« 2020 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

昇華

実は私、みっちゃん退団後の全国ツアー行ったんです。でもどうしても感想が書けなくて。思うことは山のようにあるのに、外に向けた言葉に変換できなくて。

パジャマゲーム東京公演中に行われた主演コンビのトークショーで新納さんがみっちゃんに送ったというメッセージをtwitterで見ました。
書かれていたことは一言一句そのままではないでしょうが、私がみっちゃんのコンサートを見て感じたモヤッとしたものの正体がわかったんです。
新納さんの発言の一部を自分なりに要約すると「本物の男がいる外の世界に男役の需要はない」ということ。

第1部でのトーキー映画のようなストーリー仕立ての場面、そこで覚えた違和感の正体は「男性に混じって男性を演じている女性」の存在。
でもそのときは違和感の正体がわからなくて、ずーっと抱えてたモヤモヤが、数か月の時を経て、新納さんの発言でスコーンと腑に落ちました。
もし、女性が男性を演じていても、その場に男性がいなかったら違和感は覚えなかったと思うんです。
「男役」という特殊な存在がいる世界に浸れるのは、そこに男性がいないから。
「男性」と「男役」が混在する世界がこんなにも違和感を覚えるものだったとは。
私、みっちゃんは退団したらもうパアァァァっと外の世界にはばたいていくと思っていたものですから、「女でも男でもない…」といった旨の発言を知って、んん?そういう感じなの?と。で、コンサートを見たら実際にそんな感じで。
とはいえ、あの全国ツアーは「18年間の集大成をお届けする」といった主旨のものであったと、一応自分の中では無理矢理にでも納得してたんです。
そして今回、そのものズバリな答えを突き付けられて、ようやく消化できました。

私が退団後のみっちゃんに初めてときめいたのが新納さんとのツーショット写真(コレ)なんですよね。現役時代と変わらないようなカッコイイみっちゃんじゃなくて。
そしてパジャマゲームのベイブを演じるみっちゃんにツーショットどころじゃない多大なるときめきを感じて、やっぱり私が見たかったのはこれだったんだ、私は外の世界での男役は求めてないんだと、自分の正直な気持ちがわかりました。
みっちゃんに「男役への固執」があったのかはわからない。もしそれが今後の活躍を縛る枷として実際にあったのなら、おそらく外してくれたであろう新納さんには感謝しかありません。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2017.11.15(Wed) 22:38

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード