« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

尼寺にでもゆけ

最近見た映画

・ハムレット(1990年版)
大好きなお父さんが死んだ直後にお母さんがお父さんの弟と結婚しちゃって母親に幻滅してたところにお父さんの亡霊が現れて「弟に殺された!悔しい!でもお母さんのことは殺さないで天に任せようね」と言われたのでキチガイのふりして復讐する話。
人生初ハムレット。ハムレットの復讐動機は当然も当然だけど、オフィーリアのくだりがよくわからなかった。母親と叔父の件で結婚に幻滅したって恋人に向かってあんなこと言う必要なくない?八つ当たりとしか思えぬ。オフィーリアがブクブクと沈む画楽しみにしてたのに遠景でガッカリ。
新国王がハムレットの企みを知ってからの騙し合いはハラハラした。お母さん死んでしまったのは気の毒に思ったけど「葬式の料理が結婚式に並んだ」と揶揄されるくらい節度の感じられない再婚を引き合いに出されると、罰は受けるべきだしねえ。
シェイクスピアって壮大な独り言を延々を喋ってるシーンが多いから映画にするとすっごい浮くのね。舞台だと全然気にならないんでしょうが。

・シャークアタック
サメの調査中に消息を絶った友人から送られてきたメール(添付ファイルは破損)を頼りに友人の妹とともに友人の消息を追う話。
特効薬開発の研究でサメが狂暴化してしまうというストーリーはテンプレすぎて面白くもなんともないんだけど、堅実なつくりなので良作に思える不思議。飛んできたサメに食われた!みたいなCG頼りの派手なシーンがない分、爆発シーンなどで派手さを補完してくれてるのも好印象。サメの登場シーンに違和感がないことがこんなにありがたいことだったとは!無理をしないって大事ね。本物のサメを使った解体シーンも迫力あってよかった。
案内役の彼好きだなあ。登場時に悪者だと疑ってゴメンね!車のルームミラーにサメのフィギュアぶらさげてるような彼が悪い人なわけないよね!

・風が強く吹いている
箱根駅伝に出たい大学生が「建物はボロいけど月3万で食事付き。入居条件は毎朝5km走ること」を餌に才能ありそうな大学生を集めて出場を目指す話。
「通学距離10kmを徒歩で」とか「先輩が作る食事により知らず知らずに体調管理されていた」とか、志があるわけでもない寄せ集めメンバーで箱根出場に現実味を持たせる設定がすごい。
寄せ集めな時点でアレなのに、風邪ひいただの脚に爆弾抱えてるだのの状況で優勝でもしたらシラけるけど、そういう終わり方じゃないのはよかった。
男ばかりのむさくるしい画面に花を添える美少女の存在の描き方が良くも悪くもどっちつかず。主人公の気持ちをもっと深く掘り下げればヒロインになりえただろうに、あの程度じゃあマドンナだよなと。告白するぞと決意した主人公があっさり玉砕する姿まで目に浮かぶ。

・アルティメット
潜入捜査官がスラム育ちの善良な青年の協力を得てスラム街のボスの手に渡ってしまった核爆弾を起爆する24時間以内に回収しようとがんばる話。
青年も警官もかっこいいけど妹がかっこいい!脱ぎたてパンツを侮辱した相手の口に無理矢理ねじこんで「よく味わいな!」と啖呵切ったのにはシビれたあ~。
冒頭の肉体派アクションの凄さに純粋にアクションを楽しむ映画でしょ?>象を返せ!」くらいの内容しかないんでしょ?なんて思ってたら、予想を裏切る展開の連続でストーリーもしっかり面白かった!まさかボスが途中退場するとはね。金だけの関係の残酷さよ。
ラスボスは行政だったわけですが、暴力に訴えることなく社会的に抹殺するやり方は胸が空いた。行政に見捨てられたスラム街を舞台にして問題もキッチリ解決したこの後味のさわやかさは素晴らしい!

・シーフード
人間に奪われた卵を取り返しに行ったイヌザメを友達のヨゴレザメがタコやらカメやらニワトリやらヤシガニやらの力を借りて探しに行く話。
魚がどうやって陸上で活動するんだよと思ったらまさかの二足歩行ロボット。夢があっていいじゃない!
マレーシアと中国の制作だから風景が見たことない感じで楽しい。大手に比べればテクスチャとか甘いんだろうけど、キャラ造詣がしっかりかわいいから見れる。かわいい担当のイヌザメよりもコロコロしたヨゴレザメのほうがかわいい。
悪の軍団が二組もいて、どうなっちゃうの?!と思ったけど…ウツボとタカアシガニ軍団要らなかったよね?!卵泥棒軍団だけでよかったよね?!
卵泥棒軍団の少年二人は手下という描き方に終始してたけど、悪い大人に虐げられてる背景が見えたから救いが欲しかったなあ。寝床も与えられず壁に寄りかかったまま並んで眠る姿に心が痛むよ。
映画 | CM(0) | TB(-) 2017.12.05(Tue) 23:38

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード