« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

悪魔は善人を狙うから善行は隠せ

最近見た映画

・コーラスライン
ブロードウェイのコーラスラインのオーディション中に振付師の元カノが「私も受けさせて!」と押しかけてくる話。
ずっと見たかった映画のはずなんだけど、思ってたのと違ってた…。
厳しいオーディションの様子が知れたのは良かったし(コーラスラインは目立ちすぎてもダメとかね)、最終審査に残ったメンバーの境遇を歌とダンスで紹介していくのも楽しかったけど、元カノがいろいろとありえなさすぎて、あんまり入り込めなかった。元スターだかなんだか知らないけど、ちゃっかり最終審査から参加させてだなんて図々しくない?オーディションに参加させるのはいいとしても、散々ダメ出しといて「はい合格」も意味がわ分からなかった。ホント、「夫婦喧嘩は家でやれ」だわ。
合格者発表で「えーと…誰だっけ?」って人ばかり呼ばれて「呼ばれた人はお疲れ様でした」にやっぱりね。このテの元祖ってこれなのかな?

・悪魔を憐れむ歌
つい先日執行されたばかりの死刑囚によるものと同じ手口の殺人事件が発生、現場に残されたメッセージはかつて刑事が執行直前の死刑囚に問いかけられた「なぞなぞ」と同じものだった…という話。
サスペンスかと思ったらオカルトだった。オカルト特有のおどろおどろしい雰囲気はないから見易くはある。
刑事らしくいつも平静な主人公がだんだん追いつめられていく様はハラハラしたし、最終対決の山小屋に誰が来るかドキドキしたし、相棒が来たときはやっぱりかーそうなるかーと絶望したし、主人公の自己犠牲の決断にもグッときたのに、猫に乗り移るのはナシでしょー。虫だっていいのかよって話になる。続編期待するような内容でもないし、ただでさえ相討ちエンドなんだからスッキリ終わらせてほしかった。
しかしアザゼルさん(よんでますよ)、人類征服が目的のわりにはやってることが効率悪すぎない?「おまえに乗り移れば20人殺せる」って何十億人いると思ってるんだよ。

・ウォーターワールド
陸地が海に沈み海上で生活するようになった未来、一匹狼がひょんなことから行動を共にすることになってしまった少女が伝説の島のヒントを背中に持っていたせいでギャングに追いかけ回される話。
ヒロインと少女がほんっとに足手まといなんだけど、守って系じゃなくて二人そろって邪魔する系だから性格の悪い主人公のイライラが伝わってきて面白い。少女がまたとんでもなく生意気で、大人たちに大人げなくとっちめられても全然堪えてないから笑って見てられる。
ラスボスが憎み切れない悪者ど真ん中、間抜けにド派手に散るのも最高でーす。
思い返すと主人公ひっくるめて善人が一人も出てこない。みんなそれなりに痛い目に合うんだけど心が痛まない。村がギャングに襲われた場面すらザマミロだわ。余計なストレスかからなくていいかもね。

・ハッピー・ボイス・キラー
喋る猫&犬と暮らしてる青年が気になるあのコをうっかり殺してしまったので自宅でコマ切れにして生首だけ冷蔵庫に入れといたら生首が「仲間が欲しい」などと言い出してどうしよう…という話。
主人公は少年時代のトラウマで精神を患ってるんだけど、よく整頓された部屋に住んでいるかと思いきや、薬を服用したときに初めて映し出された本当の部屋がおぞましすぎた。無数に積み上げられてる箱はなんなのいったい…。薬を飲まないほうが話し相手もいるし、本人にとって幸せってのもこわいなあ。
結局、主人公が救われることもなく、破滅のラストを迎えるわけですが、あの世で再会した面々で楽しく歌い踊るエピローグを見てたらどうでもよくなった。

・カムバック!
少年時代、妹とのペアでサルサ界を席巻し、残すは全国大会優勝!というところで挫折した経験を持つ男が新任部長と出会ったことでサルサへの情熱を取り戻す話。
彼女と出会ってサルサを再開する前にしたって異性と縁遠い生活かも知れないけど気心の知れたというか傷を舐め合う仲間もいるしでそれなりに楽しそうで羨ましいわ。
主人公の恋敵のいやらしさは特筆モノ。主人公をバカにしておきながら手柄を自分のものにしたのにはほんっとに腹立った!ダンス対決では主人公が勝ったとはいえイマイチスッキリしなかったんだけど、結局、「本人に拒否られる」が最強だなと。
主人公とヒロインが決勝のダンスを通じて気持ちを確かめ合っている間に負けちゃってたってラスト好きだなあ。主人公のサルサ趣味にドン引きしてた親友が「アイツ俺の親友」と隣の人に自慢してたの、こっちまで嬉しくなった。
映画 | CM(0) | TB(-) 2017.11.28(Tue) 22:45

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード