« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

コンボイの謎

最近見た映画

・トランスフォーマー
非モテ高校生が未来の彼女とのデート資金を稼ぐために冒険家のおじいちゃんの遺品をネットオークションに出品したら変なロボットたちに追いかけまわされる破目になった話。
トランスフォーマーは乗り物がロボットに変身するアニメだということしか覚えてなかったので、こういう話だったんだ!とあらためて。ガンダムみたいな乗り物じゃなくてロボットに意思があるのね。どうりで人間キャラの記憶がないわけだ。
カタールの米軍基地が襲われるところから始まったから硬派な映画かと思ったらまさかこんなに笑える映画だとは。主人公がメガネを取りに家に戻るシーンのドタバタが最高。巨体でゾロゾロ押しかけて「隠れて」と言われても隠れようがないし、おとなしく待ってれば芝生の庭が駐車場だし。
ボーイミーツガールもあるし、主人公の成長物語もあるし、「爆発してりゃいいんでしょ」程度のストーリーしか期待してなかったら嬉しい誤算。
爆発は期待以上。開始数分で早くも爆発してくれる出し惜しみのなさに大満足。ロボットもかっこよくて、とくにリーダー格の見覚えるのあるデザインには鼻息荒くなっちゃったよ!続編も見るぞ!

・ファインディング・ドリー
子どもの頃に両親とはぐれて以来ひとりぼっちで生きてきたものすごく忘れっぽいナンヨウハギが突然思い立って両親を探しに行く話。
こんなに動かしにくいキャラにしっかりアドベンチャーさせてて感服。見事両親と再会できたのは仲間の力添えあってのことだけど最後はほぼ自力。我が子を信じた両親の気持ちはある意味鞭だよね。ドリーのフラッシュバックの映像が「いつもそこにあるもの」だったことを考えると、「道に迷ったら貝殻を辿る」も両親が何百回と言い聞かせたことなんだろうなあ。両親の住処から放射状に貝殻が並ぶ俯瞰の映像は素晴らしかった。
両親側に感情移入しちゃうと泣けて仕方ないんだけど、ゆかいななかまたちがもーーーみんなみんなかわいすぎて最高!とくにベイリー!シロイルカってだけでたまらないのにエコーロケーション中のゥウ~って口!!!ああもうずっとエコーロケーションしててほしい。でも平常時の口元から覗くゴロッとした歯もかわいいんだよなー。ベイリーしかりニモとかデスティニーとかかわいいキャラに目が行きがちだけど、男前なハンクも大好きです!
悪役不在でもしっかりハラハラさせられたし、しんみりしたラストシーンから最後のセリフを引き継いでのエンドロールもとてもよかった。Unforgettableの歌詞にドリーとハンクを重ねちゃうんだけど、考えてみたらハンクそこらへんにいたわ。

・人喰猪、公民館襲撃す!
勤務地の第二希望にどこでもいいと書いたらド田舎に飛ばされた警察官がいろいろあって人喰猪の駆除に駆り出される話。
冒頭の襲われてる人しか映さない手法にサメの出てこないサメ映画レベルも覚悟したけど、出すべきところではきっちり出してきて、そのCGのクオリティもなかなかのもの。ギャグに振り切らない程度にコメディタッチなのも楽しかった。
せっかく知恵を絞ってやっつけたのに、あのままほっといても死んだだろうし、わざわざベタな爆発オチに持ってったのは制作側の強いこだわりを感じる。続編をにおわせる終わり方もいかにもでいいなあ。
見た目三枚目なハンターの彼、虎穴に先陣を切って乗り込むなど行動はしっかり二枚目で散り際もかっこよかったのに、まさかのエピローグ。生きててよかった!彼女、ちょっと変わってるけど悪い人じゃなさそうだよ!お幸せに!

・の・ようなもの
二ツ目の若手落語家が先輩達のカンパでトルコ風呂に行って嬢と仲良くなる話。
これといったストーリーらしきものもなくわちゃわちゃしてるだけのような気もするけどキャラクターがいいのかそれなりに楽しかった。
主演の役者全然知らなくて、市川海老蔵のお父さん?なんて思いながら見てしまった。初々しくて嬢にかわいがられるのもわかる。
その嬢を演じた秋吉久美子がめちゃくちゃかわいい。顔も声も今とあんまり変わってない。
おめかしした女子高生がいっぱい出てくるから当時のファッションが知れるのもいいなあ。聖子ちゃんカット全盛期かな。ファッションよりも時代を感じるのは若いコの喋り方なんだよね。なんでみんなあんなベタベタした喋り方してたんだろ?
寝入りばなの後輩にピロートーク(性的な意味ではない)を強いるうざい先輩なでんでんもかわいかった。

・の・ようなもの のようなもの
脱サラして落語家になった男が一門の存亡をかけて行方不明の兄弟子を探しに行かされる話。
ピエール瀧の出演作を見るシリーズ。
キャラクターの魅力はそのままに前作よりもちゃんとストーリーがあって見やすかった。あきらかに松ケンとは別撮りのカメオ出演も楽しい。
見事におっさんと化した志ん魚に25年の歳月の恐ろしさを感じた。当時のキャストを揃えて25年後の話が作られるなんて作品ファンはたまんないね。羨ましい。前作見てたらクスリとできる場面もたくさんあって立て続けに見てよかった。
松ケン主演だけど真の主役は志ん魚だね。志ん魚のその後が想像してたのとだいぶ違っててなんだか切なくなった。便利屋なんてやってるけど器用に生きられない人なんだろうなあ。「出め金」フルで聞いてみたい。金魚の動きかわいい。
映画 | CM(0) | TB(-) 2017.12.19(Tue) 22:12

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード