親にボコられる場面は笑っていいものか。笑ったけど。
主人公と自身を重ねる人たくさんいそうだけど、共感できないし好感も持てない私は共通点が出てくるたびに苦笑いですわ。
ところで奥手な非モテ設定に説得力があって主役を張れるくらいに人気のある俳優って星野源くらいしかいない気がする。
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.02.10(Sat) 20:28

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード