« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

へぽたい屋

氣志團。

翔やん念願の遠野GIG。道の駅からすでにリーゼント推しのお祭りムード。まちを挙げての歓迎っぷりにいち観客の私も嬉しくなりました。

房スカ始まりで予習要らんってくらい懐かしい曲のオンパレードに「???」と思ったら、最新アルバム「万謡集」のリリースツアーじゃなくて結成20周年記念ツアーだったのね。昔の曲のほうがアガるのは正直なところだけど、「この曲が聴きたいな~あの曲やってくれるかな~どんなステージになるのかな~」などと最新アルバムを聴きながら期待に胸を膨らませていたことがなにひとつ叶わなくてガッカリだよ!…と、思えた自分は現在進行形で好きなんだとわかってちょっと嬉しい。

今回は20年を振り返るというよりは結成当初にスポットを当てた感じかな。「そんなこと言ってない」の苦情連発の加入エピソードを絡めたメンバー紹介も面白かったけど、翔やんによる出会った当時のメンバーとの思い出話がヒドすぎて笑いすぎた。翔やんほんっといい性格してるわ。
星屑輝矢不参加の影響か?微熱DANJI&まちゃまちゃの出演パートはわりかし控えめで演劇色は薄まったけど、Eテレ風のおにいさんとおねえさんによる楽しみ方をレクチャーする新設設計はやりすぎかなあ。面白いは面白いんだけどね。バカ呼ばわりに「は?」「は?」って一触即発になるのツボ。音楽に合わせた七五調の斉唱は印象的でよかった。「オレらの時代」は要らないや。メドレーへの布石にも必要なのはわかるけれども!
で、メドレーですよ!私メドレー嫌い!ライブで聴けることを楽しみにしていた曲がメドレーに組まれたときの絶望感たるや!よりにもよって木更津サリー、BabyBabyBaby、330、東京、愛してナイト、好きな曲組み込まれすぎ!!翔やんのメドレーに対する考えにおおきく頷いたのに前フリだったなんて~そりゃないよ~。ま、東京なんて今回のセットリストじゃ絶対組み込まれないだろうから断片でも聴けて良かったかななんて思わないぞ!!!
「諸事情によりめったに演らない曲」コーナーはよかった。不人気投票で圧倒的な得票で1位に輝いたという「うすぴた」が聴けたのは儲けモン。好きな曲だけどワーストなのも頷ける。「ジゴロ13」はシングルのカップリングということで私もチェックしてなかったけど、パフォーマンスのレベルの高さにめったにやらないなんてもったいないと思いました。
最新アルバム「万謡集」からは1曲のみ、お客さんがルーレットを回して決めた「R'N'R P@RTY」。紅白出演時にヤングマンの賑やかし要員で着用したという星条旗の衣装で披露されたわけですが、パフォーマンスが全然できてない。というかそもそも作ってない。光ちゃんなんかまったくの手持無沙汰。氣志團でも「ただ演奏するだけ」だとこうなってしまうのか、当たり前のように見ているパフォーマンスはしっかり練り上げられたものだったんだということを今更思い知らされました。長年見てても新たな発見があるモンですな。
オープニングとエンディングの映像はオチがすごかったし、エンドロールの冷やし中華始めましたの替え歌も最高。最後の最後まで楽しませてくれました!

2016年の盛岡GIGのときに「ばーちゃんがゴーゴーヘブンしてしまわないうちに」とジョーク交じりで話していた翔やん。おばあちゃんは開催を目前に逝去されましたが、翔やんのご両親に元メンバーのユッキ、翔やんの同級生も応援に駆け付けたようで、さすが第2の故郷、凱旋公演と呼ぶにふさわしいあたたかい空間でした。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2018.01.23(Tue) 00:14

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード