« 2017 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

お前の土下座にどれほどの価値が?

最近見た映画

・キャビン
大学生男女5人が休暇を利用して湖畔を臨む別荘を訪れたのは、とある組織の計画により仕向けられたものだった!という話。
へえ~ホラー映画ってこういうふうに作られてるんだ~。「お客様の要望」の客って誰?あ、私か。「日本は失敗ゼロ」だなんて自尊心くすぐられるわあ。
古今東西の魑魅魍魎が解き放たれる場面なんかもう一時停止コマ送りで何度でも見るでしょ!もどきオールスターでヘルレイザーがやたらクローズアップされてたのはなぜ?
組織の仕事を疑問視していた青年があっさり殺られちゃったのにはアレー?と思ったけど、全滅したからまあいっか。
今後、広義のホラー映画を見るときにキャビン基準で成功か失敗か判定する楽しみができた。こんな映画、大好きに決まってる!

・ヘンゼル&グレーテル
ご存知ヘンゼルとグレーテルがその後、魔女ハンターになった話。
ヘンゼルもグレーテルもちゃんと強そう!とくにグレーテルがかっこよすぎてたまに吉田沙保里選手に見えた。(似てるよね?)無双じゃないのもかえって燃える!
お兄ちゃん、自分は美女とよろしくやってるのに妹が男の名前を口に出した途端「エドワード…って誰だ?!」となるの笑った。
ラスボスがお母さんでトロールがお父さんね、と思いながら見てたら全然違った。両親が子どもたちを森に「捨てた」のではなく「隠した」のは新しい解釈。だから冒頭で夫婦のやり取りを細かく描かなかったのね。
一緒に戦った白い魔女が死んだのは悲しかったけど、勧善懲悪のストーリーに肉弾戦もガンアクション(ガトリングガン!)もバッチリで気持ちの良い映画でございました。続編をよこせ!グレ×エドをもっと見せろ!(…やっぱりエドワードも呪いが解けると王子様になるのかしら?)

・スペル
老婆への融資を断った銀行員が恨まれて呪いをかけられる話。
主人公がだんだんかわいく見えなくなっていくのはどういう仕組みだ。
オカルトなんだけど、車内でのアグレッシヴババアとのバトルが一番こわかった。そして生前の老婆が一番気持ち悪かった…。
老婆は気の毒だし、昇進のために嘘をついた主人公も悪かったけど、老婆がそうなったのはプライドを捨てきれなかった結果だから、逆恨みもいいトコロで主人公かわいそう。もっとかわいそうなのは目の前で彼女があんなことになっちゃったいい人すぎる彼氏。もうあそこまで苦労したんだから主人公勝利エンドでよかったのに!

・リミット
イラクで仕事中に襲撃・拉致されて棺桶ごと埋められたトラックの運転手が携帯電話でなんとかしようとする話。
あーもーーー見なきゃよかった。話の通じない電話先の相手、口先ばかりのお役人、会社の対応の酷さに怒り心頭なところに追い打ちをかけるあのオチ。最悪以外の言葉が出てこない。唐突な「I'm sorry」に「?」と思ったけど、「残念だよ」じゃなくて「申し訳ない」だったのか。
家族のために必死で働いていた普通の男がなんでこんな目に遭わなきゃいけないの…神も仏もないよ!
しかしアメリカ…「担当」がいるってことは、このテの事件は珍しくないってことなんだよね。その現実が恐ろしい。

・タワーリング・インフェルノ
できたてホヤホヤ超高層ビルが火事になる話。
経費削減という名目の手抜き工事で大惨事。数億円浮かせたところで火事になってしまえば数億円どころじゃない大損害、それよりなにより人の命だってどうなるかわかったもんじゃない。
身勝手な人が死ぬのは当然として、協力的な人は全員助かるなんてことはなく、想定通り助かる人もいれば助からない人もいる、という結果が悲しい。社長が助かってしまうのもね、そういう現実もあるだろうね。ただ、おばあちゃんを死なせたのだけはどーーーーしても納得できない。むしろおじいちゃんの方に死亡フラグ立ってたのに。もうおばあちゃんのパートは終わったと思ってたから、完全に油断してた。それから火事に気付かなかったカップル、死に方が悲惨すぎて、本筋に関係ないし、あのエピソード入れてくれなくてよかったのに。
このテの映画だと人間同士の争いに走りそうなものをそういうのが無い分、純粋に火災の恐怖を味わえた。
映画 | CM(0) | TB(-) 2017.09.20(Wed) 23:51

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード