« 2017 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

びょうびょうびょう

レキシ。

世界遺産劇場@平泉、雨の中行ってまいりました!2年振り2回目のレキシです!
到着した15時頃にはまだ降ってなかったんですけどね、毛越寺参拝中にパラつきはじめ、開場の頃には本降りに。
そんな雨をものともせず、チケット完売の会場は満員!台風接近で開催自体が危ぶまれたもんなあー。客以上に主催側が気が気じゃ無かったろうに、コンビニカッパにシューズカバーまで用意していただいて…親切心がグッと来ます。

前回の三内丸山遺跡は大袈裟じゃなくなんにも見えなかったけど、今回は表情がわかるくらいの距離で、地形に邪魔されることもなく、まあ、視線上に背の高い人がいたからそういう意味ではよく見えた!とは言えないけど、ステージ衣装があんなに立派な袴だということも、わりとキメキメで動くということも、キーボード弾くときはヘドバンするということも、池ちゃんってライブだとこんな感じなんだあ~と、初めて見たかのごとく新鮮でした。
新鮮といえば池ちゃんの生ラップですよ。池ちゃんもラップするんだ!と今更。だって三内丸山遺跡では足軽先生と旗本ひろしがゲストだったからさあー。(自虐風自慢)年貢のラップが途中から歌舞伎じゃないな、狂言調になったのめちゃくちゃ笑った。CDではゲストが歌ってるパートを池ちゃんが歌うのもライブならでは。最後の将軍の池ちゃん歌唱が最高に良かった!松たか子の穏やかなボーカルもいいけど、池ちゃんの熱っぽいボーカルがすっごくセクシー!ゾクゾクした。

天候関係なく、元々の公演時間が1時間45分のコンパクトサイズだったので駆け足感はあったけど、ツアーで培ったという経験(個別にやるより尺を取るメドレーなど)が功を奏したのか、濃度は変わらず。途中から別の曲になるのの新ネタ(?)も見れたし。レキシを超えてゆけー。星野は超えられないっ。
レキシのライブにはバンドへの無茶振りという楽しみがあって、これ、誰が一番楽しんでるかって池ちゃん本人だよね。翌日に同会場でコンサートを行う石川さゆりの「天城越え」を例によっていきなり歌い始めたんだけど、「あまぎぃ~♪カーッ!ってあるの?」カーッ!「あるんだ!」と大喜び。
涙のリクエストではサビに合わせて頭上で手をクルクル回す客席を見て「同世代が多い!最初からやろう!スローで入るところから!俺フミヤでみんな高杢さん!(サックスの彼に)尚之いるからここだけF-BLOOD!」ホントに池ちゃんが一番楽しそうだよ!間奏のサックスソロで尚之がセンターに出てきたのにはうっかり感動してしまった。
会場周辺に民家がある立地ならではのご近所いじりも面白かった。オーディエンスだけならず「近隣のみなさーん!」と呼びかけたり、「だんだん大きくなる年貢コール」を振っておいて「こわいからやめて!一揆だと思われる!」野外ライブなんてただでさえ近所迷惑なのに、聞こえてくるのが劇団四季だのケビン・コスナーだの、意味わかんないよね。
書き出したらキリがないほどいろいろ面白かったけど、「雨降ってるから終わったら引っ込まずにこのままアンコールに突入します」の宣言通り、曲が終わって所在なさげに立ち尽くすメンバーに向けて拍手から手拍子になりアンコールの声がまとまるよりも早く「アンコールありがとう!」これが一番面白かった。

アンコールで何やろう?みたいな流れになったときに、平泉にちなんだ曲が「LOVE弁慶」しかなくて、これは本編でやったから「じゃあ新曲を…」に歓声が上がると「新曲なんてそんな簡単に出来ません。レキシの曲作るのすごい大変なんだから」この池ちゃんの言葉にはハッとした。レキシは「日常感じたこと」をそのままストレートに表現すりゃいいってなモンじゃない、こういう場所でやるからって「この日のために曲を作ってきました」なんてことにはなんないよね。「LOVE弁慶」があってよかった平泉!この曲大好き!

池ちゃんいわく「昨日の歌舞伎も明日の演歌も雨の中でやらせるわけにはいかないから雨は俺が引き受けた」雨の野外って演者客ともにテンションおかしくなって異様な盛り上がりを見せるものと思っていたのですが(フェスなんかわりとそんな傾向にあるし)、客層もあってか、少なくとも客席はテンション下がってたなと。「あと2曲」のお決まりの「えー?!」に対する池ちゃんの「半分くらいはやく帰りたいって思ってるだろ!」が図星な空気だった。池ちゃんも三内丸山遺跡のはしゃぎっぷりからすると、あれ、こんな感じなんだ?って。そりゃ、濡れ鼠なお客さん目の前にしたら気の毒にもなるか。か、それか、単に遺跡好きでガチで遺跡ライブにはしゃいでたか。寺院跡じゃアガりませんかねえ?

「アフロは雨を吸いやすい」と、演者にとっても客にとっても雨の中大変なコンサートとなりましたが、雨対策完璧で臨んだ私には楽しい思い出にしかなりませんでした。あー楽しかった!
今回は雨だったし、三内丸山遺跡では雨こそ降らなかったものの曇天模様だったし、きっといつかは星空の下できらきら武士!
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2017.09.21(Thu) 23:35

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード