« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

月光浴

最近見た映画

・SING
潰れそうな劇場の支配人が大ヒットを狙って賞金付きのど自慢大会を開いたところ応募者殺到で喜んだのもつかの間、賞金額を1,000ドル→100,000ドルと間違えていたことが発覚してさあたいへんな話。
予想外に重かった。登場人物みんな不遇すぎ。親に仕事を手伝わされてるギャングの息子よりも、挑戦をおそれて現状から抜け出そうとしない少女、モラハラ彼氏持ちのバンド少女、夫が過労の子だくさん主婦、そんな人(人じゃないけど)の方がリアルに想像できて滅入る。
息子の夢を叶えるべく必死に働いて建ててくれた劇場が文字通り崩壊しちゃったのも、その後明らかになった父親の仕事の実態を見ると余計にショック。そんな劇場も大富豪のサインひとつで元通りなんでのも辛い現実。
リニューアルオープンの場にネズミがいなかったのを見て彼のその後を案じてしまう。
おまけのミニアニメ3本はどれも楽しかった!とくに豚夫婦の後日談、本編では夫婦揃ってまじめ過ぎるがゆえの余裕のなさにハラハラしたから、ベビーシッター雇ってディナーに行く姿にホッとした。
吹き替え版も見ました。
ウッチャンも長澤まさみも話題の芸人枠の斎藤さんも上手~。「挑戦」感が全然ない。
MISIAも素晴らしかった。考えてみたら「ソウルフルな歌声に蚊の鳴くような喋り声」ってMISIAそのまんまなんだよね。キャスティングした人よく思いついた!
スキマスイッチはスキマスイッチすぎるけどこれはこれで。

・ブレイド
母親が臨月に吸血された結果特別な力を持った生まれた男が吸血鬼ハンターとなり吸血鬼の野望を阻止する話。
黒人の黒髪黒コスってめちゃくちゃかっこいいな。
結構グロくてビビッた。派手な顔面爆発より、肉塊と化した男をジリジリ焦がしていく拷問が強烈過ぎ。これを顔色一つ変えずにやるヒロインって…。
同じ吸血鬼でも「どのくらい吸血鬼の血が入っているか」で能力に差が出て、濃ければいいってモンでもないのが面白い。日焼け止めクリームって吸血鬼にも効くのね。
ラスボスは血清打たれて人間に戻ったら惨めで面白いのになーと思ったのですが。普通に爆発してしまわれた。
劇中に出てくるBang Wa Cherryなるガールズユニットのyoutubeのコメント欄が「chinchin burabura sausage」の解説で盛り上がってて笑った。

・ブラッディ・ナイト 復讐に彩られた女殺人鬼
両親を交通事故で亡くしたショックでおしになった内気な女性が強盗への反撃を皮切りに強盗が残した拳銃で殺人を重ねる話。
ゴアっぽいシーンになるとネガポジ反転してくれる親切設計で耐性無い人も安心!
暴漢に襲われて家に帰ったら強盗と出くわしたなんて運悪すぎ!ただ歩いてるだけで(変な)男が寄ってくるなんて美人も大変だなーとかそういうレベルの話じゃない。
暴漢・ナンパ男・親切な男・好きな男…彼女が人を殺す基準がよくわからない。はじめのうちは身の危険を感じたから撃ったとも思えたけど、親切な男まで撃とうとしたあたり、広義での好意を向けられると殺意が湧くのかな?

・ペリカン文書
法科大学院生が最高裁判事暗殺事件の仮説をまとめた文書を教授に見せたらまわりまわって大統領の知るところとなり命を狙われるようになる話。
殺し屋のプロの仕事ぶりがこわすぎるーーー!クローゼット(?)の扉がかすかに動く場面なんかホラー映画ばりにゾワゾワした。情報収集のためのなりすましはバレるんじゃないかとハラハラするし、心臓に悪い。
淡々と語られる文書の内容が実際にありえそうなレベルの話なのもかえってこわい。本人にしてみりゃ「まさかね」で終わらせていたものをそれのせいで命を狙われるようになるなんて思わなかったでしょう。「要人が自分の立場を守るために邪魔者を消す」というのも一般市民にしてみりゃそれこそ映画の世界の話だし。映画だけど。
エピローグの「ダービーは本当はいないんじゃないか?」って話、そう言われるとそうなのかな?と思えてくる。

・アジョシ
ヤク中女が取引中のブツを盗んだら娘もろともさらわれたので隣に住んでる質屋のおじさんが助けに行く話。
主人公の設定が「ぼくがかんがえたさいきょうのヒーロー」すぎて最高。このくらい突き抜けてくれた方が気持ちいい。
敵もまたとんでもねークズ揃い。子供たちが使い倒されるのは本当に苦しいんだけど、敵がクズであればあるほど残酷な制裁に胸が空く。
主人公と少女の関係が「隣のおじさん」と「隣の少女」以外の何物でもないからこそ、最後の「一度だけ抱きしめてくれないか」が胸に迫る。
ところで、目玉が少女のものじゃなかったってくだり、なんでヤクザ兄はそんな挑発するようなことをしたんだろう?と思ったら、少女に絆創膏貼ってもらった手下が少女を逃がすためにヤクザ兄に嘘をついてたのか!(wiki読んだ)
映画 | CM(0) | TB(-) 2017.11.21(Tue) 23:00

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード